トレッキング(日帰り)

2017年11月17日 (金)

日の出山(2017年10月)

*登山日*   2017年10月5日(木)

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 日の出山

*登山口*  つるつる温泉駐車場(東京都西多摩郡) 

10/8~10/9の第25回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)直前の10/5に『日の出山』を歩いてきました。なーんて、本当は寝坊して、近場の山に変更しただけなのですが、行ってみて↓この旗を見て、今回のハセツネレースが、日の出山も通るコースだと知ったのです・・・

  Dsc_0128

いつもの入山口、ここから入って行きます。

  Dscn2214_2

カエルのオブジェを見て、いつも通り↓ここから登山道に入っていきます。

Dsc_00941Dsc_00951_2

調度良い傾斜で登っていきます。

Dsc_0100Dsc_0103Dsc_0102Dsc_0114

来る度、整備されて進化していく階段を登り切って、山頂に到着。

     Dsc_0127_2

まあまあ良い眺めでした。

Dsc_0126

山頂でちょっと休憩して、さあ下山。

   Dsc_0131

開けた場所は、風が気持ちいいです。

Dscn2218

まだ秋の気配は無く、お花も楽しめました。

Dsc_01381Dsc_01201

下山して、つるつる温泉へ入浴&食事へ。

    Dsc_0141_2

夫は、メンズデーの『ワンコイン湯上りセット』で一杯。私も食事をして、登山&温泉の楽しい1日を堪能しました。

Dsc_0142Dsc_0143

《行程》

6:15自宅-7:49登山開始-9:24~9:35日の出山山頂-10:46登山終了-10:53~12:05つるつる温泉(入浴・食事)-13:25自宅

《ルート》

20171005_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2017年11月 9日 (木)

会津駒ケ岳

*登山日*   2017年9月21日(木) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 会津駒ケ岳

*登山口*  滝沢登山口(福島県桧枝岐村)

9/17~9/18で予定していた会津駒ケ岳(駒ノ小屋泊)を台風で中止した後、やっぱり行きたいな~と思っていました。天気が良い日を狙って、日帰りでもいいから行っちゃおうか・・・となり9/21に行ってきました。天気予報バッチリの晴れマークの日に行ったのですが、残念な空模様になってしまいました。

9/21、朝7時半頃に駐車場に到着しました。平日の為まだスペースは空いていました。休みの日はすぐ満車になり、路肩駐車になるようだったので、無事に停められて良かったです。トイレは駐車場近辺に無いので、この林道の入口か、手前の『道の駅 尾瀬檜枝岐』で済ませてくるといいです。

Dscn2199Dscn2198

通行止めのロープを進み林道をしばらく歩くと、左手に登山口が現れます。7:46この階段からスタートです。

  登山口Dscn2200

登りはじめは、時折陽が差してきたので、天気予報通りこの後晴れるんだろうと、信じきって歩いていました。

       Img_0007

しかし小雨が降り始めてしまい、キツイ登山になりました。テンションだだ落ちで歩いおり、ペースは遅く、やっと着いた『水場』・・・時間は9:43・・・登山口から2時間近くも経っていました。地図上のコースタイムは1時間半だった為、夫に『もう少しペースを上げようと』言われ、切れそうな気持を繋ぎとめて、山頂を目指します。

 水場Img_0013

しばらくすると、木道が出てきます。傾斜も徐々になだらかになってきます。

  Img_0019

駒ノ小屋が近づいてきても、ガスで視界が悪く何も見えません。突然↓駒ケ岳山頂への分岐の道標が現れて、駒ノ小屋もすぐ上にありました。小屋まで夫に離されながらも、なんとか歩きました。

    Img_0029

11:07駒ノ小屋に到着。こちらの自炊室を使わせてもらい、食事をすることにしました。すでに二組の方が休憩していて、我々もお湯沸かして、カップ麺とコンビニおにぎりでエネルギー補給しました。

  Img_0030

小屋の周りにはかわいいオブジェがあります。

Img_0031Img_0041

小屋の隣の立派なトイレ、とても綺麗で、壁に書かれたメッセージも可愛らしかったです。

Dscn2205Dscn2203

山頂ピストンへ行くので、荷物をデポさせてもらう事にしました。私(妻)のザックに付けておいた『GPS』を外して持参しようとしたら、え?無い、あれ?あれ?・・・え~どうしよう、落としたのかな?途中でザックカバーを付けた時に落としたのかも・・・かなりショックでしたが、仕方がないので・・・そのまま山頂へ向かいました。

小屋から約15分で山頂に到着しました。展望は無く、写真だけ撮って戻ります。

  山頂Img_0036

小屋に戻り、駒ノ小屋のお姉さんに『GPSを落としたようなので、もし届きましたら着払いで送ってもらえませか?』と言うと、心配してくれて快諾してくれました。落ちていないか見ながら下山開始しました。

  Img_0049

半分諦めつつでしたが、木道の途中にあるベンチに、GPSがありました。『あ~良かったぁ』と安堵しました。(駒ノ小屋のお姉さんには下山後に連絡し、『良かったですね~』と言ってもらいました。とても感じの良い方でした)

     Img_0050_2

GPSも見つかったので、気持ち良く降りていきました。

Img_0051Img_0052

雨もすっかりあがり、青空が見えてきました。そうそう今日の天気予報は、晴れなんだから、こうでなくっちゃって感じでした。

 Img_00631

遠くの山も見えてきました。

 Img_0065

登山口の階段に戻ってきました。14:46駐車場に到着し、登山終了。雨もあったし、落とし物騒動もあったし・・・けっこう疲れました。

Img_0071Img_0073

檜枝岐温泉には3件の公衆浴場があるそうですが、会津駒ケ岳の登山口から一番近い『駒の湯』へ寄りました。こぢんまりとしたお風呂でしたが、とても良いお風呂で大満足でした。

Img_0074Img_0077

帰りに今年の8/30にオープンしたばかりの、『道の駅 尾瀬檜枝岐』に寄って、観光協会でバッジを購入しました。(駒ノ小屋でも小屋オリジナルのバッジを購入)

天気予報が外れてしまい、雨の中登っている途中は、つらくてつらくて『もう二度と来たくない~』とまで思っていたのですが、帰ってくると、晴れたときにまた歩いてみたいな~と思ってしまうもので・・・山は不思議です。

《山バッジ》 

   ↓駒ノ小屋にて購入

   Dscn2207

  ↓道の駅 尾瀬檜枝岐(観光案内所)にて購入

   Dscn2208

《行程》

7:41駐車場出発-7:46登山口-9:43水場-10:50ベンチ-11:07~11:43駒ノ小屋(休憩)-11:59~12:03会津駒ケ岳山頂-12:36ベンチ-13:36水場-14:43登山口-14:46駐車場着

《GPSデータ》 *ベンチまでの往復

【移動距離】 7.664km

【所要時間】 7時間09分

20170921

《ルート》

20170921_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2017年10月29日 (日)

三頭山(H29年9月)

*登山日*   2017年9月18日(月) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 三頭山 

*登山口*  都民の森(東京都西多摩郡檜原村)

夏の鹿島槍から一か月以上経過し、やっと歩いた『三頭山』・・・本当は、17日18日と会津駒ケ岳に行く予定でしたが、台風18号接近では仕方ありません。翌日の18日が晴れたので、どこか歩こうとなったのですが、寝坊をした為、かなり遅い11:48から歩き始めました。

いつもの周回コースはやめて、三頭大滝経由のピストンにしました。↓この左側の階段を登っていきます。

   Dsc_0033

8月に御岳山に『レンゲショウマ』を見に行こうかと話していましたが、実現しなかったので、こちらでレンゲショウマを見れて良かったです。

 レンゲショウマDsc_0035

歩きやすい、ウッドチップの道を進みます。

Dsc_0036Dsc_0037

いつもはスルーしてしまう三頭大滝、寄ってみました。

    Dscn2193

   三頭大滝Dsc_0046

さあ、なまった体を動かして、山頂目指します。最近は逆回りで歩く事が多いので、なんだか違った雰囲気で新鮮でした。

 Dsc_0060

やっと、『ムシカリ峠』に到着、あと一登りです。

Dsc_0059Dsc_0062

 山頂Dsc_0067_2

山頂からの富士山は、雲がかかってましたが何とか見れました。

Dsc_00701

下山途中も、夏の名残でお花を楽しめました。

Dsc_0054Dsc_0079

 ヤマジノホトトギスDsc_0082

7度目の三頭山、いつ来ても歩きやすくて気持ちの良い山で、久しぶりに良い汗をかけました。

《行程》

11:48登山口-12:17三頭大滝-13:41~13:55三頭山山頂(休憩)-15:20登山口

《GPSデータ》 

【移動距離】 5.37km

【所要時間】 3時間02分

【累積標高差】 +430m  -496m

20170918

《ルート》

20170918_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2017年8月 6日 (日)

早池峰山~ハヤチネウスユキソウ~

*登山日*   2017年7月17日(月)海の日 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 早池峰山

*登山口*  小田越(おだごえ)登山口(岩手県花巻市)

海の日の連休に“早池峰山”登山を計画して早3年、毎回天気が悪く中止してましたが、今年はやっと行くことができました。当初16日(日)に登り、盛岡市内に宿泊して翌日ゆっくり帰る予定でした。16日の早朝に岳駐車場(マイカー規制の為ここからバス)に到着すると、雨が降っています・・・翌日の方が、天気が回復する可能性が有りそうだと判断し、17日に賭けてみました。

17日の海の日、盛岡駅前のビジネスホテルで朝食バイキングを食べてから、車で約1時間の岳駐車場へ向かう道中、青空も見えたのですが、駐車場に到着すると曇り空です。シャトルバスに乗り換えて“小田越登山口”に到着すると、雨・・・え?今日も雨か・・・と思いましたが、まぁ仕方ない、ゆっくり安全に登る事にして、身支度を整えます。こちらには無料の仮設トイレがあります。登山口には指導員の方がいてマナーガイドを渡してくれたり、『登山名簿に記載してくださいね』と声を掛けてくれたりします。我々は持参した登山届があったのでそちらを提出しました。

Dscn2083Dscn20821

雨は小降りなので、ザックカバーと上着のみレインウエアを着て、8:40出発しました。最初は木道が続きます。上手くカットされてる木道で滑りずらくできてます。尾瀬の木道もこれにすればいいのに・・・などと話しながら進みます。

   Imgp0116_2

歩きだして20分位で雨が上がったようなので、レインウエアを脱ぎました。そして9:14に1合目を通過、この後、各合目の標識に気付かない場所もありましたが、山頂の10合目まで目安になりました。

    1合目Imgp0125

樹林帯を抜けると岩がゴロゴロした道になり、風が強くなってきました。

   Dscn20881

これが“ハネウスユキソウ”かな~とパシャリ・・・後々違うと分かります。(↓こちらはミネウスユキソウ)

Imgp02041Dscn20891

風が強いのですが、そのおかげで雲が流れて、青空と遠くの景色が見えてきました。

Imgp0136

バタバタと風がザックカバーを揺らして、濡れいたザックカバーもすっかり乾きました。

   Dscn20921

高度を上げていくと、先程のとは違う感じの花が・・・ありました、ありました、“ハヤチネウスユキソウ”まさに薄っすら雪を被ったような感じです。早池峰山の固有種“ハヤチネウスユキソウ”は、山頂までの登山道脇で見る事ができました。ただ風が強く、なかなか撮影するのが難しかったです。

ハヤチネウスユキソウImgp01831_4

さらに風に耐えながら岩場の砂礫地を登っていくと、ハシゴが現れます。傾斜は緩く高度感は無いと聞いていましたが、私は少し(特に下りが・・・)怖かったです。(もちろん夫は、全然怖くないよと、感想は個人差がありますので、参考までに・・・)

   Imgp01841

ハシゴを通過すれば、程なくして剣ヶ峰との分岐の“九合目”に出ます。そこからは木道のなだらかな道になり、風も弱くなり、ここではお花も撮影しやすく、歩いていても楽しい場所でした。

    Imgp0179

避難小屋が見えてくれば、もう一登りで山頂です。

    Dscn21032

11:07、早池峰山山頂に到着。

      山頂Imgp0167

山頂には登山者が結構いましたが、広々していて休憩するには困らない感じでした。山頂にもハヤチネウスユキソウは可愛らしく沢山咲いていました。

    Imgp01681_2

避難小屋で休憩しました。前日に買った、盛岡の『福田パン』と牛乳でエネルギー補給、有名な福田パンですが、前日は調理パンを食べて、翌日まで賞味期限がある甘いパンを山頂で食べました。どちらも美味しかったです。

Imgp0161Imgp0173

避難小屋には、登頂記念のスタンプが置いてあり、しっかり押してきました。

     Imgp01721

11:30下山開始です。↓ここが、剣ヶ峰との分岐の九合目です、右手の小田越方面へ降りていきます。

  Imgp01801

道中ハヤチネウスユキソウだけではありません、色々な植物が目を楽しませてくれました。

Dscn20981Imgp01991Imgp02011Imgp01531

登りの時より、強い風は収まってきましたが、そこそこの風は吹いていました。

   Dscn2114

視界が効くようになり、真正面の薬師岳が見えてきました。真ん中の白くポチっと見えるのが、小田越山荘の屋根で、あそこが小田越登山口です。

  Imgp01941

そして右奥が駐車場方面で↓そちらも見えてきました。

  Dscn2115

ゴールまであと少し、行とは違う木漏れ陽の中、気持ち良く歩きました。

Imgp0211Imgp0214

13:32登山終了。13:42発のシャトルバスで岳駐車場に戻りました。岳駐車場から少し戻った場所にある『峰南荘』さんで、手ぬぐい・バッジを購入しました。

    Imgp0221

帰り道、大迫町の『ぶどうの湯』で日帰り入浴を利用しました。温泉では無いそうですが、500円とお安く、とても良いお風呂でした。そして、お風呂上りに傍にある『ミルク工房ボンディア』でソフトクリームを食べてから、埼玉まで帰りました。

Imgp0219_3Imgp0220

今回、やっと登れた“早池峰山”、やっと見れた“ハヤチネウスユキソウ”に大満足の海の日登山になりました。

《山バッジ》 峰南荘にて購入

Dscn21201Dscn21211

《行程》

8:00岳駐車場(バス乗車)-8:25小田越(バス停到着)-8:40小田越登山口(登山開始)-11:07~11:30山頂(休憩)-13:32小田越(登山終了)-13:42バス発-

《GPSデータ》 *山頂付近で一部記録ロス有り(距離・時間は参考値)

【移動距離】 5.471km

【所要時間】 4時間38分

【累積標高差】 +855m  -865m

20170717

《ルート》

20170717_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2017年7月23日 (日)

入笠山~すずらん観賞~(2017年6月)

*登山日*   2017年6月22日(木) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 入笠山

*登山口*   沢入登山口(長野県富士見町)

4年前(2013年)にも入笠山のすずらんを見に行きましたが、この時期の登山場所として候補に挙がったので、再び行ってきました。

8:30沢入登山口から出発、山頂へのピストンコースです。

    Dscn2043

登山口から1時間位で↓鹿よけのゲートが現れると、入笠湿原に到着します。

    Imgp0042

湿原に入ると、コナシ(ズミ)が咲いてます。まるで白い桜のようで綺麗でした。

 コナシ(ズミ)Imgp0045

入笠湿原は、いつ来ても気持ちの良い場所です。

Imgp0049Imgp0048

今回も綺麗に咲いていました。湿原の『クリンソウ』、御所平の『すずらん』。

Imgp00521Dscn20501

旧スキー場の御所平のお花畑は、すずらんの群生地で、上部にはレンゲショウマが沢山咲いていました。

Dscn20571

山頂まで岩場コースで、↓この分岐から約15分で山頂に到着します。

Imgp0069Imgp0084

10:28入笠山山頂到着。360度の大パノラマを楽しめる入笠山・・・青空は少ないけど、富士山も見えているし、展望はたっぷりと楽しめました。

 富士山Imgp0074

 八ヶ岳Imgp0075

 北アルプスImgp0077

 南アルプスImgp0082

山頂で小休止してから、お腹が空いているので、マナスル山荘を目指して下山します。

  Dscn2072

マナスル山荘に到着。新しくなってから寄るのは初めてです。

Imgp0090Imgp0091

こちらの『きなこ餅』が好きで何回か寄った事がありましたが、新しくなっての名物はビーフシチューのようなので、頼んでみました。嵐の桜井君の席・V6の岡田君の席というのがあった(どうも以前TV番組でお忍び登山にきたらしい・・・)空いていたので、こちらに座っていただきました。最初に出していただいた、お漬物とお茶が美味しくて、嬉しかったです。そしてアツアツの鍋に入ったビーフシチュー、良く煮込まれています。寒い次期はさらに美味しいかと思います。

Imgp00951Dscn2074_2

たっぷり休憩できたマナスル山荘を出発して、下山です。サクサクと降りて行き、山荘から1時間で沢入登山口に到着し、12:24登山終了しました。

Dscn2075Dscn2078

今回のお風呂は、入笠山帰りに何回か寄っている、『道の駅・信州蔦木宿』の“つたの湯”にしました。こちらの売店でお野菜を沢山買って帰りました。特に『トウモロコシ』は甘くて最高に美味しかったです。

道の駅 信州蔦木宿Imgp0100

《山バッジ》 マナスル山荘にて購入

Dscn20801Dscn20791

《行程》

8:30沢入登山口(登山開始)-9:34入笠湿原-10:28~10:37入笠山山頂-11:00~11:25マナスル山荘(食事)-12:24沢入登山口(登山終了)

《GPSデータ》

【移動距離】 7.571km

【所要時間】 3時間46分

【累積標高差】 +867m  -776m

20170622

《ルート》

20170622_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2017年7月10日 (月)

三頭山(2017年6月)

*登山日*   2017年6月15日(木) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 三頭山

*登山口*  都民の森(東京都西多摩郡檜原村)

GWの雲取山の後、5月は思ったように登山が出来ませんでした。それでも、午前中だけなら時間がとれるので、と行ったのが・・・

5/14(日)高尾山(東京都八王子市)と、

5/21(日)多峯主山(埼玉県飯能市)です。

高尾山と多峯主山は何度か歩いているし・・・と理由を付けてブログ記事を割愛しました。(実はなんだか多忙で記事作成が追い付かない・・・歩くのもブログを書くのも遅い私・・・)

という事で、6月に入ってやっとのトレッキング、三頭山を歩きてきました。天気予報は曇り優勢の晴れでしたが、朝のうちは青空も見えました。

  Imgp0001

10:12、気持ち良く歩き始めます。

  Imgp0003

いつもの、反時計回りで山頂へ向かいます。

Imgp0006Imgp00151

見晴台からの景色、かなり霞んできてます。

Imgp00121

平日で、歩いている人は少なかったです。

   Imgp0014

11:59山頂に到着。すっかり曇ってしまい、山頂からの富士山は見れませんでした。三頭大滝の方から登る人が多いからか、山頂には思ったより人数がいて、一つだけ空いていたベンチで休憩しました。

     山頂Imgp0018

カステラと牛乳でおやつタイムしてから、さて下山。(保冷剤付けて牛乳持参したら、とても美味しかった)

        Imgp00191_2 

13:10三滝大滝の見れる、『滝見橋』に到着しました。 

滝見橋Dscn2038_2

13:25、駐車場に到着して登山終了です。

   Imgp00251

三頭山から近い『数馬の湯』に寄りました。入浴後は食事処で、以前も食べた『舞茸天ぷら&お蕎麦』を注文し、やっぱり美味しい~と満足して帰りました。

Imgp0026Imgp00281

《行程》

10:12登山開始-11:59~12:12三頭山山頂-13:10滝見橋-13:25登山終了

《GPSデータ》

【移動距離】 5.669km

【所要時間】 3時間13分

【累積標高差】 +876m  -919m

20170615

《ルート》

20170615_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

2017年5月18日 (木)

予定変更で『子ノ権現ハイク』

*登山日*   2017年4月20日(木) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 子ノ権現 

*登山口*  東郷公園第一駐車場(埼玉県飯能市)

寝坊をしてしまい予定していた『武甲山&豚丼』を中止した平日の朝・・・どこか短い距離でいいから歩こうと、『天覧山・多峯主山』へ向かいました。しかし、いつも利用させてもらう飯能市民会館の駐車場が、イベントらしく使用不可とのことで、子ノ権現へとさらに予定変更しました。以前も歩いた事がありますが、東郷公園の駐車場を利用させてもらい、子ノ権現までピストンします。

しばらく舗装路を歩き、↓この橋を渡って登山道に入っていきます。

   Imgp8655

陽射しが気持ち良いです。  

      Imgp8657

一旦、林道に出れば、子ノ権現まであと少しです。

    Imgp8658

誰もいない静かな参道です。

   Imgp8665

御朱印帳を持参していたので、御朱印をいただきました。待っている間、猫ちゃんが中から出てきて癒されました。

Imgp86691Imgp86701

    Imgp8671_2

『足腰守護の神仏』の子ノ権現天龍寺・・・これからの登山の安全を祈願してきました。

  Imgp8674

来た道を戻り、サクッと下山しました。今回、武甲山は諦めましたが、平日だし豚丼は食べたいね~ということで車を秩父に走らせました。(休日は混雑必死なので・・・)それでも人気のお店なので、平日でも駐車場は満車でした。少し待ってから車を停めて、もちろんお店も名前を書いて順番を待ち、念願の豚みそ丼をいただきました。やっぱり美味しい、待ってでもまた食べたいですね。

Imgp8682Imgp8681

《行程》

10:15登山開始-12:37登山終了

《GPSデータ》

【移動距離】 6.754km

【所要時間】 2時間29分

20170420

《ルート》

20170420_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

|

2017年5月11日 (木)

奥武蔵で春満喫ハイク(ユガテ~顔振峠)

*登山日*   2017年4月16日(日) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* ユガテ-顔振峠 

*登山口*  東吾野駅(埼玉県飯能市)

奥武蔵で歩いたところのない所を探し地図を眺めていると、顔振峠(こうぶりとうげ)は、どうかな?と候補に挙がりました。正確に言えば、私も夫も小学生の遠足で行ってるので、歩いた事はあるのですが、大人になって山歩きをするようになってからは行ってなかったので、東吾野駅を起点にユガテ~顔振峠を経て、吾野駅まで歩くコースで行ってきました。

東飯能駅そばのタイムズに車を停めて、東吾野駅まで電車で移動します。日曜日の秩父行の電車はザックを持ったハイカーでいっぱいでした。

Imgp85981_3Imgp85992

東吾野駅でも沢山の人が降りたので、駅前のトイレに列ができており、少し時間がかかりましたが、身支度を整えて出発です。福徳寺を右に見て進むと、左側には大きな桜の木がありました。

   Imgp8601

しばらく舗装路を進み、右側の『鎌北湖・ユガテ』の道標を入り、登山道になります。

    Imgp8610

山里の桃源郷『ユガテ』に到着、初めて来たユガテ・・・感想は『こういう所なんだ~』という感じで、のどかな雰囲気でホッとするような場所でした。

  ユガテImgp86131_2

ユガテのしだれ桜Imgp86141_2

民家の庭先を抜けて、また登山道へ、まずエビガ坂へ進みます。

    Dscn1988

エビガ坂が分岐になっていて、右は鎌北湖への道、左の顔振峠方面へ。飯能市から毛呂山町に入ったようで、道標に『もろ丸くん』が・・・可愛いです。

Imgp86291Dscn1991_2

アップダウンを繰り返し、奥武蔵らしい登山道が続きます。

   Dscn1989

色んな花が咲いていました。

Imgp86111Imgp86041Imgp86151Imgp86171

途中に現れた↓この看板、ここは開けていて良い眺めでしたが、霞んでいてスカイツリーは見えませんでした。

      Imgp86371

無事に顔振峠に到着。登山者以外にも、車、バイク、自転車と色んな方法で来れるので、賑っていました。

     顔振峠Imgp8643

顔振峠の平九郎茶屋で“タラの芽の天ぷら”を注文、とても美味しかったです。

     Imgp8640_2

休憩後、ゴールの吾野駅へ下山開始です。降り始めてすぐの景色↓“桜・山間の集落・遠くに武甲山”1枚の絵のようで良い眺めでした。

Imgp86471

吾野駅発の電車が、この時間帯は1時間に2本なので、気にしながら歩き、最後は小走になりました。結局、乗ろうと思った電車には間に合い、東飯能駅まで戻りました。街の桜は終った時期でしたが、山あいの桜は満開で、春を満喫したハイキングになりました。

《行程》

8:56東飯能駅-9:10東吾野駅-9:20登山開始-10:13ユカデ-12:24~12:40顔振峠(休憩)-13:25登山終了-13:37吾野駅-13:51東飯能駅-14:40~15:30入間湯の市(入浴)

《GPSデータ》

【移動距離】 11.206km

【所要時間】 4時間05分

【累積標高差】 +1133m -1099m

20170416

《ルート》

20170416_4

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年5月 7日 (日)

太平山・晃石山~謙信平でお花見セット~

*登山日*   2017年4月13日(木) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所*  太平山・晃石山 

*登山口*   太平山自然公園・あじさい坂駐車場(栃木県栃木市)

10年以上前に一度行った事のある、桜の名所として有名な“太平山”、『ハイキングとお花見を兼ねて、また行きたいね~』と、ここ数年候補に挙がっている場所です。混雑を避けようと、4/9までの“さくらまつり”が終わった後の平日、4/13に行ってきました。

   Imgp85461

あじさい坂駐車場に車を停めて、太平山神社への長い階段を登ります。

Imgp85471Imgp85571_2

太平山神社からは展望も良く、ちょっと霞んでますが筑波山が見えました。

  Imgp8563

神社の横に登山口があり、ここを入って行きます。

   Imgp8564

道標は所々にあり、晃石山まで迷うことなく進めます。

Imgp8566Imgp8567

晃石山山頂に到着。先日行った、三毳山が見えました。

  Imgp8572

来た道を戻りますが、途中から林道に入り、“謙信平展望台”方面へ向かいました。

Imgp8576

謙信平では見頃が過ぎたとはいえ、まだまだ桜を楽しめました。

Imgp8583

謙信平には茶店が並び、太平山名物の『団子・卵焼き・焼き鳥』がいただけます。我々は以前食べてから、“お花見セット”と名付け、『お花見セットまた食べたいな~』と思いを募らせていたので、念願が叶い、桜を眺めながら美味しくいただきました。

Imgp85841Imgp85821Imgp85901_2Imgp85871Imgp85881Imgp85811

のんびり休憩した後、あじさい坂駐車場まで戻りました。

今回はGPSを忘れてしまい、何キロ歩いたか分かりませんでした。来年も同じコースを歩いてGPSデータを取りたいと思います。

《行程》

9:10登山開始-9:32~9:39太平山神社-10:34~10:40晃石山山頂-11:32~12:07謙信平(休憩)-12:25登山終了

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

|

2017年4月24日 (月)

御岳山ロックガーデン散策

*登山日*   2017年4月6日(木) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 御岳山ロックガーデン 

*登山口*  御岳登山鉄道(東京都青梅市)

前々回の山行(3/23)で、ロックガーデンの予定を日の出山に変更したので、改めてロックガーデン散策に行ってきました。今回もケーブルカー利用で、御岳山神社へ向かいますが、先日行ったばかりだったので、今回は御岳山山頂はスルーしてロックガーデンに進みました。

  Img_0190

長尾平入口から、“七代の滝”方面へ。

Img_0191Img_0194

急な登山道を下りきると、七代の滝に到着します。

   七代の滝Img_0195

誰もいなかった七代の滝、たっぷりと観賞してから、ロックガーデン方面へ。

        Img_01991

鉄ハシゴを何本か登りきると、天狗岩に出ます。

   天狗岩Img_0201_2

天狗岩の先は、大きな岩がゴロゴロとした沢沿いの道、このロックガーデンを歩くのはとても気持ち良いです。これから新緑の季節になれば、さらに気持ち良いだろうな・・・と思います。途中にトイレやベンチのある休憩所があり、ここでザックを下しておやつタイムにしました。

Dscn1983

休憩所からしばらく登り、綾広の滝に到着。

 綾広の滝Img_0204

綾広の滝から一登りで、やはり休憩所のある分岐に出るとロックガーデン終了です。この分岐を右に進み御岳神社方面へ戻ります。途中に大きくて立派な“天狗の腰掛け杉”の前を通ります。

  天狗の腰掛け杉Img_02111

ケーブルカーで下山。

   Img_0213

今回のお風呂は奥多摩の“もえぎの湯”です。自宅とは逆方向ですが、平日だから空いてるだろうし、という事でこちらで入浴・食事をして帰りました。

 もえぎの湯Img_0214

Img_0216Img_0218

《行程》

8:50自宅-10:16駐車場-10:21ケーブルカー乗車-13:15ケーブルカー乗車-13:47~14:50もえぎの湯-16:30自宅

《GPSデータ》

【移動距離】 6.004km

【所要時間】 2時間40分

20170406

《ルート》

20170406_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

|

より以前の記事一覧