« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

美ヶ原(2016年年末)

*登山日*   2016年12月30日(金)~12月31日(土) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 美ヶ原 

*登山口*  王ヶ頭ホテル(長野県松本市)

年末年始の休みを利用して、2年振りの美ヶ原へ行ってきました。年末年始といっても、年始は夫が仕事なので、いつも年末旅行になってしまいます。過去に美ヶ原で3回スノーシューをしているので、今回も持っていく予定でしたが、数日前ホテルからの宿泊確認の電話で、今は雪が少ないらしく、軽アイゼンを持っていきました。

今シーズンから、冬季集合場所が変更になり、マイカー組は『美鈴湖』という初めての場所が集合場所です。ナビの案内も変わり、以前のワイナリーは中央道の案内でしたが、今回は上信越道の案内になりました。まあ迷うことなく、道中凍結した箇所がチョットだけありましたが、無事に美鈴湖の駐車場に着きました。そこからホテルのバス(12:15発の1便目)に揺られること約50分で、美ヶ原高原に連れて行ってもらえます。

    Imgp0216

チェックインして、ホテル内で昼食を食べてから、美しの塔まで散策しました。アタックザックに行動食・サーモス・軽アイゼンを入れて、ツボ足で歩き始めました。滑りそうだったら軽アイゼンを使う予定でしたが、最後まで使わずに済みました。

Imgp0224Imgp0219

青空の下、歩いていて気持ち良かったです。聞いていたとおり雪が少ない・・・スノーシューが出来た年は、かなり埋まっていた柵がほとんど出ています。

振り返っての“王ヶ頭ホテルと鉄塔群”↓雪が少なくてもこの景色を見れば、来て良かった~と笑顔になります。

Imgp0222

ホテルから約40分で“美しの塔”に到着。中に鐘があり、引いて鳴らせます。

Imgp02291Dscn18491_4

来た道を帰ります。途中↓“槍穂高”の稜線がきれいに見えました。

   Imgp02361

そして王ヶ頭ホテルに着いたら、正面玄関とは反対側にまわり王ヶ頭へ、平坦なように見えるのすが、ここが美ヶ原の最高地点の頂上です。

   頂上Imgp02421_2

部屋へ戻り、汗を流しに貸し切り展望風呂へ、広大な雪原を見渡せるお風呂は最高です。

  展望風呂Rimg0247

御嶽と乗鞍の間に沈んでく夕陽が、部屋から見れました。美ヶ原で夕陽を見れたのは初めてでした。

Img_4452

毎度、お腹が一杯になってしまう夕食・・・今回もパンパンになりながらも美味しくいただきました。

R0010609R0010604

翌日の12/31、日の出を見るためにホテル前のテラスに出ると、富士山がきれいに見えて、朝焼けもきれいです。

  Imgp0270

寒い中テラスには人が増えてきて、6:56ご来光となりました。

Imgp0278

朝食後、部屋で少し休んでから、9:30チェックアウトし、王ヶ鼻まで散策へ向かいました。この日も軽アイゼンは付けずに、ツボ足で歩きました。

  Imgp0301

以前よりも、道が広くなっているような・・・気がします。

Imgp0307_2

ゆっくり歩いても30分程で、王ヶ鼻へ到着します。

王ヶ鼻Imgp0311

王ヶ鼻からは、松本平と北アルプスの絶景が眺められます。

Imgp0313

しばらく山座同定を楽しんでから、来た道を戻ります。今回初めて、途中から王ヶ頭への分岐を入ってみました。踏み固められた細い登山道で、少し凍っていましたが滑ることなく無事にホテルに戻りました。

Imgp0321Imgp0323

チェックアウトしているので部屋には入れませんが、13時のバスの時間まで、お風呂に入り昼食を食べて過ごしました。

R0010623R0010626

帰りも美鈴湖までバスで送迎してもらい、埼玉まで車を走らせ帰宅しました。今回も王ヶ頭ホテルと美ヶ原に癒された旅になりました。何度来ても、また来たいと思う王ヶ頭ホテル・・・また行けるように、一年頑張って働きます。

《山バッジ等》 王ヶ頭ホテルで購入

Dscn1859Dscn1857

《行程》

12/30 14:02散策開始-14:45美しの塔-15:39王ヶ頭-15:43散策終了

12/31 9:45散策開始-10:12王ヶ鼻-10:48散策終了

《GPSデータ》

【移動距離】 7.607km (12/30 4.584km)(12/31 3.023km)

【所要時間】 2時間41分 (12/30 1時間38分)(12/31 1時間03分)

2016123031

《ルート》

2016123031_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

|

2017年1月19日 (木)

小浅間山ハイキング&北軽井沢スウィートグラス

*登山日*   2016年12月22日(木)

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 小浅間山

*登山口*  峰の茶屋(長野県北佐久郡軽井沢町)

北軽井沢スウィートグラスでのキャンプを11/22~11/23で計画していました。当初はテント泊の予定でしたが、寒そうだな~とキャビン泊に変更、ところが54年振りの関東地方の初雪との予報にビビッてしまい(スタッドレスだけど山道は不安だな・・・と)結局、当日にキャンセルをしたので100%キャンセル料を支払いました。このキャンセル料は次回の割引券(半年以内)になるので、早速割引券を利用しようと、12月のクリスマス前に行ってきました。

予約をした12/22は午後から雨の予報・・・雪じゃ無いし、キャビン泊だからと今回はキャンセルせず決行にしました。キャンプ前に小浅間山をハイキングしたかったので、雨が降ってなかったら歩く予定で、登山口の峰の茶屋に8時過ぎに到着しました。

峰の茶屋の向かいに5台位車が停められるスペースがあると聞いていたのですが、思ったより小さなスペースでした。なんとか雨は大丈夫そうなので身支度をして、峰の茶屋の脇の公衆トイレを利用してから、8:17に出発しました。登山口からすぐに東大火山観測所があり、その横を進んでいきます。

  Dscn1833_2

こんな天気で平日の為か、歩いているのは我々のみ、なだらかに林道を歩いていきます。

 Rimg0155

視界が開けてきたら、岩に→が書いてある場所に出るので、右側の山頂方面へ。ここから足元は火山砂礫で歩きにくくなります。

Dscn1834Rimg0157

歩きにくい道を歩いていると、右奥に軽井沢プリンススキー場が見えてきて、雲の切れ間から陽が差していて、薄ピンクに染まった空が綺麗でした。天気は期待していなかったので、この景色を見れただけで、来て良かった~と大満足でした。

Dscn18351

ズルズルと滑ってしまいますが、一歩一歩小股で登ります。

    Dscn1836

9:03小浅間山山頂に到着。帰宅してGPSデータを見て気付きましたが、最高地点はこの奥にあったようです。

  山頂Rimg01701

下山開始、来た道を戻ります。浅間山はかろうじて見えていますが、今にも雲の中に飲み込まれそうです。

  Rimg0175_3

9:35登山口に戻りました。出発時↓こちらの登山カードに記入してから歩きました。

 登山口Rimg0179

スウィートグラスのチェックインは14時、時間はたっぷりあるので、温泉に入ろうと車を走らせました。嬬恋高原の“つつじの湯”に行ったら定休日・・・(水曜が定休日だとリサーチ済みで、木曜日に行ったのに残念・・・)どこかにお風呂ないかな~と見つけたのが、“嬬恋バラギ温泉・湖畔の湯”、今度は定休日を電話で確認してから向かいました。11時オープンと同時に入ったので誰も入っていない一番風呂で最高でした。

Rimg0180Rimg0181

その後北軽井沢に戻り、“浅間牧場茶屋”という所で昼食を食べてから、いよいよスウィートグラスへ。14時まで少し時間があったので、場内を少し散策しました。今度来るときはどこのテントサイトがいいかな~と傾斜なども下調べ・・・そしてツリーハウスなど可愛らしい建物があり、家族連れにはたまらない場所だなと実感しました。

Rimg0201Rimg02021_2 Rimg02061Rimg0212

14時になったので、今回利用する『USログキャビン』へ。初めて使う薪ストーブに、楽しみと不安が半々ですが・・・冬は宿泊代に1泊分の薪が含まれていて助かります。夫に任せていた薪ストーブ・・・初めての割には、難なく火は安定の温度まで達し、キャビン内は暖かくなりました。といってもこの日は12月にしては気温の高い日だそうで、施設の方も『気温が-にならないのは、この時期にしては暖かいのですよ!』とのこと。

Rimg0215Rimg0222

キャビン泊は快適ですが、そこはキャンプ場・・・食事は自分たちで用意しなくてはなりません。夕食は、スウィートグラス名物の『まるまる丸鶏』を食べる予定です。予約してあるので16時になったら、受付に材料を取りに行きます。ダッチオーブン付きの4人前で3,400円です。2人で食べるのでこれだけでお腹一杯になるだろうと、他のメニューは燻製を少々と非常食にカップ麺とお餅を持参してます。キャビンに付いているバーベキューグリルで、じっくり煮詰めていきます。

Rimg0219Rimg0227

想像以上に美味しかった、まるまる丸鶏・・・持参した燻製器で作ったベーコンとチーズの燻製も美味しかったです。やっぱりお腹いっぱいになったので非常用のカップ麺とお餅は持ち帰りました。

Rimg02291Rimg0232

天気予報通りに夕方から雨が降ったり止んだりでしたが、夜中には星空が見えたりもしてました。しかし夜になっても外の気温は下がらず、室内は薪ストーブで常夏状態に・・・薪ストーブの火が落ちてからが丁度よい温度になった感じでした・・・。

朝起きて、デッキの薪ストーブを付けて、その上でホットサンドを焼いて食べました。

Rimg02341Rimg0235

北軽井沢SGの場内地図↓です。コテージ・キャビン・テントと色々楽しめます。やっぱり次はテントで泊まりたいですね。

 Rimg02371

今回の小浅間山は1時間半弱で歩けた楽々ハイキングでしたが、登山道の変化や景観を楽しめたので良かったです。そしてスウィートグラスは、また『まるまる丸鶏』を食べに行きたいので、テントサイトの利用で行けたらいいなと思っています。

《行程》

:17登山開始-9:03小浅間山山頂-9:35登山終了

《GPSデータ》

【移動距離】 3.681km

【所要時間】 1時間18分

【累積標高差】 +390m -366m

20161222_2

《ルート》

20161222_3

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

|

2017年1月12日 (木)

大平山(山中湖畔からピストン)

*登山日*   2016年12月18日(日) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 大平山 

*登山口* 山中湖・長池親水公園駐車場(山梨県南都留郡)

山中湖へ『紅富士』撮影に行き、近くの山もハイキングしようと思い、“大平山”を歩いていきました。まずは、夜明け前の山中湖へ向かいました。長池親水公園駐車場へ到着した5時過ぎにはきれいな星空が見えていました。

Imgp5786

6時46分頃、富士山は少しピンク色になりましたが・・・もっと真っ赤に染まった富士山をいつか見たいのもです。

  Imgp0165

7:05山中湖に太陽の光が射してきました。

  Imgp0206

撮影を終了して、朝食を食べにデニーズへ移動、食事後に同じ駐車場に戻り、ここから登山スタートです。しばらくは湖畔の道路を歩き、湖北『34』の案内板を入っていきます。

   Rimg0132

さらに舗装路を7~8分歩くと、“大平山ハイキングコース入口と書かれた看板が出てくるので、ここを左の登山道へ進みます。

  Rimg0133

このあと、私有地があったりして、登山道が分かりずらく少し迷いましたが、踏み後をたどっていったら、↓このような標識が木に付いているのを見つけて、ホッとしました。

Rimg01491Rimg0148

幅の広い作業道にぶつかり、この道を右手に登っていきます。この辺りから青空が見えてきて気持ちよく歩けました。稜線に出ると、石割山・平尾山方面からの登山道と合流して、最後に↓この階段を登りきり山頂に出ます。

   Dscn1826

9:54大平山山頂に到着。山中湖と富士山の眺めが素晴らしかったです。

Rimg0142_2

富士山の右奥には、南アルプスの白い山並みも見る事ができました。

  Rimg01471

お腹も空いていないで、景色を楽しんだら下山しました。霜が解けてぐちゃぐちゃの登山道を、滑らないように慎重に降りました。

 Dscn1830

11:05スタート地点の長池親水公園に戻りました。この駐車場の道路の反対側には公衆トイレがあり、富士山撮影の時と、登山の前後と利用できたので、とても助かりました。

  Dscn1832_2

今回の大平山は、短時間で登れるコースでしたが、石割山から歩いたり、花の都公園からも歩けるようなので、いつか違うコースも歩いてみたいです。節約しようと帰りは下道で帰宅しました。(登山や富士山撮影に沢山行きたいので・・・)

《行程》

8:37登山開始-9:54~10:00大平山山頂-11:05登山終了

《GPSデータ》

【移動距離】 6.089km

【所要時間】 2時間28分

【累積標高差】 +557m -545m

20161218

《ルート》

20161218_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

|

2017年1月10日 (火)

紅葉の丸山

*登山日*   2016年11月20日(日) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 丸山 

*登山口* 道の駅果樹公園あしがくぼ(埼玉県秩父郡横瀬町)

少し前の登山記録ですが、奥武蔵の丸山へ行き紅葉の山歩きを楽しんできました。我が家からは行きやすい秩父・横瀬町の山なので、いつも『今度の山どこに行く?丸山に行く?』と候補に挙がるので、何度も行っているイメージでしたが、6年前の4月に歩いただけで、今回は2回目の登山です。

『道の駅あしがくぼ』の第2駐車場に停めて(長時間駐車する登山者はこちらへとなっています)身支度を整えて登山開始です。第2駐車場を出た所↓目指す丸山方面。

  Rimg0065

R299を渡り、果樹公園村の看板を入っていきます。

      Rimg0066

最初は、ヘアピンカーブの舗装路を登っていきます。

  Rimg0070

あちこち紅葉していて綺麗でした。

Dscn1807Rimg0067

視界が開けてくると、後ろに『武甲山』がドーンと見えてきます。

Rimg0074

この道標↓を過ぎてしばらくすると、土の登山道に入っていきます。

Rimg0076_2Rimg0081

急だったり、なだらかな道だったりと変化ながら、丸山を目指します。

  Rimg0090

山頂手前では、直進の登山道と、県民の森方面の左に分かれます。トイレを拝借したかったので、県民の森へ寄るために左手へ進みました。(県民の森は、12月~2月までは冬季閉鎖だそうです)

       Rimg0083

県民の森でトイレを済ませて山頂へ向かう途中、何人かのゼッケンを着けた人とすれ違いました。その後、スタッフがいるチェックポイントがあったので、トレランの大会だと分かりました。そのチェックポイントの傍に綺麗なトイレがあり、6年前には無かったので今回県民の森のトイレを利用しましたが、今後はこちらも利用できると分かり良かったです。

Dscn1816

10:49山頂の展望台に到着、素晴らしい景色が広がっています。展望台でおやつを食べて一休みしました。

Rimg0098Rimg0097

山頂の展望台は、たくさんの登山者が次から次へと登ってきます。休憩を終えた我々は場所を開けるためにも、下山開始しました。

   Rimg0105

落ち葉でフワフワの登山道を一気に下りました。登山道がそろそろ終わるな~という所で、動物除けの柵があります↓通過したらまた閉めておきます。

    Rimg0113

無事に道の駅まで戻りました。  

       Rimg0123

観光客で道の駅は大賑わい、こちらの農産物直売所で、登山前に目をつけていた白菜はほぼ売り切れ・・・でもシイタケとキウイを買って帰りました。特にキウイは大量に入って激安でした、熟れるのに時間がかかりましたが、とても美味しくいただきました。

《行程》

8:22登山開始-10:49~11:00丸山山頂-12:47登山終了

《GPSデータ》

【移動距離】 10.400km

【所要時間】 4時間25分

【累積標高差】 +1,220m -1,202m

20161120

《ルート》

20161120_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »