山域別(奥武蔵)

2017年5月18日 (木)

予定変更で『子ノ権現ハイク』

*登山日*   2017年4月20日(木) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 子ノ権現 

*登山口*  東郷公園第一駐車場(埼玉県飯能市)

寝坊をしてしまい予定していた『武甲山&豚丼』を中止した平日の朝・・・どこか短い距離でいいから歩こうと、『天覧山・多峯主山』へ向かいました。しかし、いつも利用させてもらう飯能市民会館の駐車場が、イベントらしく使用不可とのことで、子ノ権現へとさらに予定変更しました。以前も歩いた事がありますが、東郷公園の駐車場を利用させてもらい、子ノ権現までピストンします。

しばらく舗装路を歩き、↓この橋を渡って登山道に入っていきます。

   Imgp8655

陽射しが気持ち良いです。  

      Imgp8657

一旦、林道に出れば、子ノ権現まであと少しです。

    Imgp8658

誰もいない静かな参道です。

   Imgp8665

御朱印帳を持参していたので、御朱印をいただきました。待っている間、猫ちゃんが中から出てきて癒されました。

Imgp86691Imgp86701

    Imgp8671_2

『足腰守護の神仏』の子ノ権現天龍寺・・・これからの登山の安全を祈願してきました。

  Imgp8674

来た道を戻り、サクッと下山しました。今回、武甲山は諦めましたが、平日だし豚丼は食べたいね~ということで車を秩父に走らせました。(休日は混雑必死なので・・・)それでも人気のお店なので、平日でも駐車場は満車でした。少し待ってから車を停めて、もちろんお店も名前を書いて順番を待ち、念願の豚みそ丼をいただきました。やっぱり美味しい、待ってでもまた食べたいですね。

Imgp8682Imgp8681

《行程》

10:15登山開始-12:37登山終了

《GPSデータ》

【移動距離】 6.754km

【所要時間】 2時間29分

20170420

《ルート》

20170420_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

|

2017年5月11日 (木)

奥武蔵で春満喫ハイク(ユガテ~顔振峠)

*登山日*   2017年4月16日(日) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* ユガテ-顔振峠 

*登山口*  東吾野駅(埼玉県飯能市)

奥武蔵で歩いたところのない所を探し地図を眺めていると、顔振峠(こうぶりとうげ)は、どうかな?と候補に挙がりました。正確に言えば、私も夫も小学生の遠足で行ってるので、歩いた事はあるのですが、大人になって山歩きをするようになってからは行ってなかったので、東吾野駅を起点にユガテ~顔振峠を経て、吾野駅まで歩くコースで行ってきました。

東飯能駅そばのタイムズに車を停めて、東吾野駅まで電車で移動します。日曜日の秩父行の電車はザックを持ったハイカーでいっぱいでした。

Imgp85981_3Imgp85992

東吾野駅でも沢山の人が降りたので、駅前のトイレに列ができており、少し時間がかかりましたが、身支度を整えて出発です。福徳寺を右に見て進むと、左側には大きな桜の木がありました。

   Imgp8601

しばらく舗装路を進み、右側の『鎌北湖・ユガテ』の道標を入り、登山道になります。

    Imgp8610

山里の桃源郷『ユガテ』に到着、初めて来たユガテ・・・感想は『こういう所なんだ~』という感じで、のどかな雰囲気でホッとするような場所でした。

  ユガテImgp86131_2

ユガテのしだれ桜Imgp86141_2

民家の庭先を抜けて、また登山道へ、まずエビガ坂へ進みます。

    Dscn1988

エビガ坂が分岐になっていて、右は鎌北湖への道、左の顔振峠方面へ。飯能市から毛呂山町に入ったようで、道標に『もろ丸くん』が・・・可愛いです。

Imgp86291Dscn1991_2

アップダウンを繰り返し、奥武蔵らしい登山道が続きます。

   Dscn1989

色んな花が咲いていました。

Imgp86111Imgp86041Imgp86151Imgp86171

途中に現れた↓この看板、ここは開けていて良い眺めでしたが、霞んでいてスカイツリーは見えませんでした。

      Imgp86371

無事に顔振峠に到着。登山者以外にも、車、バイク、自転車と色んな方法で来れるので、賑っていました。

     顔振峠Imgp8643

顔振峠の平九郎茶屋で“タラの芽の天ぷら”を注文、とても美味しかったです。

     Imgp8640_2

休憩後、ゴールの吾野駅へ下山開始です。降り始めてすぐの景色↓“桜・山間の集落・遠くに武甲山”1枚の絵のようで良い眺めでした。

Imgp86471

吾野駅発の電車が、この時間帯は1時間に2本なので、気にしながら歩き、最後は小走になりました。結局、乗ろうと思った電車には間に合い、東飯能駅まで戻りました。街の桜は終った時期でしたが、山あいの桜は満開で、春を満喫したハイキングになりました。

《行程》

8:56東飯能駅-9:10東吾野駅-9:20登山開始-10:13ユカデ-12:24~12:40顔振峠(休憩)-13:25登山終了-13:37吾野駅-13:51東飯能駅-14:40~15:30入間湯の市(入浴)

《GPSデータ》

【移動距離】 11.206km

【所要時間】 4時間05分

【累積標高差】 +1133m -1099m

20170416

《ルート》

20170416_4

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年1月10日 (火)

紅葉の丸山

*登山日*   2016年11月20日(日) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 丸山 

*登山口* 道の駅果樹公園あしがくぼ(埼玉県秩父郡横瀬町)

少し前の登山記録ですが、奥武蔵の丸山へ行き紅葉の山歩きを楽しんできました。我が家からは行きやすい秩父・横瀬町の山なので、いつも『今度の山どこに行く?丸山に行く?』と候補に挙がるので、何度も行っているイメージでしたが、6年前の4月に歩いただけで、今回は2回目の登山です。

『道の駅あしがくぼ』の第2駐車場に停めて(長時間駐車する登山者はこちらへとなっています)身支度を整えて登山開始です。第2駐車場を出た所↓目指す丸山方面。

  Rimg0065

R299を渡り、果樹公園村の看板を入っていきます。

      Rimg0066

最初は、ヘアピンカーブの舗装路を登っていきます。

  Rimg0070

あちこち紅葉していて綺麗でした。

Dscn1807Rimg0067

視界が開けてくると、後ろに『武甲山』がドーンと見えてきます。

Rimg0074

この道標↓を過ぎてしばらくすると、土の登山道に入っていきます。

Rimg0076_2Rimg0081

急だったり、なだらかな道だったりと変化ながら、丸山を目指します。

  Rimg0090

山頂手前では、直進の登山道と、県民の森方面の左に分かれます。トイレを拝借したかったので、県民の森へ寄るために左手へ進みました。(県民の森は、12月~2月までは冬季閉鎖だそうです)

       Rimg0083

県民の森でトイレを済ませて山頂へ向かう途中、何人かのゼッケンを着けた人とすれ違いました。その後、スタッフがいるチェックポイントがあったので、トレランの大会だと分かりました。そのチェックポイントの傍に綺麗なトイレがあり、6年前には無かったので今回県民の森のトイレを利用しましたが、今後はこちらも利用できると分かり良かったです。

Dscn1816

10:49山頂の展望台に到着、素晴らしい景色が広がっています。展望台でおやつを食べて一休みしました。

Rimg0098Rimg0097

山頂の展望台は、たくさんの登山者が次から次へと登ってきます。休憩を終えた我々は場所を開けるためにも、下山開始しました。

   Rimg0105

落ち葉でフワフワの登山道を一気に下りました。登山道がそろそろ終わるな~という所で、動物除けの柵があります↓通過したらまた閉めておきます。

    Rimg0113

無事に道の駅まで戻りました。  

       Rimg0123

観光客で道の駅は大賑わい、こちらの農産物直売所で、登山前に目をつけていた白菜はほぼ売り切れ・・・でもシイタケとキウイを買って帰りました。特にキウイは大量に入って激安でした、熟れるのに時間がかかりましたが、とても美味しくいただきました。

《行程》

8:22登山開始-10:49~11:00丸山山頂-12:47登山終了

《GPSデータ》

【移動距離】 10.400km

【所要時間】 4時間25分

【累積標高差】 +1,220m -1,202m

20161120

《ルート》

20161120_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

|

2016年1月12日 (火)

天覧山・多峯主山~2015年登り納め~

*登山日*   2015年12月29日(火)

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所*  天覧山・多峯主山

*登山口* 能仁寺(埼玉県飯能市)

2015年の登り納めとして、天覧山・多峯主山(てんらんざん・とおのすやま)へ行ってきました。本当は別の山を計画していましたが、4時に掛けた目覚まし時計では起きれず、7時過ぎに起きてしまったので、夫は『今日は山はやめて、のんびりしようか』と・・・そうだな掃除や買出しなどやることは沢山あるしな〜と思いましたが、 カーテンを開けて真っ青な空を見たら、『やっぱり山に行きたい!』という気持ちが抑えられず夫に懇願し、自宅から一番近い山、『天覧山・多峯主山』に行くことにしました。

こちらの山は8年前に歩いていて2度目の山行、前回と同様に飯能市市民会館の無料駐車場を利用させてもらいました。(イベント開催時など停められない時もあるそうです)駐車場の脇には綺麗なトイレがあり助かります。

 駐車場Dscn14041

9:58登山開始、駐車場から道路を渡り、能仁寺の脇から展覧山へ向かいます。

     Dscn1405

歩いてすぐに天覧山中段と書かれた広場に到着し、こちらにもトイレがあります。ここからは、登山道らしくなり、短い距離ですが変化に富んだ道を楽しめます。

Dscn1408Dscn1411Dscn1413

あっという間に広々した天覧山山頂に到着、のんびり歩いても20分程で着きました。

  天覧山山頂Dscn14181

山頂はコンクリートの展望台になってます。

Dscn14151_2

この日は天気が良く、都心のビル群が良く見えました。目を凝らすと『スカイツリー』も見えています。

   Dscn14171

多峯主山方面へは一旦下ります。“まむしに注意”の看板を横目に見つつ、しばらく歩きやすい平らな道を進みます。

  Dscn1425

多峯主山まで緩やかに登っていきます。歩いている人は思ったより多く、我々は山を急遽変更したので、用意していたザックを背負ってきましたが、軽装の人が多かったです。

Dscn1426

11:02多峯主山山頂に到着、真っ白な富士山が顔を出しています。山頂で、おやつとサーモスのお茶で休憩しました。

   Dscn14341

以前は御岳八幡神社方面へ下山しましたが、“まむしに注意”の看板までの道が、とても気持ち良いので、来た道を戻りました。

Dscn1439

“まむしに注意”の看板からは、天覧山に登り返さずに直進して、能仁寺方面へ向かいます。すると住宅地に出て駐車場まで戻れます。

Dscn1440Dscn1441_2

駐車場には、ハイキングコースの地図がありました。飯能市のゆるキャラ?夢馬(むーま)だそうです。

   Dscn1442

11:45駐車場に到着。↓駐車場の綺麗なトイレがこちら。

   Dscn1443

トータル2時間かからずに、気持ちよく陽だまりハイクを楽しめました。2015年は、ここ数年にしては山に行けた回数は少なかったのですが、ケガ無く一年間山を楽しめて良かったです。2016年も安全第一で無理せず、好きな山歩きを続けていきたいと思います。

《行程》

9:58駐車場(登山開始)-10:19~10:24天覧山山頂-11:02~11:12多峯主山山頂-11:45駐車場(登山終了)

《GPSデータ》

【移動距離】 4.039km

【所要時間】 1時間54分(休憩含)

【累積標高差】 +404m -426m

201512291

【ルート】

20151229

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2015年12月28日 (月)

武甲山(一の鳥居からピストン)

*登山日*   2015年12月17日(木)

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所*  武甲山

*登山口* 埼玉県秩父市横瀬町・一の鳥居(表参道登山口)

しばらく山に行けなかったので、やっとの山歩きにテンション上がりまくりで『武甲山』に行ってきました。この季節はまだまだ暗い6時に起床して、登山口の横瀬まで車を走らせます。天気予報は晴れだったのに、正丸あたりで雨が降ってきて、あれれ?という感じでしたが、登山口に近づいたら晴れてきたので良かったです。

武甲山は夫が10年以上前に、職場のトレッキング部の山行で歩いており、その時は、横瀬駅からタクシーで一の鳥居まで行き、浦山口駅まで歩くコースだったそうです。今回はマイカー利用なので、一の鳥居からのピストンコースです。

 駐車場Dscn1369

8:55駐車場に到着、平日とあって余裕がありました。登山届けのポストと地図があり、登山口らしい登山口からスタートです。

  9:06登山口Dscn1370

最初は民家の脇を通り、川の音を聞きながら、コンクリートの山道を登って行きます。51丁目の山頂まで、丁目石があるので、歩く目安になり助かります。しばらくすると、本格的な登山道になっていきます。

Dscn1377_2Dscn1379

神秘的な杉の大木がある、『大杉の広場』に10:27に到着、ここで立ったままでの休憩を取りました。

     大杉R00104141

この先も緩い傾斜で登っていきます。

Dscn1385Dscn1388

    Dscn1386

50丁目に公衆トイレがありますが、冬季閉鎖中です。

  トイレDscn1390_2

  御嶽神社R0010417

11:17、51丁目の『御嶽神社』に到着です。この奥を少し登ると、展望台があり、こちらに山名標識が立っています。

Dscn1391_2Dscn1393

あまり広くは無い展望台ですが、一気に展望が開けます。以前夫が来た時は曇っていて何も見えなかったそうですが・・・この日は秩父市内が一望で、とても気持ちが良く最高でした。

Dscn13993Dscn14001_8

神社の下まで降りて、ベンチになりそうな木に腰かけて、大休止しました。約30分滞在したので、我々にしてはゆっくり休んだほうです。11:44下山開始。

  12:49不動滝R0010419

水場の“不動滝”は、山頂トイレの水洗用の水不足を解消する為に、登山者がボランティアでボッカしているそうです。ここにペットボトルが並ぶそうですが、冬季閉鎖中のこの日は何もありませんでした。

13:14一の鳥居の駐車場に無事到着しました。今回ののお風呂は、『休暇村奥武蔵』の“こもれびの湯”で日帰り入浴を利用しました。初めて利用しましたが、気持ちよかったので奥武蔵の山帰りには良さそうです。

武甲山の表参道コースは、一定の傾斜で登っていく感じで歩きやすかったです。何より『丁目石』が、あと半分・・・とか、あと5丁目分・・・などと思いながら頑張れるので、トレーニング山として丁度良いな~と『武甲山』が気に入りました。来年の春、山頂のトイレが使えるようになったら、お水のボッカもしつつ、また訪れたいです。

*今回は山バッジを見つけられませんでした。道の駅あしがくぼで“ブコーさん”の缶バッジを購入しました。(横瀬駅の売店にあるようなので、次回は寄ってみたいです)

R00104211_2

《行程》

8:55一の鳥居駐車場-9:06登山開始-9:47不動滝-10:27大杉の広場-11:17~11:44武甲山山頂-13:14登山終了

《GPSデータ》

【移動距離】 7.086km

【所要時間】 4時間12分(休憩含)

201512171

【ルート】

20151217

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2015年2月 8日 (日)

長瀞アルプス~宝登山“ロウバイを見に”(2015年)

*登山日* 2015年1月25日(日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 長瀞アルプス・宝登山

2015年になり、初詣登山や成人の日の連休の1泊登山など計画していましたが、年始早々、私(妻)が右足首をひねってしまい・・・しばらく山行は延期状態でした。足を痛めた直後は、かなりの痛さで『もしかして骨折?』と思い、病院を受診してレントゲンを撮ってもらいました。結果は捻挫だったので良かったのですが、地味~に痛みは続きました。

足の具合が良くなってきたのと、主人にも『山』をしばらく我慢してもらっていたので、慣らし登山として1月25日(日)に長瀞アルプス~宝登山を歩いてきました。長瀞アルプスから宝登山は2年前、同じロウバイの時期に歩いたコースです。

P1250004P12500061

前回と同じで長瀞駅前の駐車場に停めて、秩父鉄道で1駅移動して、9:12野上駅からスタートします。野上駅からは、しばらく住宅街を歩いて、登山口まで向かいます。

    Dscn1006

9:26長瀞アルプス登山口に到着、ここから登山道になります。

         P1250008

P1250011_3P1250014P1250016

この日は歩いている人が多く、団体さんを挟んで、先を歩く主人としばらく離れて歩いていました。そうこうしているうちに、分岐で別々に進んでしまったのです。引き返して、私を探す主人・・・私は、主人が先に行ってると思い込んで、追いつこうとズンズンと進んでしまいました。主人は尾根道を真っ直ぐ進み、↓この御岳山を経由していて、私は前回も巻き道で歩いたからと、疑う事もせずに巻き道に入っていったのです。

P12500181P1250019_2

結局お互いに探しながらも、はぐれてから1時間程でやっと合流できました。こんな時の為に、山でつながり易い携帯に変えたのに、今回はたまたま持ってきていませんでした。とにかくヒヤリとした体験で、これからは気をつけようと色々と話しました。その後2人そろって、宝登山の山頂に立ちました。

 11:35山頂P1250022

山頂からは、秩父の街並みと武甲山が見渡せて良い景色でした。

P12500251

そして楽しみにしていた蝋梅園へ。良い香りがして、観光客や登山者で通路は人で一杯でした。

P1250044Dscn1012_2Dscn10131P1250046_2

  蝋梅と両神山Dscn10091

  蝋梅と武甲山P12500541

蝋梅園の脇に“福寿草”が咲いていて、春が近づいているのを感じました。

  福寿草P12500581

私を探し回ってクタクタの主人、私も捻挫後の登山で、下りになると少し足首が痛むので、2人とも意見一致、ロープウェイで下山しました。

P1250062P1250063

ロープウェイを降りた所に置いてあった、満願の湯のパンフレットに割引券が付いていたので、今回はこちらのお風呂へ。お風呂上りに秩父名物『味噌ポテト』を堪能した主人、揚げたてでとても美味しかったそうです。

帰りの高速で、いつも通りすぎている嵐山PAに入ってみると、綺麗にリニューアルされていて、ここで食事をしてから帰宅しました。今年の初登山、色々と勉強になった山行になり、次はどこへ行こうかと思案中です。

《行程》

6:40自宅-7:30~7:55高坂SA(朝食)-8:45長瀞駅駐車場-9:05~9:08秩父鉄道乗車

9:12 登山開始

9:26 長瀞アルプス登山口

11:35 宝登山山頂

11:55 登山終了

12:00~宝登山ロープウェイ-12:53~13:50満願の湯-14:32~14:52嵐山PA(食事)-15:30自宅

《GPSデータ》

【移動距離】 6.989km 

  *コース中、引き返しているので、このコースの実際の距離と異なります。

【所要時間】 2時間43分(休憩含)

【累積標高差】 +931m -632m

201501251_2

【ルート】

201501251

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2013年11月 6日 (水)

第15回 武蔵おごせハイキング大会

*登山日* 2013年10月27日(日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 武蔵おごせハイキング大会

10月27日に『第15回 武蔵おごせハイキング大会』というイベントがあると知ったのが9月下旬です。埼玉県越生町の自然豊かな里山や観光スポットを歩く2コース、“パワースポット三滝コース16キロ”と“健脚!顔振峠パノラマコース22キロ”があるそうで、早速、往復はがきで申し込み(もちろん無理はせず16キロコースを選択)10月は定期的に山を歩いて、体力を付けておこうと張り切っていました。しかし、登山予定日と西武ドームでのCSが重なったり(この日は野球観戦を優先)その後も台風に告ぐ台風で・・・・ほとんど歩けず、私は10月初めに筑波山に登ったきりで、主人は9/22の西吾妻山以来になってしまいました。

準備不足で迎えた10/27、直前の2つの台風の進路にヒヤヒヤしていましたが、台風一過で雲ひとつ無い快晴になり、もう歩くしかないでしょ~というハイキング日和になりました。東飯能駅近くのタイムズに車を停めて、八高線で越生駅に向かいました。越生駅から歩いて10分弱で、スタート地点の越生町公民館駐車場に到着します。到着したのが6時53分、スタート時間の7時ピッタリに受付開始になるようで、参加者の列が長く続いていました。

Img_37811Img_3782

往復はがき(返信されたハガキ)を出して、参加賞・地図・チェックカードの入った袋をもらいました。公民館のトイレに寄ってから出発します。スタート直後のルートは、混雑回避の為に2つのコースに別れます。どちらも合流地点まで約25分、なだらかだという『高取コース』で登りました。

Dscn0600Dscn0604

越生神社の脇を通り、登山道に入っていきます。登山道は前日までの台風で滑りやすい所があり、また狭い道で、後続の人に抜いてもらうのに苦労しました。もう一つのコースと合流してからはやや渋滞気味で進み、8:08大高取山に到着、山頂は展望の効かない場所ですが、少し広くなっているので皆休憩していました。我々は休まずに次のトイレのある場所まで進むことにしました。

Dscn0602_3Dscn0606

大高取山から一気に下り、民家が見えてくると『越生自然休暇村センター』に出ます、こちらでトイレを利用し(きれいなトイレでした)自販機やベンチもあるので行動食を食べながら休憩しました。

Img_3784_2

越生自然休暇村センターからは、しばらく舗装路歩きになります、登山道と違い道幅があるので、追い越し等に気を使う事無く、自分のペースで歩けるので助かります。青空にのどかな里山が続いていて、景色を眺めながら歩くのは、とても気持ちがいいです。
 
 

Img_3783_2Dscn0612

麦原川に沿って歩き、なだらかな道を登っていき、9:51に第2チェックポイントの龍穏寺に到着しました。
    龍穏寺Dscn0620

所々にゆずの木やみかんの木があって、青空に映えます。地元の方がみかんを販売していました、我々は買わなかったのですが、前を歩いていた方が、『良かったら2人で一つ食べて、言っとくけど酸っぱいよ』とみかんをいただきました。柑橘類の甘酸っぱさは、体が欲しているのかとても美味しかったです。

Img_3787Dscn0618

次のチェックポイントの黒山三滝方面まで林道歩きが30分程続きます。その後一旦林道が終わり車道に出ると、小岩井牛乳の販売車が停まっていました。以前『飯能ツーデーマーチ』でも飲んだ記憶があり、『やった、うれしい!』と思わず早足になり牛乳を購入、そりゃあもう最高に美味しかったです。
       Dscn06281

黒山三滝入口の脇にもトイレがありここを利用しました。黒山三滝はかなり前(登山を始めた頃なので10年以上前)に来ていて、その時は関八州見晴台まで歩き、黒山鉱泉でお風呂に入った思い出があり、懐かしく感じながら歩きました。登りつめると第3チェックポイントになっている黒山三滝に10:53到着しました。チェックポイントの周りでは休憩している人も多く混雑していました。さらに階段を登り上の段の滝は、虹がかかりとても綺麗でした。

Dscn0629Dscn0633

健脚コース22キロの人は、黒山三滝から傘杉峠・顔振峠まで登山道を登っていきますが、16キロコースの私達はここから折り返します。

Dscn0616Dscn0627_2
しばらくは車道脇を歩きます、普段の山道と違い、トレッキングシューズでの舗装路あるきは、足が疲れてきて痛みも出てきそうで嫌な感じです。滝から3~40分歩き、また登山道に入っていき、水分が多くどろどろの悪路を登ります(前日までの台風の為)。その後また車道に出ると、桂木観音近くの開けた展望台のような場所があります。ここからはとても眺めが良く、目を凝らすと『スカイツリー』まで見えました。Dscn0637
Dscn0638

この見晴台を過ぎて、ゴール地点の『ゆうパークおごせ』まで滑りやすい登山道を下っていくのですが、私は足(特に膝)がだんだん痛くなってしまいました。主人には先に行っててもらい、10分遅れで私もゴールできました。ゆうパークおごせの駐車場では、物産品の売店や飲食店が沢山出ていて、名物『ひもかわうどん』を注文し、持参したおにぎりと一緒に食べました。とても美味しくお腹一杯になりました。

 ひもかわうどんDscn0646

「ゆうパークおごせ」から「越生駅」までは、無料のシャトルバスが運行されていて助かります。バスを降りてみると、1時間に1本しかない八高線の電車とうまく時間が合わなかったのですが、運よく遅れが出ていて、あまり待たずに帰ってこれました。

入間の「湯乃市」に寄り、汗を流して帰りました。初めて参加した『おごせハイキング大会』運動不足で足が痛くなってしまいましたが、青空の下、気持ち良く歩くことができ、久しぶりのハイキングはやはり楽しかったです。この日の戦利品、スタンプの全部揃ったチェックカードと、参加賞のペットボトルホルダーと完歩賞のオリジナルハット↓です。

Dscn0647Dscn0648 Dscn0649Dscn0650

《行程》

5:07自宅-6:11東飯能駅-6:46越生駅-7:08ハイキングスタート-8:08大高取山-9:51龍穏寺(チェックポイント)-10:53黒山三滝(チェックポイント)-13:00ゆうパーク越生(ゴール)-13:38越生駅-15:05~16:00湯乃市 入間店-17:00自宅

《GPSデータ》

【移動距離】 18.106km

【所要時間】 5時58分(休憩含)

【累積標高差】 +874m  -835m

201310271

【ルート】

201310271_2


ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2013年6月 6日 (木)

蓑山(美の山) 

*登山日* 2013年5月12日(日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 蓑山(美の山)

桜の時期に訪れたかった、秩父市と皆野町にまたがる“美の山公園”・・・タイミングが合わずに、5月になってしまいましたが、ツツジの群生が見頃のようなので、トレッキングを兼ねて出掛けました。美の山公園は、4月中旬から8月中旬まで、桜・ヤマツツジ・アジサイ・ユリと四季折々の花を楽しむことができるそうです。

秩父鉄道・親鼻駅近くに車を停めて、地図を見ながら歩き始めると道標が現れ、美の山公園山頂を目指して進みます。登山道は『関東ふれあいの道』になっており歩きやすく、5月にしては気温が高く暑い日でしたが、新緑の木陰の道は涼しく感じました。

     道標Dscn0429_2

Dscn0431Dscn0432
Dscn0439Dscn0441_2

“シャガ”↑はここでも沢山咲いていました。人家近くの森林周辺の木陰などの、やや湿ったところに多く咲くというシャガは、先月の伊吹山や関八州見晴台でも、登り始めの登山道脇の木陰に群生していました。 

          Img_3407

見晴らし園地から先は、山頂まで舗装された道になります。

Dscn0447Dscn0454Img_3415Img_3410 Img_3412Img_3408Img_3414Dscn0449

ツツジは園内の遊歩道脇に沢山咲いていて、看板を見ると何種類かのツツジがあるようでした。立派な山頂展望台に上がると、秩父盆地が見渡せ、武甲山や宝登山、奥秩父の峰々まで望めます。先日登った“甲武信ヶ岳”も見えているようですが、はっきり特定できませんでした。両神山はギザギザの山容が特徴で、すぐに山座同定できました。

Img_3417Dscn0459 Dscn0458Img_3422

   山頂展望台Img_3418

    武甲山Dscn0461

    両神山Dscn0460_2

     美の山公園Dscn0465

標高583.1mの標識は、山頂展望台から少し離れた木の影に、控えめに立ってました。(展望台の標高は586.9m) 展望台の周りは、広々とした芝生に売店やベンチもあり、お弁当を食べてる人や休憩している人で賑やかです。我々もベンチに座って休憩しました。

帰りは、秩父鉄道の和銅黒谷駅(わどうくろや)へ向かいます。和銅黒谷駅という名称は2008年4月からで、以前は“黒谷駅”だったそうで、道標は黒谷駅になっていました。
 

Dscn0466Dscn0471Dscn0467 Dscn0468Dscn0472

一気に降りてきて時刻は12時半前、和銅黒谷駅の次の電車は12:56・・・(休日のこの時間帯は1時間に2本のみ)時間があるので、通り道の脇にあった『聖神社』に寄ってみました。 知らずに寄りましたが、和同開珎ゆかりの神社だそうで“和同開珎”の碑もありました。(迷って行かなかった和銅遺跡に行った気分を味わえました・・・和銅黒谷駅にもモニュメントがありました・・・)

Dscn0475Dscn0476Dscn0481_2Dscn0487

和銅黒谷駅から親鼻駅まで移動して車に戻りました。

帰りのお風呂は、車で約10分の“秩父川端温泉 梵の湯”へ。今回初めて利用しましたが、お風呂も食事処も良かったです。

Dscn0489_2Dscn0491 Dscn0492Dscn0493


《行程》

9:35登山開始-11:07山頂展望台-11:12~11:23休憩-12:21~12:25聖神社-12:56和同黒谷駅-13:23~14:38秩父川端温泉 梵の湯

《GPSデータ》

【移動距離】 5.78km

【所要時間】 3時08分(休憩含)

201305121

【ルート】
 
 

201305121_2


ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2013年5月20日 (月)

関八州見晴台・高山不動尊

*登山日* 2013年4月29日(月・祝日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 関八州見晴台・高山不動 

GW前半の最終日、良い天気なので近場へトレッキングに行ってきました。行き先は、関八州見晴台と高山不動尊へ、黒山温泉から歩いたことがありますが、今回は西吾野駅から吾野駅までの駅から駅へと歩くコースです。車は東飯能駅近くの『タイムズ』に停めて、帰りの入浴にスムーズに行けるようにしました。

東飯能駅8:30発の電車に乗り込みました、車内はザックを持った人が沢山いました。

8:54西吾野駅Dsc_0579

駅前から車道を下り、西吾野橋で北川を渡ったら北川沿いの車道を上流に向かいます。高山不動尊への道標が立つ、間野集落登山口から歩行者用の鉄橋を渡って、民家の間を直進すると、左への登山道へと入っていけます。
 

Dsc_0588_2Dsc_0590Dsc_0605Dsc_0582 Dsc_0583Dsc_0587Dsc_0592Dsc_0602

春爛漫で花を楽しみながら、しばらく登山道を登っていくと、萩の平茶屋跡に出ます。ここはスルーして、もう一登りして林道に出た所に、景色の良い場所がありここで小休止しました。

Dsc_0608Dsc_0609
Dsc_0610_2Dsc_0618Dsc_0612

関八州見晴台の手前にある、小高い『丸山』を通り、更に登るとまた車道に出て、立派な石碑の『関八州見晴台入口』が現れます。

   丸山Dsc_0622

Dsc_0624Dsc_0629Dsc_0627Dsc_0630

11:04関八州見晴台に到着、とても眺めが良く、その名のとおりまさに見晴台です。大勢の人が、お弁当を食べたり休憩をしています。我々は高山不動尊まで降りてから、休憩にしました。
 

Dsc_0645Dsc_0646Dsc_0642_2Dsc_0643_2Img_3382_2Img_3380Dsc_0650Dsc_0654

高山不動尊から八徳集落登山口方面へ向かう予定でしたが、高山不動尊の境内の階段を下りてから民家をぬけて林道に出た為に、分岐の先へ進んでしまったようで、戻るのもどうかと思い、そのまま林道を降りました。長い長い舗装路の林道歩きは疲れました、約1時間歩いて、やっと石地蔵の立つ三叉路に出ました。予定のルートに戻り、吾野駅へ向かいます。

    石地蔵Dsc_0666

なおも舗装路を歩き、国道299号の手前で右に分岐するトンネル道を行き、高麗川を渡って吾野宿を通り駅まで行きます。高麗川には大きく羽ばたく鳥がいました。

Dsc_0667Dsc_0671

            Dsc_0669

Dsc_0670Dsc_0672Dsc_0674_2Dsc_0675

吾野駅に着くと、1時間に2本しかない電車に、丁度良く乗れてラッキーでした。東飯能駅で降りて、朝停めた車に戻り、最近の行きつけの入間“湯乃市”で、入浴してから帰宅しました。今回は、抜群の展望を楽しめましたが、林道や車道が交錯していて迷い易い所だと感じました。紅葉の時期にでも今回歩けなかったルートを、歩いてみたいです。

《行程》

8:30東飯能駅-8:54西吾野駅-9:25登山道入口-10:38鳥居茶屋-11:04関八州見晴台-11:35~11:51高山不動尊(昼食)-13:03石地蔵分岐-13:37西吾野駅-13:56東飯能駅

《GPSデータ》

【移動距離】 7.664km

【所要時間】 4時51分(休憩含)

201304291

【ルート】

201304291_2


ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2013年4月21日 (日)

棒ノ嶺(棒ノ折山)

*登山日* 2013年3月28日(木)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 棒ノ嶺

以前から何度も候補に挙がりながらも登った事の無かった、飯能市・名栗から登る“棒ノ峰”別名、棒ノ折山に今回チャレンジしました。名栗の里さわらびの湯の手前に、立派な売店とトイレがあり、そこの広い駐車場に車を停めて、棒ノ峰を目指します。

  8:40駐車場Img_3334

駐車場の脇にある『なぐりづえ』・・・貸し出し用の杖のようです。ここから有馬ダム・名栗湖へ向けて一般道路を歩きます。

     なぐりづえDscn0350

Img_3337Img_3336Dscn0355

立派な有馬ダムの堰堤を渡り、右手にしばらく歩くと、白谷沢登山口に到着します。

   9:16登山口Dscn0356

ここから登山道に入っていき、緩やかな山道を登っていきます。

Dscn0359Dscn0364 Dscn0363Dscn0372

徐々に水の音がしてくると、いつしか沢沿いを歩くようになります。ほどなく藤懸の滝・天狗の滝と出てきます。
 

Dscn0366Img_3340 Dscn0376Dscn0375

やがて、岩壁がのしかかってくるようなゴルジュ帯、濡れた岩で滑らないように注意しながら進みます。今コースのクライマックス、手すり状にかけられた鎖場を越えれば、白孔雀の滝です、この先、沢からは離れひと登りで、東屋の建つ林道に出合います。

Dscn0379Dscn0384

     手すり状の鎖Dscn0381

Dscn0386Dscn0388

東屋からは階段の急登を登りきると、平坦な道が岩茸石まで続いてます。

    10:45岩茸石Dscn0389

岩茸石は十字路になっていて、ここを右手に延びるゴンジリ峠方面へ行きます。ゴンジリ峠からさらに右に進み、棒ノ峰までの最後の登りは、歩幅の決められてしまう木の階段が続きます。

        Dscn0390

11:28棒ノ峰山頂に到着、明るく開けた山頂からは、奥武蔵の山並みが見渡せました。ベンチもあるので、ここでゆっくり休みました。

Dscn0393Dscn0399 Dscn0394 Dscn0398Dscn0396

下山は、行きの道を『岩茸石』まで戻り、この大きな石の左を巻く様に裏側にまわり、滝ノ平尾根へと下ります。

Dscn0403Dscn0405

途中の開けた場所からは、スタート地点の有間ダム・名栗湖が見渡せました。

 眼下に名栗湖Dscn0406

傾斜は下るにつれ急になり、後半に一気に高度を下げていきます。

  急な下りDscn0409

Dscn0410Img_3346_2Dscn0422_2Dscn0427

滝ノ平尾根の終点は、民家の脇に出るようになっていました。ここから車を停めた駐車場まで、桜が綺麗に咲いていた坂を登り返し(地味にここがきつかった・・・)13:57にゴールしました。ほんの少しの距離ですが、車でさわらびの湯に移動して天然温泉に浸かりました、疲れた体にしみ渡り癒されました。

Dscn0416Dscn0417

やっと実現した棒ノ峰登山、変化に飛んだ登山道と山頂からの大展望と、欲張りな山歩きが出来て、人気が有るのも納得できる山でした。 

《行程》

6:30自宅-8:40~8:49駐車場-9:02有間ダム-9:16白谷沢登山口-9:56天狗の滝-10:45岩茸石-11:13ゴンジリ峠-11:28~11:53棒ノ峰山頂-12:26岩茸石-13:48登山口-14:08~14:50さわらびの湯-17:05自宅

《GPSデータ》

【移動距離】 8.683km

【所要時間】 5時09分(休憩含)

201303281


【ルート】

201303281_2


ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|