山域別(北東北)

2017年8月 6日 (日)

早池峰山~ハヤチネウスユキソウ~

*登山日*   2017年7月17日(月)海の日 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 早池峰山

*登山口*  小田越(おだごえ)登山口(岩手県花巻市)

海の日の連休に“早池峰山”登山を計画して早3年、毎回天気が悪く中止してましたが、今年はやっと行くことができました。当初16日(日)に登り、盛岡市内に宿泊して翌日ゆっくり帰る予定でした。16日の早朝に岳駐車場(マイカー規制の為ここからバス)に到着すると、雨が降っています・・・翌日の方が、天気が回復する可能性が有りそうだと判断し、17日に賭けてみました。

17日の海の日、盛岡駅前のビジネスホテルで朝食バイキングを食べてから、車で約1時間の岳駐車場へ向かう道中、青空も見えたのですが、駐車場に到着すると曇り空です。シャトルバスに乗り換えて“小田越登山口”に到着すると、雨・・・え?今日も雨か・・・と思いましたが、まぁ仕方ない、ゆっくり安全に登る事にして、身支度を整えます。こちらには無料の仮設トイレがあります。登山口には指導員の方がいてマナーガイドを渡してくれたり、『登山名簿に記載してくださいね』と声を掛けてくれたりします。我々は持参した登山届があったのでそちらを提出しました。

Dscn2083Dscn20821

雨は小降りなので、ザックカバーと上着のみレインウエアを着て、8:40出発しました。最初は木道が続きます。上手くカットされてる木道で滑りずらくできてます。尾瀬の木道もこれにすればいいのに・・・などと話しながら進みます。

   Imgp0116_2

歩きだして20分位で雨が上がったようなので、レインウエアを脱ぎました。そして9:14に1合目を通過、この後、各合目の標識に気付かない場所もありましたが、山頂の10合目まで目安になりました。

    1合目Imgp0125

樹林帯を抜けると岩がゴロゴロした道になり、風が強くなってきました。

   Dscn20881

これが“ハネウスユキソウ”かな~とパシャリ・・・後々違うと分かります。(↓こちらはミネウスユキソウ)

Imgp02041Dscn20891

風が強いのですが、そのおかげで雲が流れて、青空と遠くの景色が見えてきました。

Imgp0136

バタバタと風がザックカバーを揺らして、濡れいたザックカバーもすっかり乾きました。

   Dscn20921

高度を上げていくと、先程のとは違う感じの花が・・・ありました、ありました、“ハヤチネウスユキソウ”まさに薄っすら雪を被ったような感じです。早池峰山の固有種“ハヤチネウスユキソウ”は、山頂までの登山道脇で見る事ができました。ただ風が強く、なかなか撮影するのが難しかったです。

ハヤチネウスユキソウImgp01831_4

さらに風に耐えながら岩場の砂礫地を登っていくと、ハシゴが現れます。傾斜は緩く高度感は無いと聞いていましたが、私は少し(特に下りが・・・)怖かったです。(もちろん夫は、全然怖くないよと、感想は個人差がありますので、参考までに・・・)

   Imgp01841

ハシゴを通過すれば、程なくして剣ヶ峰との分岐の“九合目”に出ます。そこからは木道のなだらかな道になり、風も弱くなり、ここではお花も撮影しやすく、歩いていても楽しい場所でした。

    Imgp0179

避難小屋が見えてくれば、もう一登りで山頂です。

    Dscn21032

11:07、早池峰山山頂に到着。

      山頂Imgp0167

山頂には登山者が結構いましたが、広々していて休憩するには困らない感じでした。山頂にもハヤチネウスユキソウは可愛らしく沢山咲いていました。

    Imgp01681_2

避難小屋で休憩しました。前日に買った、盛岡の『福田パン』と牛乳でエネルギー補給、有名な福田パンですが、前日は調理パンを食べて、翌日まで賞味期限がある甘いパンを山頂で食べました。どちらも美味しかったです。

Imgp0161Imgp0173

避難小屋には、登頂記念のスタンプが置いてあり、しっかり押してきました。

     Imgp01721

11:30下山開始です。↓ここが、剣ヶ峰との分岐の九合目です、右手の小田越方面へ降りていきます。

  Imgp01801

道中ハヤチネウスユキソウだけではありません、色々な植物が目を楽しませてくれました。

Dscn20981Imgp01991Imgp02011Imgp01531

登りの時より、強い風は収まってきましたが、そこそこの風は吹いていました。

   Dscn2114

視界が効くようになり、真正面の薬師岳が見えてきました。真ん中の白くポチっと見えるのが、小田越山荘の屋根で、あそこが小田越登山口です。

  Imgp01941

そして右奥が駐車場方面で↓そちらも見えてきました。

  Dscn2115

ゴールまであと少し、行とは違う木漏れ陽の中、気持ち良く歩きました。

Imgp0211Imgp0214

13:32登山終了。13:42発のシャトルバスで岳駐車場に戻りました。岳駐車場から少し戻った場所にある『峰南荘』さんで、手ぬぐい・バッジを購入しました。

    Imgp0221

帰り道、大迫町の『ぶどうの湯』で日帰り入浴を利用しました。温泉では無いそうですが、500円とお安く、とても良いお風呂でした。そして、お風呂上りに傍にある『ミルク工房ボンディア』でソフトクリームを食べてから、埼玉まで帰りました。

Imgp0219_3Imgp0220

今回、やっと登れた“早池峰山”、やっと見れた“ハヤチネウスユキソウ”に大満足の海の日登山になりました。

《山バッジ》 峰南荘にて購入

Dscn21201Dscn21211

《行程》

8:00岳駐車場(バス乗車)-8:25小田越(バス停到着)-8:40小田越登山口(登山開始)-11:07~11:30山頂(休憩)-13:32小田越(登山終了)-13:42バス発-

《GPSデータ》 *山頂付近で一部記録ロス有り(距離・時間は参考値)

【移動距離】 5.471km

【所要時間】 4時間38分

【累積標高差】 +855m  -865m

20170717

《ルート》

20170717_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2014年8月30日 (土)

岩手遠征(岩手山・八幡平登山と盛岡観光)~NO.3~

*登山日* 2014年8月11日(月)~8月12日(火)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 岩手山・八幡平

岩手遠征(岩手山・八幡平登山と盛岡観光)~NO.2~からつづき。

8/12岩手山を下山後、12:24に駐車場を出発し、八幡平へ向かいました。時間短縮の為、カーナビの指示どおり高速へ、滝沢ICから東北自動車道に乗りましたが、あまりの空腹に耐えられず、岩手山SAでテイクアウトできるものを物色・・・“杜仲茶ポークフランク”と“たこ唐揚げ”を注文。今までに食べたどのフランクフルトよりも美味しく感動の味で、それは登山後の空腹が最高の味を引き出しているのですが、とにかく美味しくて忘れられない味になりました。

松尾八幡平ICで降りて、八幡平アスピーテラインで見返峠へ、13:40に『八幡平展望駐車場』に到着しました。駐車場からは今朝山頂に立った“岩手山”↓の姿が、見る場所が変わると違う山のように山容が変わります。

R0010207

この駐車場から道路を渡り、県境を超えて秋田県に入るとすぐに登山口があります。八幡平山頂までは約20分という、美ヶ原に匹敵する楽々百名山です。

      P81203871

しかも、整備された石畳の道です、観光客からザックを背負った人まで色々でした。

         P8120402

   鏡沼P8120399

鏡沼経由の最短ルートで向かうと、あっという間に八幡平山頂に到着します。特に展望が良い場所ではないので、八幡沼の見えるコースで戻ることにしました。

   八幡平山頂P8120406

P81203901P81204041P81204161P8120409

右手に“ガマ沼”見えてくると、左手に“八幡沼”です。雲が多くてイマイチですが、青空ならきっと素晴らしい景色で、気持ちの良い場所だと思いました。

   八幡沼P8120414

1時間かからずに、スタート地点に戻ってきました。“八幡平パークサービスセンター”で山バッジやTシャツ、手袋などを購入し、山頂レストハウスでカレーを食べてから、盛岡へ戻りました。

P8120419P8120420P8120421P8120423

翌日の8/13(水)は、埼玉まで帰る日ですが、一ヵ所観光してから帰る事にしました。2日前の避難小屋で、岩手山が綺麗に見える場所は?と管理人さんに聞いてみると、小岩井農場からの“一本桜と岩手山”と教えてもらっていたので、時期ではないですが、一本桜を見に行ってみました。しかし、岩手山は分厚い雲の中で、楽しみにしていた景色は見れませんでした。後で絵葉書を購入しました、本当はこんな感じで岩手山が見えるはずだったのに・・・また来いという事かな。

 一本桜Img_0365

     R0010229

R0010211

そして9時開園の小岩井農場へ。広々とした園内を散策したり“小岩井農場資料館”を見学したり・・・人気があるというガイド付きの『トラクターバスで行く自然満喫ツアー』にも参加してみました。非公開の森林エリアを40分で巡るというもので、100年杉を見たり、清流を散策したりと、たっぷり楽しめました、参加して良かったです。

     小岩井農場Img_0369

 トラクターP8130436

    杉並木Img_0384

で、農場ではお決まりの、牛乳とソフトクリーム、大変美味しくいただきました。

P8130430P81304401

帰りの高速は、栃木辺りから断続的に渋滞がありましたが、500キロ越えの長距離ドライブも、運転を交代しながら無事に埼玉まで帰りました。今回の夏休みの岩手遠征、台風でどうなるかと思いましたが、なんとか行けたのと、天候は全体的に良く無かったけれど、それはそれで思い出に残る旅になりました。またいつか、東北の山にチャレンジしたいです。

《今回の旅のお土産で気に入った物》

その1、『岩手山の手ぬぐい』八合目避難小屋で購入、日付も入れてくれました、額に入れて飾ってます。

R00102341

その2、盛岡の本屋さんで見つけた『てくり』という雑誌、盛岡の「ふだん」を綴った本で、色んな題材の本が並んでいましたが、購入したのは『山』の事を綴った17号、表紙も中身もとても良い、岩手山の話もたっぷりと・・・何より表紙の「山は、待ってくれる」という言葉がいいです。

   てくりR0010228

その3、南部鉄瓶の急須、同じお茶葉でも味がまろやかになるようで、美味しくお茶を飲めています。

   南部鉄瓶P8140449

《山バッジ》

R0010224R0010225R0010226R0010223

《行程》

8/12(火)

12:24馬返し駐車場-12:53~13:03岩手山SA(軽食)-13:40八幡平駐車場-13:45~14:37八幡平山頂往復-14:45~15:06八幡平山頂レストハウス-17:15ルートイン盛岡駅前

8/13(水)

8:06ルートイン盛岡駅前-8:50一本桜-8:57~11:10小岩井農場-11:35盛岡IC-19:24岩槻IC-20:28所沢着

《GPSデータ・8/12八幡平》

【移動距離】 2.543km

【所要時間】 52分(休憩含)

201408121_2

【ルート】

201408121_3

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2014年8月26日 (火)

岩手遠征(岩手山・八幡平登山と盛岡観光)~NO.2~

*登山日* 2014年8月11日(月)~8月12日(火)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 岩手山・八幡平

岩手遠征(岩手山・八幡平登山と盛岡観光)~NO.1~からつづき。

一晩中、強風が小屋にたたきつけて、何度か目を覚ましました。8/12(火)日の出時刻4:35近くになっても、風の音は収まっていないので、今日は岩手山への登頂は難しいかな~と思いつつ、起床しました。トイレへいく時に一瞬外を通るのですが、そこで見た周りの景色は一面真っ白で、さらに絶望・・・。小屋の中で、朝食の準備をしていると、管理人さんから『ご来光出てるよ~』の声が!慌てて外に出て、雲の切れ間からの太陽の光を目にして、諦めていただけに『うれしい~来て良かった~』と大感激でした。

P8120262

避難小屋の奥にある↓『岩手山』もやっと全貌を現してくれました。

R0010192

相変わらず風は強いけど、山頂へのアタックは出来そうなので、ひとまず朝食を摂りました。

        朝食P81202732

身支度をして6:49山頂へ向け出発しますが、小屋で一緒になった単独の男性と、ここでお会いしたのも何かのご縁という事で、一緒に3人で山頂に向かいました。緩やな登山道を、ほぼ平行移動で進むと、左奥に“不動平避難小屋”が見えてきて、不動平十字分岐に着きます。

R0010198

7:07不動平

P81202841_3P81202831

不動平からは右手に進み、岩手山の山頂がある薬師岳火口丘へ向かいます。振り返れば広がった雲海から顔を出している↓“早池峰山”の姿が・・・次回はぜひ行ってみたいと思っている早池峰山が望めて嬉しい限りです。

P8120286

お鉢の火口縁に立つと、吹いている風はさらに強風になり、立っているのがやっとという状態です。左周りが山頂が近いので向かおうと歩き始めますが、山頂まであと少しのこの場所で、引き返した方がいいのかな・・・と思うような強風・・・で、私の強張った顔を見て主人が『引き返す?』と、『いや、行こう』と私、やっぱりここまできたら山頂を踏みたい気持ちが強かったです。

  右奥が山頂P8120290

ゆっくりゆっくり、低い体勢で進み、7:48岩手山山頂に無事登頂しました。ここでも立っていられないような強風で、山頂にいた全員(私達3人と、やはり小屋で一緒だった若者2人と計5人)が座り込み、飛ばされないように体勢を保ちました。

P8120293P81202971_2

なんとか交代で記念撮影を済ませて、下山開始です。風さえなければお鉢を一周したかったのですが、最短距離で戻った方が良いと判断し、また強風のなかお鉢の縁を歩き戻りました。お鉢の中心に座る『妙高岳』を左に見ながら、右側には御苗代湖が綺麗に見えていました。

  妙高岳P8120289

P8120316P8120307P81203191

八合目避難小屋まで戻り、管理人さんに、無事に登頂できた報告と、お世話になったお礼をして、山頂までご一緒した方とはここで別れて、下山を開始しました。

  七合目R0010202_2

七合目から、旧道と新道に分かれます。昨日の予定では新道で降りるつもりでしたが、『雨の後は、新道は登山道が掘られてしまうので旧道で降りたほうがいいかも・・・』と管理人さんに教えていただいたので、下山も旧道で降りました。高度を下げていくと、風は徐々に弱まってきました。眼下の山麓の景色や、遠くの早池峰山もずっと見えていたので、足を止めて昨日見えなかった分、景色を楽しみました。

R0010206P8120356P81203361P8120365P81203621

12:04登山口に到着。ここで、私は我慢していたトイレへ直行、『顔を洗いたい~』と言って主人は“鬼又清水”に直行し、冷たい水に頭を突っ込んでいました・・・気持ちよかったそうです。私も後で飲みましたが、冷たくて美味しかったです。12:14に駐車場に到着したので、お昼までに下山できたら行こうと予定していた、『八幡平』へ向かうことにしました。

岩手遠征(岩手山・八幡平登山と盛岡観光)~NO.3~へつづく。

《行程・8/12》

5:31 起床

5:51 朝食

6:49 八合目避難小屋 出発

7:07 不動平

7:48~7:55 岩手山山頂

8:35~8:46 八合目避難小屋

8:57 七合目・鉾立

10:54 二.五合目

11:17 一合目

12:04 登山口

12:14 駐車場

《GPSデータ・8/12岩手山》

【移動距離】 7.648km

【所要時間】 5時26分(休憩含)

201408121

【ルート】

201408121_4

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2014年8月24日 (日)

岩手遠征(岩手山・八幡平登山と盛岡観光)~NO.1~

*登山日* 2014年8月11日(月)~8月12日(火)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 岩手山・八幡平

今年の夏休みは、岩手遠征(岩手山・八幡平登山と盛岡観光)を計画しました。台風11号の影響で、直前まで迷いに迷い8/7の時点では、東北を諦めて、南アルプス・仙丈ケ岳の小屋泊に変更しようと、8/12に1泊の予定で山小屋に予約を入れました。しかし8/9の時点で、台風一過で8/11から数日間晴れマークに変わったので、慌てて盛岡のビジネスホテルを予約し、南アルプスの山小屋にキャンセルの連絡をしました。

今回の予定

8/10(日) 盛岡観光(盛岡ビジネスホテル宿泊)

8/11(月) 岩手山登山(八合目避難小屋泊)

8/12(火) 岩手山山頂登山・八幡平散策・(盛岡ビジネスホテル宿泊)

8/13(水) 小岩井農場観光

初日はミニ盛岡観光の予定だったので、登山よりも起きるのは遅く楽でした、8/10の5時過ぎに埼玉の自宅を出発し、高速は渋滞すること無く、盛岡に着いたのは13時過ぎです。

お目当ての“盛岡じゃじゃ麺”で有名な『白龍(ぱいろん)』へ、雨の降る中お店を探すと、行列ができているのですぐに発見できました。約1時間並んでやっとお店に入り、じゃじゃ麺(大)と(小)を注文、事前のリサーチでは、じゃじゃ麺は何度か食べるとくせになる味・・・と聞いていましたが、我々の口にとても合い、一度目でその美味しさに魅了されました。食べ終わった後のお皿に卵を割ってとき、店員さんにお皿を渡して、スープとお味噌を入れてもらう『ちーたんたん』(50円)も美味しかったです。

P8100152P8100156_2P8100153P81001541

じゃじゃ麺を堪能した後は、車を停めた駐車場の傍にある『もりおか歴史文化館』に寄ってから、今夜の宿『ホテルルートイン盛岡駅前』へ。

P8100161P8100158P8100167P8100168

翌日の岩手山登山に備えて、ホテルでのんびり過ごし、天気予報をチェックすると、前日の週間天気予報で並んでいたはずの晴れマークが消えてきて、刻々と悪いほうに変わっていきました。ちょっとテンションが落ち気味ですが、早めに就寝しました。

8/11(月)朝起きてみると、ホテルの窓からは残念な空模様です・・・まぁ仕方ないか・・・12日には天候が回復することを願って、今日は雨の中の登山を頑張ろうと、まずはホテルの朝食でエネルギーチャージしました。 

P8110176_3P8110177

9:03ホテルを出発して、途中のコンビニで行動食を買い込み、馬返しキャンプ場がある登山口の駐車場に向かいます。駐車場は100台以上停められるそうですが、夏休み時期だというのに、この日はたった5台・・・小雨の降る中、レインウエアを着込み、10:30に登山口から歩き始めました。(書いてきた登山届けを入れ忘れて、入山してしまいました)

   登山口P8110180

山頂までの標高差は1,408mで、この日は避難小屋までの1,130mです。歩くのが遅い私(妻)のペースに運動不足も手伝ってか1合目、2.5合目までに時間がかかり、8合目までどんだけ時間がかかるのか怖くなりましたが、1歩1歩進むしかありません。

11:35 一合目P8110203

濡れた階段や登山道を慎重に歩きます。もうこの時期はお花は少ないですが、ヤマジノホトトギスやミネウスユキソウが咲いていました。

        P8110199

ヤマジノホトトギスP81101821

ミネウスユキソウP8110242

12:09 二.五合目

この馬返しコース(柳沢コースとも呼ばれる)は、2.5合目で新道と旧道に分かれます。どちらで行こうか迷いましたが、たしか新道が展望良いかと思ったので(結局旧道も展望の良い場所が結構あった)翌日新道で下る事にして、旧道を選択しました。

      P8110212

何度か砂礫の開けた場所に出ます、ここで雲が切れ青空が出てきて、登山口まで見渡せました。『うわ~ここまで登ったんだ~』とうれしく思ったのも、ほんの一瞬・・・後は延々とガスの中、小雨が降ったりやんだり、強風が吹いたりの散々な中、修行のように登っていきました。『本当は引き返した方がいいのかな・・・』と心の中で思っていましたが、後で主人に聞くと同じように思っていたそうです。ほとんど無言で登り続けた2人でした・・・。

P8110229P8110237

各合目には、旧道と新道とをつなぐ連絡路が付けられていましたが、ずっと旧道で登りました。6合目、真っ白な霧の中に大きな岩が突然現れ、全貌は良くわかりませんでした(後で確認すると『御蔵岩』という岩でした)

    御蔵岩P8110238

14:46 七合目・鉾立

7合目を過ぎると傾斜は緩くなり、白いもやの中、立派な『八合目避難小屋』が現れました。

15:01 八合目避難小屋

小屋を目にした時もうれしかったのですが、小屋の管理人さんに『この天気でよく来たね~』と言ってもらった時は、安堵感で半端無くうれしかったです。

八合目避難小屋P8110245

今回初めて避難小屋を利用しましたが、こちらの避難小屋は避難小屋とは言えない位、立派な建物で中は大変綺麗です。夏は管理人さんが常駐していて、毛布の貸し出し(1枚500円、3枚1000円)もあるので、寝具を持参しなくても済み、自炊の支度だけすれば良いので、小屋泊まりの荷物で済むので助かりました。小屋の内部は3段の蚕式になっていて、一番下の段の窓側を利用させてもらい、毛布を3枚づつ借りて、宿泊協力金1700円と合わせてお支払いしました。薪ストーブを焚いていただき、濡れたウエアを乾かす事ができました。

P8110252P8110253

夕方になり外はさらに風が強くなってきて、小屋の目の前にある“御成清水”を汲みに行くだけでも飛ばされそうで大変でした。この日の宿泊者は、17時時点で私達2人と単独の男性だけで、小屋の管理人さんに声をかけていただき、4人で宴会になりました。ところがこんな天気の中(って自分たちもこの天気で登ったのですが)、18時半頃に2人の若者が到着したので、6人でさらに宴会・・・見ず知らずの人でも、共通の“山”の話題で、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。その後陽の暮れた時間に、もう一組登山者が登ってきたので驚きました、結局この日の宿泊者は7人、前日は0人だったそうです(日帰りの登山者も多いので、山に入った人はもっといると思います)

20時の消灯時間が過ぎたので、慌てて宴会をお開きにし、明日の好天を祈りつつ眠りにつきました。

岩手遠征(岩手山・八幡平登山と盛岡観光)~NO.2~へつづく。

《行程》

8/10(日) 

5:24自宅-13:17盛岡-14:53~15:15白龍(盛岡じゃじゃ麺)-15:20~15:35もりおか歴史文化館-16:14ルートイン盛岡駅前

8/11(月) 

9:03ルートイン盛岡駅前-サンクス滝沢駅前通り店-10:10馬返し駐車場

10:24  馬返し登山口(登山開始)

11:35 一合目

12:09 二.五合目

14:46 七合目

15:01 八合目避難小屋

17:00~20:15 宴会

20:20 就寝

《GPSデータ・8/11》

【移動距離】 4.09km

【所要時間】 4時44分(休憩含)

【累積標高差】 1490m

201408111_2

【ルート】

201408111

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|