« 仙丈ケ岳・仙丈小屋泊~南アの女王に会いに~1日目 | トップページ | 秋の榛名山(掃部ヶ岳登山&榛名富士観光) »

2016年10月30日 (日)

仙丈ケ岳・仙丈小屋泊~南アの女王に会いに~2日目

*登山日*   2016年10月9日(日)~10日(月) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 仙丈ケ岳 

*登山口*  北沢峠(山梨県南アルプス市・長野県伊那市)

仙丈ケ岳・仙丈小屋泊~南アの女王に会いに~1日目よりつづき。

夜中にトイレに行くために外に出ると、満天の星空で天の川も見えたので、日の出は見れそうだな~と期待して寝床に戻りました。夕食の時に小屋主さんから、御来光を山頂で見てから朝食を食べて良いとお話があったので、4時半には起きようと思っていましたが、周りは4時頃にはゴソゴソと起きだしたので、目覚ましいらずでした。

4:40に小屋を出ると、まだ暗くて寒い・・・ヘッデンを付けて手袋、冬用の帽子と完全防備で歩き始めました。山頂まで歩く事約30分、5:11に到着しました。

   山頂Img_04051_2

日の出時刻は5時50頃なので、朝焼けを眺めながら待ちます。富士山と北岳↓も良く見えています。

     Img_0413

山頂は、小屋から登ってきた人で一杯になってきました。雲があったので、日の出時刻から数分過ぎてから、鳳凰三山の後ろの雲海から、ご来光が出ました。

Img_04271

日の出と逆方向は、小屋前からは見えなかった、中央アルプスと奥に御嶽山↓が見えました。

Img_04361

お腹がグーグーと鳴ってきたので、小屋へ戻ります。

   Img_04371

6:20小屋に着いて、すぐに朝食をいただきました。お腹が空きすぎていたので、あっという間に食べてしまいましたが、とても美味しかったです。

  朝食Img_04381

この日も小屋の前からは、甲斐駒、八ヶ岳が良く見えていて嬉しいです。昼夜の寒暖差のある秋冬に出来るという、“うろこ雲”が出ていました。

Dscn1732

7:09仙丈小屋出発。2日間お世話になった仙丈小屋、大きな小屋ではないけれど、小屋の方たちは皆、感じが良く、また訪れたい小屋の一つになりました。2日目は小仙丈ケ岳方面へ、少し登った所から振り返ると、小屋がもう小さくなっていて、『また来るぞ』と思うのでした。

Img_04461_2

小屋から15分位で稜線に出ます。

Dscn1743

稜線からは、富士山・北岳・間ノ岳の『ワン・ツー・スリー』↓がずっと見えていて、贅沢な稜線歩きでした。

Img_04531

稜線の先に、人だらけのピークが見えてきたので、そこが小仙丈ケ岳だとわかります。8:08小仙丈ケ岳山頂に到着。小仙丈ケ岳からは、北沢峠のテン場が見えました。いつかあそこでテント泊もしてみたいな~と思っていましたが、沢山のテントが密集しているようで、人気があるのが分かりました。

 小仙丈山頂Img_0456

昨日は五合目で、馬の背ヒュッテ方面に行ってしまったので、通らなかった六合目です。この先は、樹林帯に入っていくので、眺めの良いのはここら辺までです。

 六合目Img_04651

連休最終日ですが、天候が回復したので、登ってくる登山者が多いです。日帰りの方も多いのでしょうが、大滝頭でお話をした方は小屋泊りでした。

      Dscn17471

もう見えないだろうと思っていた『甲斐駒』が、木々の間から顔を出しました。やっぱりカッコイイなぁ~と眺めてしまう山ですね。

Img_04681

10:46北沢峠に戻ってきました。

Img_0472Img_0473

広河原行きのバスは本数が少ないので、次のバスは13:30です。長野側の仙流荘へのバスは臨時便が出ています。『いいな~広河原には出ないのかな~』とバス停とチケット売り場の前で立ち尽くすも、時刻表には何も書いてないし、チケット売り場は閉まっているし・・・仕方ないので、お腹も空いているし、『こもれび山荘』で食事をして、時間までのんびり過ごすことにしました。

Img_04752Img_04741_2

注文した角煮丼と名物『スープカレー』、どちらもとても美味しかったです。

Img_0477Img_0476

食べ終わっても時間はまだまだあるな~と寛いでいると、なんと広河原行きの臨時便が出ると言って、急いで出ていった方がいたので、我々も走ってバス停へ、何とか間に合い11:40頃に出発した臨時便に乗れました。広河原でも乗合タクシーにすぐ乗り継げたので、13:10に芦安駐車場に到着しました。

予定より早く高速に乗れそうなので、渋滞を避けれるかと考え、お風呂は我慢して、車を走らせました。しかし、甲府昭和IC手前の掲示板には、渋滞20キロの文字が・・・3連休の最終日なのでやっぱり凄かった・・・奥多摩経由の下道に変更して、途中にある『大菩薩の湯』に寄って、2日分の汗を流してから帰宅しました。

私にとって初めての南アルプスは、最高の山行になりました。夫は北岳に登っているので、2度目の南アルプスですが、今回の仙丈ケ岳はやはり満足した山行になったようです。帰ってからは、南アルプスも機会があればもっとチャレンジしようと、来年、再来年に向けて夜な夜な下調べをする2人です。

《山バッジ》 仙丈小屋にて購入

Dscn1748_2

《行程》

10/9(日) 

1:00自宅-3:38芦安駐車場-仮眠-5:15乗合タクシー乗車-6:20広河原-6:50バス乗車-7:15北沢峠-7:45登山開始-9:50大滝頭-10:00~11:15馬の背ヒュッテ(休憩)-12:22仙丈小屋-17:00夕食-18:40就寝

10/10(月)

4:20起床-4:40仙丈小屋出発-5:11仙丈ケ岳山頂-5:52御来光-6:20朝食-7:09仙丈小屋出発-8:08小仙丈ケ岳山頂-10:46登山終了-11:40バス-12:15広河原-13:10芦安駐車場

《GPSデータ》

【移動距離】 10.584km(1日目:4.768km)(2日目:5.816km)

【所要時間】 10時間23分(休憩含)(1日目:5時間7分)(2日目:5時間16分)

【累積標高差】 +1,572m -1,567m

2016100910

【ルート】

2016100910_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村  

|

« 仙丈ケ岳・仙丈小屋泊~南アの女王に会いに~1日目 | トップページ | 秋の榛名山(掃部ヶ岳登山&榛名富士観光) »

トレッキング(小屋泊)」カテゴリの記事

山域別(南アルプス・南アルプス周辺)」カテゴリの記事