キャンプ

2017年7月 4日 (火)

GWふもとっぱらキャンプ(2017年)

*キャンプ日*   2016年5月3日(水)~4日(木)

*メンバー*    夫・妻 計2名

*キャンプ場所*  ふもとっぱら(静岡県富士宮市)

昨年に引き続き、GWに”ふもとっぱら”でキャンプをしようと思い、今年も行ってきました。昨年は、『登山&キャンプ』で張り切って行きましたが、今回は日頃の仕事の疲れと、数日前の雲取テン泊の疲れが残っており、のんびり富士山を眺めるのを目的に、キャンプのみを楽しんできました。

当日はキャンプの前に、富士山撮影も兼ねて出掛けました。精進湖で夜明け前~日の出の富士山を撮影して、その後、芝桜まつりの開園直後(GWは6時開園)の富士山を狙っていたので、早めに自宅を出発。3日の早朝というか2日の夜中、1時半に圏央道入間ICから乗りました。が、すでに高速道路はあちこち渋滞している・・・皆考えることは一緒なんですね。まあ、予定より時間がかかりましたが、なんとか日の出前に精進湖に到着しました。

精進湖Imgp04141

精進湖では、雲もあり、朝焼けもイマイチでしたが、逆さ富士は撮影できました。何度か来ている精進湖、キャンプ場が傍にありますが、こんなにテントが張ってあるのは初めて・・・さすがGWです。

芝桜まつりImg_03551_2

本栖湖リゾートの『芝桜まつり』、昨年よりは良い天気でしたが、お花の咲き具合は昨年の方が良かったです。夜中から行動していたので、お腹はペコペコ、芝桜まつりの会場内のブースで朝食にしました。(色んなお店が出ていて、私は吉田うどん、夫は富士宮やきそば)

   Img_0370

ふもとっぱらに7時半頃付きましたが、チェックイン渋滞を経て、場所選びにあーだこーだ言いながら、なんとか決めた場所に設営して、ホッと一息ついたのは、9時すぎでした。西武ライオンズファンの為、自宅に溢れているライオンズグッズで作った↓旗、今回初めてテントに飾り付けしました。なかなかアメドに合ってるな~と自画自賛、次回までにもっと作ろうっと、思うのでした。

Img_0367Img_0373

翌日のチェックアウトまで、一歩もキャンプ場を出るつもりはないので、食べて、飲んで、寝ての繰り返し、富士山は見えてるし、最高でした。

Img_03801Img_03811

翌朝の、ふもとっぱらため池からの富士山↓今回もイマイチだけど、逆さ富士が見えてるのだから良しとします。

Imgp04451

朝食後の昼寝をしてから、テントの外を見てみると、なんか雲が幻想的な感じになってました。

Imgp04941

撤収しながらも、刻々と変わる富士山の周りの雲・・・ついつい片付けを中断しては、富士山を撮影しちゃいますね。

Imgp04972

色んな富士山を見れて、たっぷり睡眠がとれて、楽しいキャンプになりました。また来年も行きたいな~と思います。

 吉田うどんImgp0500

帰りに、吉田うどんを食べに行きました。昨年と別のお店でしたが、今回のお店も美味しかったです。安くて美味しい、コシのある極太うどん、また来年も食べに行きたいな~と思います。っていうか、来年と言わず食べに行きたいので、登山でも観光でも近くに行ったら寄りたいです。

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2016年6月 9日 (木)

足和田山登山&ふもとっぱらキャンプ

*登山日*   2016年5月1日(日)

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所*  足和田山

*登山口*   紅葉台レストハウス(山梨県南都留郡鳴沢村)

今年のGWは5月1日〜2日で、足和田山登山と『ふもとっぱら』でのキャンプに行ってきました。本当は、田貫湖キャンプ場を予定してましたが、GWの混雑具合を電話で問い合わせた所、『1年で1番混む時期ですよ』と言われてしまい、ここはサイトまで車が入れないのでリヤカーを借りるのですが、リヤカー待ちの列ができるようなので、今回は田貫湖キャンプ場は見送り、広大なキャンプサイトの『ふもとっぱら』にしました。まあ3月のふもとっぱらで、富士山を見ていないので、早々とリベンジのチャンスです。

まずは、初日(5/1)の午前中に足和田山登山をするべく、登山口に選んだ『紅葉台レストハウス』に向かいました。紅葉台レストハウスまでは、未舗装の林道を走るので結構大変でした。7時前に到着したので、まだ誰もいない駐車場に車を停めました。

     Rimg0001_3

6:50登山スタートです。歩いて数分で、広くて景色の良い『三湖台』に到着しました。振り返ると富士山がよく見えています。

 三湖台Rimg00071

そして三湖台の展望台の先まで行くと、真下に『西湖』が見えました。

Rimg0011

ここから、足和田山までは小さなアップダウンの繰り返しで、登山道が続いています。登山道に平行して林道もあり、何度も合流しては別れるので、行きは登山道、帰りは林道で歩きました。    

     Rimg00131

8:07足和田山(五湖台)に到着しました。五湖台の標識に山梨百名山の標識が寄っかかってました。山頂は木々で展望が効きませんが、展望台があるので登ってみました。登らなくても富士山は見れますが、登った分少し大きく見えました。

Dscn1530Rimg0023

展望台の北側からは、西湖の湖畔の様子が良く見えました。

Dscn1533

山頂の滞在は数分で、紅葉台まで戻りました。時間が早かったからか、9:05の登山終了まで登山者とはすれ違いませんでした。

キャンプ場に行く前に汗を流そうと、3月にも寄ったお風呂、西湖のほとりにある『いずみの湯』へ向かいました。ここまで行く途中139号線を少し走りますが、大渋滞でなかなか進まず、GWの富士山周辺は初でしたが、すごさを実感した瞬間でした。入浴後、ふもとっぱらまでの139号線は渋滞なので、少し道を戻り、富士ヶ嶺エリアを抜ける道でキャンプ場まで行きました。

*キャンプ日*   2016年5月1日(日)~2日(月)

*メンバー*    夫・妻 計2名

*キャンプ場所*  ふもとっぱらキャンプ場(静岡県富士宮市)

12時過ぎに『ふもとっぱら』に到着しました。翌日(5/2)が平日だからか、到着した時間が遅いからか、受付はあまり混雑していませんでした。

 ふもとっぱらRimg0032

今回は、こんな↓感じで、富士山一望のキャンプとなりました。そうそう、これこれ、これが見たくてキャンプを始めたのです。うーん、嬉しい。嬉しいので、テントの前に椅子を置き、ここで富士山を眺めながらのんびりしていると、陽射しがけっこうきつい・・・そして暑いので、夕方までお昼寝タイムにしました。(そろそろタープも考えないとかな〜)テントの中は、前後をメッシュにすると、風が通って気持ち良く寝れました。

Img_4032

前回は山頂部が隠れていた、キャンプ場のすぐ裏にある二百名山の『毛無山』、今回は良く見えています。標高差が1,000m以上あるので、きつそうですが、いつか登ってみたいな〜という山です。

 毛無山Dscn1537

陽も暮れてきて、気温も少し落ちてきたので、焚き火タイムです。

Img_4045

ふもとっぱらの無料のお風呂、前回は19時~で入らなかったのですが、今回は18時~で、私(妻)だけ入ってみました。GWなので混雑してましたが、それを我慢できれば、なかなか良いと思います。とにかく無料でさっぱりできるのですから・・・ね。

夕食は、ステーキですが、今回はとても美味しくできました。前回のふもとっぱらでは、雨も降っていたので、テントの前室で、シングルバーナーで焼いたのですが、今回は焚き火の上で、鉄のフライパンんで焼いたら最高でした。(このフライパン、ホームセンターで見つけた鉄のフライパン・・・安かったからどうかと思っていましたが、とても良かった)

     Img_40471

アルミホイルに包んで焼いた『じゃがバター』も大成功で、すごく美味しかったです。焼きそばで締めて、と満腹になりました。我々にしては遅くまで起きてた方で、21時頃に就寝しました。

Rimg00461Rimg00471

翌日は、4時半前にテントを出て、ふもとっぱらの敷地内にあるため池に、逆さ富士の撮影に行きました。スッキリとは晴れていなく、4:35は↓こんな感じでした。

Imgp57091

結局、薄曇りは変わらずで、劇的な色合いにはなりませんでしたが、薄っすら陽の光が差した感じになり、撮影終了にしました。(5:49撮影↓)

Imgp57491

昨日の139号線の渋滞は、“富士芝桜まつり”の渋滞だと知り、帰りに寄ろうとしていたのを、朝一で行ってしまおうと予定変更して、開園6時〜の芝桜まつりの会場へ向かいました。キャンプ場から車で10分ちょっとで着きました。まあ、こちらも富士山は見えているものの、青空にはならず残念でしたが、芝桜は綺麗でした。

      Imgp5758

キャンプ場に戻り、朝食にしました。写ってませんが、いつものホットサンドとミニカップラーメンを食べて、昨日の登山の行動食で余っていた、アンパンを焼いてみたら、とても美味しくなりました。そして昨晩、面倒くさくなってやらなかった燻製を作ってみました。厚切りのベーコンをやってみましたが、これは最高の味だったので、次回は、別の材料もやってみたいです。

Rimg0055Rimg0057

早起きをして眠かったので、朝食後テントで昼寝タイム、気持ち良く爆睡してしまいました。12時半頃にキャンプ場を出発しました。

お昼に吉田うどんが食べたいな~と、河口湖IC近くで吉田うどんのお店を探しに探して、やっと見つけたお店で『初吉田うどん』をいただきました。とても美味しく、このタイプの麺は2人とも好きなので、すっかり気に入りました。

   吉田うどんRimg0061

このGWのキャンプで、我家の春キャンプ終了です。もともと連休の少ない夫婦ですので、夏場の連休は登山をメインに楽しみたいと思っています。そうはいっても、体力づくりと天候にも左右されるのですが、また秋にはキャンプをしたいと、今からワクワクしています。

《行程》

6:50 紅葉台レストハウス(登山開始)

7:02 三湖台

8:07 五湖台(足和田山山頂)

9:05 紅葉台レストハウス(登山終了)

《GPSデータ》

【移動距離】 6.801km

【所要時間】 2時間15分(休憩含)

【累積標高差】 +561m -566m

20160501

【ルート】

20160501_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村  

|

2016年5月28日 (土)

角田山登山&スノーピークの聖地でキャンプ(キャンプ編)

角田山登山&スノーピークの聖地でキャンプ(登山編)よりつづき。

*キャンプ日*   2016年4月23日(土)~24日(日)

*メンバー*    夫・妻 計2名

*キャンプ場所*  スノーピークヘッドクウォーターズキャンプフィールド(新潟県三条市)

角田山での登山を終え、三条ラーメンを堪能して、今回のもう一つの目的地キャンプ場に12:27到着しました。スノーピーク本社に併設されたキャンプ場の正式名称は、『スノーピークヘッドクウォーターズキャンプフィールド』と・・・長いですが、とにかく広くて綺麗で気持ちの良い所でした。ガラス張りとコンクリート打ちっぱなしの建物には、工場・オフィス・ストアがあり工場見学もできるそうです。

R0010547R00105481

受付でキャンプ料金を支払い(1人1500円なので2人で3000円、とっても安い・・・)ゴミ捨てのルール等を聞き、フィールドの地図などが入っているファイルをもらって受付完了です。

そして、受付横のストアでは、スノーピークの全ての商品ラインナップを手に取ることができるそうで、キャンプ料金が安くてもここでお財布の紐が緩んでしまいそうです。購買意欲を抑えるのが大変そうなので・・・あまり見ないようにして、フィールドへ。A~Fまでフリーサイトがあり、なるべく平らな場所がいいな〜と思いながら、車でゆっくりと全サイトを見て回り、フリーサイトEに決めました。サイトからは、『粟ケ岳』という山が見えてなかなか良い眺めでした。

Dscn1520

風が強かったのですが、2度目のアメド設営の為、難なく設営終了。テント内で広げてみましたが、先程受付でいただいた、HQ5周年記念のノベルティグッズ↓です。何も知らずに訪れたこの日は『Headquarters 5th Anniversary』イベントの日でした。

R0010557R0010553

落ち着いた所で、登山後の汗を流しにシャワーへ。こちらのシャワーは“24時間・無料”で有り難いです。受付やストアがある建物にシャワーはあります。男女ごとに2つづつあり、もちろんとても綺麗、混雑する時間帯もありそうですが、我々の入った昼過ぎは誰も使っていませんでした。快適に使用でき、さっぱりできました。1つだけですが、ドライヤーも有り、助かりました。

Dscn1522R0010554

前回の初キャンプ後に購入した、ホームセンターコーナンで売っている『コーナンラック』を今回持参しました。キャンパーにはお馴染みの商品らしく、パタパタと折りたためて、キャンプサイトでは細々したものの整理にとても便利でした。

  初コーナンラックR00105521

夕方まで昼寝をして、陽が沈んできたので、焚火をして夕食にしました。

エチゴビール(売店で購入)R00105621

ジンギスカンをしてみました、ビールと良く合います。

R00105601R00105631

夕食後も、まったりと焚き火を楽しんでから、就寝。

    R0010572

翌日も良い天気です。やはりテントで寝ていると、明るくなると自然と起きるもので、6時前から焚き火をして朝食を食べました。撤収後にゴミステーションにゴミを捨てて、受付にファイルを返却してチェックアウト終了です。

Dscn1521_2

9:10にキャンプ場を出発しました。

新潟といえば、テレビで見たことがあったB級グルメの“イタリアン”を食べようと、『みかづき』が入っているイオンに寄りました。焼きそばの上にミートソースがかかったような『イタリアン』を堪能しました。時間が早かったので、渋滞すること無く夕方前に自宅に着きました。

  イタリアンR0010581

キャンプ中あまり見ないようにしていた、スノーピークのストア・・・もちろん見てきました。良い所だったけど、遠いしもう2度と来ないかな~と理由をつけて、ヘッドクウォーターズ限定のエコカップ&ステッカーを購入して帰ってきました・・・うーん限定品という言葉には弱い・・・しかし時間が経ってくると、また行きたいな~と思うようになり、また登山とセットで訪れたいです。

           Dscn1523_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2016年4月 7日 (木)

ふもとっぱらで初キャンプ

*キャンプ日*   2016年3月20日(日)~21日(月)

*メンバー*    夫・妻 計2名

*キャンプ場所*  ふもとっぱら(静岡県富士宮市)

待ちに待った春分の日の連休、土曜日が仕事の我々にとって貴重な連休です。キャンプができるチャンス到来で、富士山一望のキャンプ場、『ふもとっぱら』へ行ってきました。天気予報も2日間とも晴れマークです。理想は、キャンプをする初日の午前中に登山をしてから、キャンプ場に行くという事をしたいのですが、今回は不慣れな初心者キャンパー・・・なのでキャンプのみにしました。

高速の河口湖ICを降りてしばらくは、富士山の一部が見えていましたが、徐々に雲が増えていき、9時頃に到着した“ふもとっぱら”は、どんよりとした空模様になっていました。まずは受付で料金(3500円)を支払い、薪(500円)を購入しました。

     Dscn1504

こんな感じで広い草原のフリーのキャンプサイトで、どこに張ろうか迷ってしまいます。実際に現地に行ってみると、微妙な傾斜があり、よく見るといたるところに“鹿の糞”があります。まあ自然を楽しむのですから、それも含めての自然を楽しまないと・・・ですね。なんとか場所を決めて初設営、山のテントで慣れているからか、30分かからずに設営終了(全部ペグ打ちしてないからかな)

ここに↓どーんと富士山が見えるはず・・・でした。たまに薄日も差すので、そのうち晴れるだろうと、まずはコーヒーを沸かして休憩・・・。

  Dscn1505

         R00104602

お昼は、近くの道の駅に食べに行きました。いやー車を使って外出できる自由さに感激です。帰ってきて、念願の焚火に挑戦、焼き芋を作ってみると美味しくできました。

R0010464R0010465

昼寝をしたり、本を読んだりとのんびり過ごしました。なにせ、いつまで経っても富士山が顔を出さないので・・・そのうち雨も降ってきた・・・とほほ。

山ではアルファ米やラーメンが多いのですが、せっかくのキャンプなので、肉を焼いてみた、バーベキューソースに漬け込んで冷凍しておいたステーキ肉、普通に美味しかったです。寒いのでワイン一杯でビールは持って帰る事にしました。そしてお餅を焼いて海苔で巻いて食べて、お腹は満たされました。無料のお風呂もこのキャンプ場はあるそうですが、明日の帰りに温泉に寄ることして、さっさと寝てしまいました。

         R00104721

結局一晩中、雨は降ったりやんだりで寒かったのですが、寒さで目が覚める事はなく熟睡できました。本当は夜の寒さを心配していました・・・GWの雲取山や笠取山テント泊の経験がありましたが、寒くて寝れないのはつらいので、以下のように重ねまくりました。

地面

ブルーシート

テント

インナーマット(山用テントで使っているのでちょっと小さい)

銀マット(パタパタたためるタイプ、アマゾンで858円×2枚)

ブランケット(野球観戦で使っていた2枚を並べて敷き詰めた)

山用のサーマレストZライト2枚(短いので膝位まで)+インフレターマット(足元に使用)

シュラフカバー

シュラフ・夫(モンベル・アルパインダウンハガー650#5【リミット温度5度】)

シュラフ・妻(モンベル・ダウンハガー800Women's#【リミット温度-2度】)

シュラフシーツ(妻のみ『ナルゲンボトル湯たんぽ』使用)

という状態でポカポカでしたが、朝方トイレに行ってからは2人とも足元がちょっと寒く感じました。(上記の中で今回購入したのは、ブルーシート・テント・銀マットです)

そして翌朝も残念な空模様・・・やっぱり富士山は見えませんでした。

   R00104751

気を取り直して、夫に焚火を準備してもらい、私はワンバーナーでホットサンドを作り、カップ麺をスープ代わりにして、焚火のそばで朝食にしました。コールマンのホットサンドメーカーはこの日の為にアマゾンでポチっており、家で試し焼きしたら美味しかったのですが、外で食べるとさらに美味しかったです。(あまりにも美味しかったから、家でももっと使おうと思いました)寒々しい日でも焚火は暖かく、火を見ていると落ち着くので(ストレス溜まりすぎ?)焚火台を買って本当に良かったです。

R0010478R0010476

チェックアウトは14時までなので、ゆっくり撤収しようとも思いましたが、早くお風呂に入りたかったのと、どうも山での『早出早着き』が身についているようで、9時には撤収が終わってしまいました。西湖近くの『いずみの湯』に行き10時からの一番風呂に入り、さっぱりして気持ち良かったです。お風呂に入ってから分かりましたが、体と服が焚火臭くなっていたんだと・・・テントも臭くなり翌日休みの主人がベランダで干したり、ファブリーズかけたりと奮闘してくれました。

帰り道の河口湖IC近くの『小作』(河口湖店)に寄って、美味しい“ほうとう”を食べて帰りました。(我々はすぐに入れましたが、食事を終えた12時頃には、大行列ができていました)

R0010480R0010481

今回は、天気予報が大外れで残念でしたが、いつか、ふもとっぱらからの富士山を眺めたいです。次回は、日帰り登山&キャンプをしたいです。ふもとっぱらもいいし、田貫湖のキャンプ場も行ってみたい、北軽井沢のスイートグラスも気になるし・・・登山で山に泊まれるのは我々の山の力量では、7月~10月位なので(低山ではギリギリ5月)、これからは春や晩秋はキャンプに行けそうなので楽しみです。

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

|

2016年4月 3日 (日)

初キャンプ準備編

登山が趣味の私たちは、山を眺めるのも好きなので、富士山を一望できるキャンプ場を知り、キャンプをしてみたいな~と今年の1月頃から思うようになり、約2カ月をかけてリサーチ&準備をしました。

山でのテント泊はたまーにするので、道具は持っているものの、軽量化してる山用とキャンプ場での道具は長所短所が違うみたい・・・そうはいっても、先立つものも無いので、今あるものを最大限に使う事にしました。マット、寝袋、LEDランタン、バーナー類は山用の物を使い、昔BBQで使ったイスとタープが押入れの奥に眠っていたので、よしよしとこれも使えるな~と。

問題はテント・・・うちにあるアライテントは山には最高だけど、せっかく車で運べるのだからと、居住性の高いテントがどーしても欲しくなりました。調べに調べまくって、スノーピークのアメニティドームMが良いなと、安売りをしないスノーピークらしいのですが、ヤフオクで新古品?を定価より2割位安く買いました。

そしてベテランキャンパーの方のブログ等を、読みあさり・・・キャンプの楽しみは、『焚火』らしいと・・・そこで欲しくなった“スノーピークの焚火台”、商品の素晴らしさは分かったのだが、いかんせん高い・・・一旦は諦めたもののリサイクルショップで中古の焚火台を発見、かなり汚れていたのですが、一度使えばこんな感じなるのだと知り、これも定価より4割位安く購入しました。この焚火台には下にひくプレートや丈夫なケースは別売り・・・しかもやっぱり高い、なくてもいいかと思っていたが、調度良くスポーツオーソリティのセールのお知らせがイオンカードの明細と一緒に届いたので、15%OFFで購入しました。

   焚火台MImg_4402

焚火台に付属しているケースもありますが、ちょっと弱い作り、↓この専用ケースはとっても丈夫にできていて、買ってよかったです。

     専用ケースImg_44011

結局お金をかけてしまった大物は、スノピのテントと焚火台・・・でも我が家はピーカー(スノーピークの熱狂的ファンの事らしい・・・)ではないので、ここまでです。あとは安さを求め、ホームセンターでブルーシート、100均でトング・スノコ・チャッカマン、アマゾンで着火剤“文化たきつけ”や銀マット(寝床はこの銀マットと持っている山用のマットを重ねる予定)をポチッとして、と準備を進めていきました。

このトング↓は100均、革の手袋はホームセンタービバホームで1000円以下でした。この2つも、ちゃんとしたアウトドアメーカの物は何倍もする・・・節約して道具を揃えていくこと自体が、徐々に楽しくなってきました。

Img_4403Img_4404

そして初キャンプは、3/20~3/21に『ふもとっぱら』のキャンプ場に行ってきました。

『ふもとっぱらで初キャンプ』へつづく・・・

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|