山域別(中央アルプス・中央アルプス周辺)

2014年7月 6日 (日)

木曽御嶽山(王滝口)

*登山日* 2014年6月15日(日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 木曽御嶽山

梅雨入りしてから、なかなか歩けずに半月ぶりの登山になってしまいましたが、6/15の日曜日に晴れマークが付いたので、以前から登ってみたかった『木曽御嶽山』へ行ってきました。御嶽山のある長野県の木曽町までは、埼玉から行くには遠すぎて、いつも計画倒れでしたが、前日の土曜日に2人とも仕事が半日になったので、たっぷり睡眠をとってから運転できるので、今回は決行した次第です。

土曜日の23:42に自宅を出発し、中央道をひた走り、伊那ICで降りてからの下道が、聞いていたとおり長かった・・・1時間45分位かかりました。王滝口登山道の登山口がある『田の原天然公園』駐車場は『おんたけ2240』スキー場を登りきった所にあります。このスキー場の途中で日の出を迎えたので、車窓から綺麗な真っ赤な朝日を見ることができました。4:38田の原駐車場に到着し、車を降りてあまりの寒さにびっくり、気温は10度前後だったようです。

目指す御嶽山↓の全容、駐車場からの眺めです。

Imgp5405

駐車場は200台程度停められるそうで広かったです、一段上の駐車スペースは駐車禁止になってました(登ってから分かりましたが、ヘリでの荷揚げの為の作業スペースになってました)駐車場の脇にはトイレがあり、駐車料金の協力費を入れる募金箱が設置されてました(普通車1台分500円を投入しました)。

  登山口Imgp5407

5:09立派な鳥居の立つ登山口から出発し、山頂までまっすぐに伸びる登山道を歩き始めました。朝は寒かったのですが、右奥から昇ってくる太陽の力と、歩き続ける事で、すぐに寒さは気にならなくなりました。

Imgp5411

所々に残雪が出てきますが、登山道はほぼ夏道です。

Imgp5419Imgp54151Imgp54221

金剛童子で休憩し、コンビニおにぎりで空腹を満たしました。その後、八合目石室非難小屋が現れ、中で休憩している人もいました、非難小屋は九合目にもあり、悪天候時は助かるだろうと思いました。

  八合目石室Imgp5423

雷鳥を期待してきましたが、鳴き声の主は『ホシガラス』でした。(同じ日に雷鳥を見れた人もいたそうです)

    ホシガラスImgp5420

常に『王滝頂上山荘』↓の白い建物を目指して、登っていく感じです。ヘリが何往復もしています、小屋開け準備真っ最中でした。

Img_41981

振り返ると素晴らしい景色で、疲れも癒されます。出発地点の駐車場とそこから伸びる登山道が良く見えて、ここまで登ったんだな~と自分を誉めながら、また1歩1歩足を進めます。

Imgp5425

9合目手前辺りで雪渓歩きになります。アイゼン無しでも登っている人も多かったのですが、安全第一!という事で、我々は装着しました。主人は4本爪を持参、私はモンベルのチェーンスパイクを今回初めて使ってみました。チェーンスパイクは着脱が簡単で気に入りましたが、爪が短いので雪質によっては効かないかな~と感じました。まあ~状況によって使い分けていこうと思います。

      雪渓Img_4201

残雪地帯を抜けて、また夏道を歩き、『王滝口頂上奥社』の立つ王滝頂上に到着、ここも残雪たっぷりでした。王滝頂上山荘では、先程のヘリ荷揚げの荷物を片付けで忙しそうな中、山荘脇のトイレを利用できるか聞いてみましたが、まだ閉鎖中でした。

王滝口頂上奥社Imgp5430_2

王滝頂上に立って、八丁ダルミと剣ヶ峰↓がやっと視界に入ってきます。

Imgp5431

山頂の傍に立つ『御嶽剣ヶ峰山荘』、こちらにもヘリが何往復もしてます、間近でのヘリの音と風に圧倒されました。

        Imgp54361

剣ヶ峰山荘の脇と、最後の階段の間に残った雪が、すれ違うのに狭いし凍ってるしで、ここが一番怖かったです。登り始めて約4時間で(地図上コースタイムは3時間10分)、9:04に山頂に到着しました。山頂からのの眺めは360度見渡せて最高です。二の池はきれいな水色でまだ凍っているように見えます、その奥に乗鞍岳、そして中央アルプス、小さく上の部分の富士山まで見えました。

 御嶽山剣ヶ峰山頂Imgp5449

  山頂から二ノ池Img_4206

  山頂から登山口Img_4208

山頂で休憩にしました、最近ハマッている『きゅうりとセロリ』のマヨ付け、水分と塩分の補給になるし、何しろ美味しくてたまりません、いつもパクパクと食べてしまいます。

    Imgp5451

お腹も一杯になった所で、下山開始です。所々に信仰の山ならではの色々な建造物がありますが、目を引くのが、↓八丁ダルミにある『まごころの塔』うねうねした感じがおもしろい・・・金剛童子にある『いのししの像』も立派な像でした。

Imgp5452Imgp5454

12:12無事に田の原駐車場に戻ってきました。早朝は閉まっていた売店は開いていたので、山バッジを購入できました。(山小屋が閉まっている時期なので、購入できるか心配していました)

帰り道に寄った『せせらぎの四季』は良いお風呂でした。ここの食事処は満席だったので、道の駅・日義木曽駒高原で飛騨牛コロッケを食べて帰りました。

Imgp5460Imgp5461

帰路は、やはり長かったのと、中央道の大月の先から小仏トンネルまで渋滞で、時間が掛かりましたが、行ってみたかった御嶽山登山が無事に成功したので、大満足でした。御嶽山は、『ミニミニ富士山』と聞いていたとおり、岩肌を登る感じと最初から山頂部を見ながら歩く感じが、富士山に似ていました。また違う季節に、小屋泊まりで五の池方面も歩いてみたいです。

《山バッジ》

Img_4212Img_4213

《行程》

23:42自宅-0:02入間IC-2:13~2:35諏訪SA(食事)-2:56伊那IC-4:38田の原天然公園駐車場

5:09 登山口(登山開始)

6:11~6:17 金剛童子

6:32 八合目石室

8:18 王滝口山頂

9:04~9:24 剣ヶ峰山頂

9:51 王滝口山頂

11:13 八合目石室

12:12 登山口(登山終了)

12:35田の原天然公園駐車場出発-13:51~14:32せせらぎの四季(入浴)-14:40~15:14道の駅・日義木曽駒高原(食事)-15:43伊那IC-16:56~17:03境川PA-19:59狭山日高IC-21:04自宅

《GPSデータ》

【移動距離】 6.902km

【所要時間】 7時03分(休憩含)

201406151

【ルート】

201406151_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2012年11月20日 (火)

紅葉の恵那山

*登山日* 2012年11月4日(日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 恵那山

11月4日に日帰り登山で、福島県の吾妻山に行こうと思っていました。しかし数日前の寒気で雪が降ったようなので、まだ紅葉に間に合う“恵那山”に行先を変更しました。

今回は久しぶりに、高速SAでの車中泊をする事にして、前日の仕事終了後(主人だけ休日出勤)帰宅して入浴を済ませ、11/3の18:37に自宅を出発しました。

 諏訪湖SADscn0240

21:13、諏訪湖SAに到着しました。ここで食事を済ませ、外を眺めると諏訪湖を見下ろせて、夜景が大変綺麗でした。車中泊には寒い季節になりましたが、スタバのコーヒーで温まり、防寒対策で持ってきた毛布にくるんで寝ました。

3時半に目覚ましをセットしてましたが、少し前に足元の寒さで目が覚めてしまいました。まだ暗い中出発して、恵那山・広河原登山口の駐車場を目指しました。

 ゲートと登山届入れDscn0243_2

恵那山には、黒井沢ルート、神坂峠ルートなどありますが、最短距離の広河原ルートで今回は登ります。登山口までの林道の途中にゲートがあり、ゲート左手の臨時駐車場に停めて、2キロ程舗装路の林道を歩きます。夜明けが遅いこの時期、駐車場に着いた5時50分にやっと明るくなってきました。すでに5〜6台車は停まっていましたが、支度をしている最中もどんどん車が入ってきて、6:13に出発した時にはかなり埋まってきていました。

   駐車場Img_2970_3

落ち葉を踏みしめながら、林道を進みます。夜が明けていても山の影になり、太陽の光は山の上部しか当たっていません、まだ月も見えています。しばらく歩くと、短いトンネルをくぐり抜けます、そして左側に“広河原登山口“の看板が見えてきます。

Dscn0245_4Dscn0249_6

 広河原登山口Dscn0250_5

広河原登山口から一旦下って、本谷川を渡ります(増水時は通行不可になるので注意が必要です)渡り切ると左手に登山道がのびています。

Dscn0252_5Dscn0253Img_2974Dscn0259

いきなりの急登が続き、ペースを掴むのが大変でした。しかし、1000m近い標高差をぐんぐんと登って行くのは楽しいです。山頂まで、1/10、2/10・・・と標識が木に付いているので目安になります(1/10は見落としました)

 3/10Dscn0257

展望の効かない山と聞いていましたが、ある程度標高を上げてくると、視界が開けてきて素晴らしい山並みが見えてきます。

Dscn0265_4Dscn0266_2Img_2979_2

登山道は霜が降りていて、昨夜の寒さがうかがえます。まだ凍っていて滑らないように気を付けますが、案外サクサクと行けます。下山時はきっと溶けるだろうから帰りが嫌だな〜と思いながら歩きました。

Dscn0263_5Img_2982

 南アルプスImg_2981_2

所々、開けた場所からは進行方向の左側に南アルプス、振り返ると八ヶ岳、中央アルプス、右手後ろには雪をかぶった御嶽山と贅沢な眺めに、何度も足を止めてしまいます。そして森林帯にまた入り、山頂まで岩のゴロゴロした登山道が続きます。

Dscn0269Dscn0274_4

駐車場を出発して、3時間57分で恵那山山頂に到着しました、山頂の展望は効きません。やはり日曜日の百名山は人が多いです、順番を待って写真撮影して、恵那山頂避難小屋に向かいました。山頂から少し行った所に『恵那山神社奥宮』があります。

 10:09恵那山山頂Dscn0275_2

 恵那山神社奥宮Dscn0277_2

山頂から10分位で、立派なトイレが見えてきて、その奥に避難小屋があります。

     Dscn0282_10恵那山頂避難小屋

  避難小屋裏の岩場Img_2991_3

避難小屋裏手の岩場は、唯一展望が望める場所なので、皆登っています。我々もよじ登り南アルプスが連なっていてる山並みを眺めると、ちょこっと富士山↓が出ていました。この角度から富士山を見る事があまり無いので、小さな富士山に新鮮な感じを受けました。

Dscn0281

岩場から見下ろした避難小屋↓と奥の小さな建物がトイレです。

       Img_2988_4

景色を楽しんだら、すぐに岩場を降ります(狭い場所にどんどん登山者が登ってくるので・・・)そして、避難小屋前のベンチで昼食です。

      Img_2992_5

食事を終えて10:54避難小屋を出発しました。歩き始めて5分、平坦な木道の登山道で、主人が左足首をひねってしまいました(こんな平坦な所で何故?というような場所でした)かなりの痛みのようで、骨折か?捻挫か?と焦りました。靴をぬいで足を見ても腫れていないので骨は折れてないだろうと思い、足首に湿布を貼りましたが、テーピングを持参して無かったのが、この後かなりの痛手になりました。時間はまだ11時過ぎだし、とにかくゆっくり降りようと歩き出しました。

Img_2986_7Img_2995_3

ゆっくり下山しますが、かなり痛いようで、ダブルストックは使っているものの左足をかばいながら歩いているので、だんだん右足も痛くなってきたようです。行きに心配していた、霜が溶けた登山道はヌルヌルで最悪でした。標高差1000mの半分以上降りた所で、踏ん張りも効かなくなってきて、さらに2度も転倒してしまい、痛みは増す一方のようでした。日没を意識しつつも、ヘッドランプはあるしツエルトもあるし、大丈夫、大丈夫と心の中で言い聞かせて降りました。そして、登山口の林道が見えてきた瞬間は、すごく嬉しかったです。

Dscn0285_5

無事に日没前の16:13駐車場に到着しました。結局、3時間57分で登った所を、5時間13分で下山しました。(日没の早いこの時期に、早く歩き始めていて良かったです)車で足を見てみても、さほど足は腫れていないようでした。なんとか歩けたので、日帰り温泉(昼神温泉の“湯ったりーな昼神”)に寄って帰りました。

  昼神温泉Dscn0288_3

日曜日恒例の中央道渋滞が発生しているようなので、諏訪湖SAで仮眠してから帰宅しました。どうも左足首は、だんだん腫れてきたようでしたが、深夜に帰宅したので翌日病院で診察する事にしました。

翌日の診察結果は“左腓骨遠位端剥離骨折”でした。ギブスをしての不便な生活が始まりましたが、10日後の診察で、剥離した骨が靭帯に付いているので、元にもどらない骨だとわかり、シップとサポーターでの治療に切り替わりました。一日一日と痛みは減ってきているようですが、完治まではまだ時間が掛かりそうです。

いつも後から反省する事が多いのですが・・・今回は、テーピングがあれば痛みの軽減になり、再度の転倒を防げたと思います。エマージェンシーキットをこれを機に見直しました。なるべく日の出と共に歩き始める事を意識してますが、早立ちの重要性を再認識しました。山での怪我や遭難は、自分は気を付けているから大丈夫と、他人事のように今まで思っていましたが、いつでも誰にでも起こりうる事なんだと、改めて感じました。12月号の“山と渓谷”でも救助要請の多さが記事になっていました、救助要請の事も考えて登山の保険は入っていますが、内容を見直して入り直しました。

これからも大好きな山を楽しむ為に、準備を怠らずに安全第一で登山を続けたいです。

《行程》

11/3 18:37自宅-21:13諏訪湖SA(車中泊)

11/4 3:35諏訪湖SA-5:50登山者用駐車場-6:12駐車場出発-10:09恵那山山頂-10:20~10:54恵那山頂避難小屋-16:13登山者駐車場-16:57~17:42昼神温泉“湯ったりーな昼神”-18:59~21:42諏訪湖SA-24:30自宅

《山バッジ》

Dscn0291


《GPSデータ》

【移動距離】 12.289km

【所要時間】 10時間2分(休憩含)

201211041


【ルート】

201211041_2


ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村   

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2012年9月30日 (日)

甘利山・千頭星山

2012年9月15日から、世の中は3連休ですが、私は日曜と月曜の2連休で、主人の休みはは日曜日のみです。そこで日曜日に日帰りで山に行こうと計画し、荒船山か黒斑山で検討していましたが、前日に北関東の天気予報が雨に変わった為、山梨の『甘利山・千頭星山』に行ってきました。

9月16日(日)5:04に自宅を出発して、いつもの圏央道入間ICから中央道へ。中央道に入ると、さすが3連休の中日、早朝でも車の量が多かったです、我々の通った数時間後には、渋滞になったようでした。

韮崎ICで降りて、途中のデニーズで朝食を摂り、山道(舗装路)を登っていき標高を稼ぎます。7:58、標高1,645mの甘利山駐車場に到着しました。すでに標高が高いので、駐車場から、韮崎市内が見下ろせてきれいでした。

Rimg0001Img_2785_4

駐車場からの眺めImg_2784

8:09登山口を出発しました。

Rimg0002Rimg0004_5

         ハクサンフウロRimg0007

駐車場から歩いて10分位で分岐に出て、左に行くとすぐに東屋があり、富士山が大きく見えました。

Rimg0010Img_2788_4Rimg0014_3

分岐まで戻り、木道もあり歩きやすい道で甘利山へ、終わりかけの夏の花(アザミ・トリカブト)も楽しむことができました。

Img_2790_2Rimg0008Rimg0015_3Rimg0026_3Rimg0028_2

甘利山までの登山道から右手後方には、ちょっと木が邪魔ですが、なんとか八ヶ岳も見えて、さらにテンションアップです。

 八ヶ岳Img_2792_2

甘利山までは歩きやすい登山道で、駐車場から30分程で着きました。ここまでは、お子さん連れのハイキングにも向いているようです。

 8:37甘利山山頂Rimg0029_2

甘利山からは韮崎市内を挟んで山並みが綺麗に見え、そして富士山もまだ綺麗に見えてます(この後、だんだん雲がかかり、下山した頃には富士山は見えなくなりました)

Img_2796Img_2795_3Rimg0034Rimg0036_3

 9:17 奥甘利山山頂Rimg0038

登山道からはずれて2~3分で、行き止まりの奥甘利山山頂に着きます。登山道まで戻り、千頭星山へ向かいます。ここからは、一旦下ってから急登になります。

Rimg0042Rimg0058_2Rimg0049_4

急登も一段落してくると、大西峰直下の御所山との分岐に出ます、ここを左方向の千頭星山へ進みます。本で見た千頭星山へ向かう途中の笹原の道になり、大変気持ち良く歩けます。笹原の道を抜けて、最後にちょっと急登すると、展望の効かない樹林帯の中の山頂に到着します。

 10:36 千頭星山山頂Rimg0050_4

山頂で小腹を満たしてから下山し始めると、雲の切れ間から鳳凰三山・地蔵岳のオベリスクが見えました。やっぱりかっこいい・・・うーん行ってみたい・・・と足を止めつい見とれてしまいます。

  地蔵岳・オベリスクRimg0054_5

雲がどんどん沸いてきているようですが、流れの合間に、先程休憩した千頭星山の山頂が見えました。

振り返り、千頭星山Img_2799_3

登りは約2時間半かかりましたが、下りはほとんど休憩をとらずに歩いてきて、約1時間40分で駐車場に着きました。

 戻ってきた駐車場Img_2803

駐車場の脇には、喫茶・売店の“つつじ苑”があります(こちらで山バッジを購入できました。)

Rimg0064Img_2806_2

帰りのお風呂は、行きに看板を見ていた、“竹田乃郷・白山温泉”へ。大きい日帰り入浴施設ではありませんが、綺麗な施設で、良いお湯でした。こちらの隣にある“そば処・上小路”で『天ぷらそば』を注文し、大変美味しくいただきました。

Rimg0068Rimg0072Rimg0073Rimg0075

《行程》

5:04自宅-7:58甘利山登山口駐車場-8:09登山口-8:37甘利山山頂-9:17奥甘利山山頂-10:36~10:47千頭星山-11:09御所山分岐-12:11甘利山山頂-12:27登山口-12:44駐車場-13:12~14:18武田乃郷 白山温泉-19:00自宅

《山バッジ》

Rimg0079Rimg0080

《GPSデータ》

【移動距離】 7.689km

【所要時間】 4時間18分(休憩含)

201209161


【ルート】

201209161_2


ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村   

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2010年8月10日 (火)

日本一高いところから眺める富士・北岳

以前勤務していた職場には、トレッキング部があり春と秋年2回の山行をしています、転職した今も声を掛けて貰い参加を続けています。今年の春は、茅ヶ岳・金ヶ岳でした。

Img_0043 茅が岳

そのトレッキング部の仲間3人でのトレッキングで、7月25・26日に北岳に行ってきました。例年富士山を登っていましたが、昨年は前日に登山者が亡くなるという事故があり、五合目での雨・強風に撤退した際、来年は違う山にしようという事になり日本第二の北岳となりました。

行程は、車にて芦安駐車場に車を停め、バスにて広河原、白根御池小屋にて昼食、北岳肩の小屋泊、翌朝山頂、下山後甲府市内に宿泊という予定。

25日未明、東大和出発、東村山を経由し新所沢へ迎えに来て貰い、圏央道経由にて中央道へ。途中双葉SAにて朝食を摂り、芦安駐車場に5:20着。

P7250099P7250101_2

駐車場から100M程下った先が広河原行きのバス・乗合タクシーの発着所。5:40発広河原行きのバスに乗り込みます。出発時間に空席が無くなり発車。小1時間の乗車で、6:30広河原インフォメーションセンターに到着。運賃は1,100円に環境協力費100円。広河原インフォメーションセンターは建築されて日も浅いようで綺麗な建物で、トイレなど身支度を済ませ出発。広河原インフォメーションセンターから西に100Mほどの吊り橋を渡りいよいよ登山開始となるところでしたが、吊り橋手前に注意書きの看板が・・・残雪が多く左俣ルート・八本歯ルートに向かうには冬山装備が必要とのこと、アイゼンを忘れた我々3人はとりあえず、7:15広河原山荘脇最初の分岐を白根御池小屋へ向かいます。

P7250107P7250109P7250121P7250122

10:15白根御池小屋に到着。途中コンビニにて買ったおにぎりで昼食を摂り、11:10白根御池小屋を横目に直ぐの分岐を草すべり方面へ右に曲がります。小屋のスタッフが転倒骨折の登山者がでたとのことで右俣ルートを駆け上がって行きます。草すべりはかなりの急登ですが、途中可憐な花が癒してくれます。

P7250124P7250125P7250126P7250133P7250134P7250137P7250139P7250144

みるみる高度を上げといいたいところですが、息が上がり休み休みの登りです。大樺沢から吹く冷たい風が心地よく、一歩一歩進んでいると、上空を救助ヘリが右へ左へと救助者を捜索しつつ、旋回しています。その頃からガスが出てきて、救助に当たる方々の苦労を思うと頭が下がります。あと少しで右俣ルートとの合流地点に差し掛かる辺りで先ほど救助に向かった白根御池小屋のスタッフの方が下りてきました。合流地点で休憩を取っていると雨がぽつぽつ、その後雨は降る事も無く、休憩を切り上げ出発。

P7250141P7250152

14:25小太郎尾根に到着。途中、鳳凰三山を眺めながらの急登でしたが、小太郎尾根からは、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳を眺めながらの尾根歩きとなり、14:40北岳肩の小屋到着。受付を済ませ寝床を割り振られたら、荷物を置き小屋前のベンチにてビールで乾杯。まさに至福の時を過ごしていると駒ヶ根市方面の雲が見る見る黒くなり稲妻が鳴り響き早々に小屋に退散。平日だったせいか混雑はしておらず、グループ間に2ブロックの空きを作っていただき、かなりのんびり過ごせました。夕食は豚の塩だれ焼きと漬物、佃煮中々美味でした。夕食後はすることも無く、翌日の山頂に向け消灯時間を待たずに就寝。

P7250154P7260180

翌朝は、4時に起床。日の出を見、玉子焼き、焼き海苔等の朝食を摂り、ザックを小屋にデポし、5:50山頂へ向け出発。30分ほどかけ6:22山頂着。山頂から眺める富士は、日本で一番高いところからの眺めと思うとより一層綺麗に映りました。あちこち記念撮影をし、6:45下山開始。

P7260173P7260182P7260190P7260191P7260206P7260196P7260209P7260221P7260222P7260228P7260229P7260232

7:12北岳肩の小屋着。7:47北岳肩の小屋発。帰路は右俣コース、大樺沢二俣を経由し、広河原へと向かいます。10:08二俣着。

P7260238

大樺沢の雪渓を眺めながら休憩をしつつ、下山。大樺沢沿いの沢は、残雪の多さからか水量が豊富で大きな音を立て流れ非常に美しく、涼やか。12:10広河原山荘着。山荘にてアイスクリームや炭酸飲料を購入し、ゆっくりと休憩。13:15広河原インフォメーションセンターから乗合タクシーにて芦安駐車場へ。そのまま、甲府市内のラドンセンターへ。翌日帰宅。

地味なイメージの南アルプスでしたが、花が多く静かで、今度は鳳凰三山を目指したいと思います。

【今回の山バッジ】

R0010086R0010087

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村   

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|