« 入笠山~すずらん観賞~(2017年6月) | トップページ

2017年8月 6日 (日)

早池峰山~ハヤチネウスユキソウ~

*登山日*   2017年7月17日(月)海の日 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 早池峰山

*登山口*  小田越(おだごえ)登山口(岩手県花巻市)

海の日の連休に“早池峰山”登山を計画して早3年、毎回天気が悪く中止してましたが、今年はやっと行くことができました。当初16日(日)に登り、盛岡市内に宿泊して翌日ゆっくり帰る予定でした。16日の早朝に岳駐車場(マイカー規制の為ここからバス)に到着すると、雨が降っています・・・翌日の方が、天気が回復する可能性が有りそうだと判断し、17日に賭けてみました。

17日の海の日、盛岡駅前のビジネスホテルで朝食バイキングを食べてから、車で約1時間の岳駐車場へ向かう道中、青空も見えたのですが、駐車場に到着すると曇り空です。シャトルバスに乗り換えて“小田越登山口”に到着すると、雨・・・え?今日も雨か・・・と思いましたが、まぁ仕方ない、ゆっくり安全に登る事にして、身支度を整えます。こちらには無料の仮設トイレがあります。登山口には指導員の方がいてマナーガイドを渡してくれたり、『登山名簿に記載してくださいね』と声を掛けてくれたりします。我々は持参した登山届があったのでそちらを提出しました。

Dscn2083Dscn20821

雨は小降りなので、ザックカバーと上着のみレインウエアを着て、8:40出発しました。最初は木道が続きます。上手くカットされてる木道で滑りずらくできてます。尾瀬の木道もこれにすればいいのに・・・などと話しながら進みます。

   Imgp0116_2

歩きだして20分位で雨が上がったようなので、レインウエアを脱ぎました。そして9:14に1合目を通過、この後、各合目の標識に気付かない場所もありましたが、山頂の10合目まで目安になりました。

    1合目Imgp0125

樹林帯を抜けると岩がゴロゴロした道になり、風が強くなってきました。

   Dscn20881

これが“ハネウスユキソウ”かな~とパシャリ・・・後々違うと分かります。(↓こちらはミネウスユキソウ)

Imgp02041Dscn20891

風が強いのですが、そのおかげで雲が流れて、青空と遠くの景色が見えてきました。

Imgp0136

バタバタと風がザックカバーを揺らして、濡れいたザックカバーもすっかり乾きました。

   Dscn20921

高度を上げていくと、先程のとは違う感じの花が・・・ありました、ありました、“ハヤチネウスユキソウ”まさに薄っすら雪を被ったような感じです。早池峰山の固有種“ハヤチネウスユキソウ”は、山頂までの登山道脇で見る事ができました。ただ風が強く、なかなか撮影するのが難しかったです。

ハヤチネウスユキソウImgp01831_4

さらに風に耐えながら岩場の砂礫地を登っていくと、ハシゴが現れます。傾斜は緩く高度感は無いと聞いていましたが、私は少し(特に下りが・・・)怖かったです。(もちろん夫は、全然怖くないよと、感想は個人差がありますので、参考までに・・・)

   Imgp01841

ハシゴを通過すれば、程なくして剣ヶ峰との分岐の“九合目”に出ます。そこからは木道のなだらかな道になり、風も弱くなり、ここではお花も撮影しやすく、歩いていても楽しい場所でした。

    Imgp0179

避難小屋が見えてくれば、もう一登りで山頂です。

    Dscn21032

11:07、早池峰山山頂に到着。

      山頂Imgp0167

山頂には登山者が結構いましたが、広々していて休憩するには困らない感じでした。山頂にもハヤチネウスユキソウは可愛らしく沢山咲いていました。

    Imgp01681_2

避難小屋で休憩しました。前日に買った、盛岡の『福田パン』と牛乳でエネルギー補給、有名な福田パンですが、前日は調理パンを食べて、翌日まで賞味期限がある甘いパンを山頂で食べました。どちらも美味しかったです。

Imgp0161Imgp0173

避難小屋には、登頂記念のスタンプが置いてあり、しっかり押してきました。

     Imgp01721

11:30下山開始です。↓ここが、剣ヶ峰との分岐の九合目です、右手の小田越方面へ降りていきます。

  Imgp01801

道中ハヤチネウスユキソウだけではありません、色々な植物が目を楽しませてくれました。

Dscn20981Imgp01991Imgp02011Imgp01531

登りの時より、強い風は収まってきましたが、そこそこの風は吹いていました。

   Dscn2114

視界が効くようになり、真正面の薬師岳が見えてきました。真ん中の白くポチっと見えるのが、小田越山荘の屋根で、あそこが小田越登山口です。

  Imgp01941

そして右奥が駐車場方面で↓そちらも見えてきました。

  Dscn2115

ゴールまであと少し、行とは違う木漏れ陽の中、気持ち良く歩きました。

Imgp0211Imgp0214

13:32登山終了。13:42発のシャトルバスで岳駐車場に戻りました。岳駐車場から少し戻った場所にある『峰南荘』さんで、手ぬぐい・バッジを購入しました。

    Imgp0221

帰り道、大迫町の『ぶどうの湯』で日帰り入浴を利用しました。温泉では無いそうですが、500円とお安く、とても良いお風呂でした。そして、お風呂上りに傍にある『ミルク工房ボンディア』でソフトクリームを食べてから、埼玉まで帰りました。

Imgp0219_3Imgp0220

今回、やっと登れた“早池峰山”、やっと見れた“ハヤチネウスユキソウ”に大満足の海の日登山になりました。

《山バッジ》 峰南荘にて購入

Dscn21201Dscn21211

《行程》

8:00岳駐車場(バス乗車)-8:25小田越(バス停到着)-8:40小田越登山口(登山開始)-11:07~11:30山頂(休憩)-13:32小田越(登山終了)-13:42バス発-

《GPSデータ》 *山頂付近で一部記録ロス有り(距離・時間は参考値)

【移動距離】 5.471km

【所要時間】 4時間38分

【累積標高差】 +855m  -865m

20170717

《ルート》

20170717_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 入笠山~すずらん観賞~(2017年6月) | トップページ

トレッキング(日帰り)」カテゴリの記事

山域別(北東北)」カテゴリの記事