« 秋の北八ヶ岳(丸山・高見石・白駒池)2016年 | トップページ | 仙丈ケ岳・仙丈小屋泊~南アの女王に会いに~2日目 »

2016年10月24日 (月)

仙丈ケ岳・仙丈小屋泊~南アの女王に会いに~1日目

*登山日*   2016年10月9日(日)~10日(月) 

*メンバー*  夫・妻 計2名

*登山場所* 仙丈ケ岳 

*登山口*  北沢峠(山梨県南アルプス市・長野県伊那市)

体育の日の連休は、またもや天気予報が悪そうで、予定していた苗場山の小屋泊りは中止しました。諦めきれずにどこか行けないかな~と天気予報とにらめっこをしていると、長野・山梨方面の後半は回復しそう・・・南アルプスは9日雨で午後から晴れ、10日も晴れの予報になりました。10/8の土曜日は2人とも仕事なので、お昼休みにダメ元で『仙丈小屋』に電話してみると、混雑しいるけど予約は取れると・・・やったーと予約を入れました。今年のお盆に中止した山だけに、行けることになって喜びました。

深夜1時に自宅を出発し、3:38芦安駐車場の第2駐車場に到着、一番バス停に近い駐車場に停めることができました。この時点で、空には星が出ており、本当に雨降るのかな~と、仮眠していると、4時頃からポツポツ降ってきました。約一時間ほどの仮眠で起きて、身支度をします。レインウェアを着込み、予定していた5:30のバスに乗るために、5:15頃バス乗り場の近くに向かうと、『あと2人どうぞー』と乗合タクシーの方に声をかけてもらい、そのままタクシーに乗りました。

約1時間で広河原に到着、北沢峠行きのバスの時間まで、きれいな建物の“インフォメーションセンター”で、トイレに行ったり、おにぎりを食べたりして過ごしました。北沢峠行のバスは予定どうり6:50に出発しました。

 北沢峠Dscn1670

7:15北沢峠到着。雨足が強いので、バスの待合所で20分位過ごしましたが、雨が弱まる様子も無いので、諦めて7:45に出発しました。まぁ最初から雨が降っていると、さほど苦も無く歩けるように感じます。

        Dscn16721

水たまりやドロドロの箇所もあり、黙々と歩いていると、徐々に雨足は弱まり、4合目を過ぎる頃には雨は上がりました。コースタイムとほぼ同じ約2時間で、五合目の大滝頭に7:50到着しました。

  大滝頭Dscn16821

大滝頭からは真っすぐ行くと“小仙丈ケ岳”へ行きます。トイレにも行きたいし、天気悪いから展望は効かないだろうと、馬の背ヒュッテへ寄ることにし、右手に進みました。雨が多かったせいでしょうか、水量の多い沢を数回渡りました。

       Dscn16891

馬の背ヒュッテに着いたかと思ったら、“藪沢小屋”でした。こちらの小屋は無人で、トイレは携帯トイレ専用だったので使えませんでした。

  藪沢小屋Dscn1691

Dscn16921Dscn1690

11:00馬の背ヒュッテに到着。トイレに行きたかった私はすぐに小屋へ、こちらは利用料200円を支払って、トイレの鍵を受け取るシステムでした。小屋脇のベンチでランチパックをを食べて小休止していると、小仙丈ケ岳方面の尾根↓と青空が見えてきました。予報より早く回復しているようで嬉しい限りです。

   Dscn1697

11:15馬の背ヒュッテを出発。少し登ると分岐が現れ、右手に進むと馬の背、左手の仙丈ケ岳方面へ向かいます。稜線に出ると風が強くなってきましたが、目の前には、仙丈ケ岳の山頂と仙丈小屋が見えており、テンション上がります。

Img_03461

雨でレインウェアの下まで濡れてしまい、体が冷えて思うように体が動きません。今回も夫から遅れること10分、仙丈小屋に到着しました(夫は12:22到着)。ヘトヘトだし、早く着替えたかったので、山頂へは明日行くことにして、早速小屋の受付をしました。

  仙丈小屋Img_0349

小屋への電話予約の時、『2つの布団に3人位の混み具合です』と聞いており覚悟していましたが、思ったよりもスペースがあり、しかも早く着いたので、端の2人用の場所を使うことができラッキーでした。更衣室もあり、着替えるのに助かりました。

     Img_03531

2階が小屋の玄関と食堂になっていて、3階が大部屋の寝床、自炊室やトイレは、一旦外に出て1階に降りるとあります。水場は、小屋から下って1分の場所にあり、夫にこの“南アルプス天然水”を汲んできてもらいました。自炊室でお湯を沸かし、カップ麺を作って食べて、紅茶を入れて飲んでいたら、徐々に体が温まってきました。

時間はたっぷりあるので、部屋に戻りお昼寝をして、そして2階の食堂兼談話室で地図を見て過ごしたり、外に出て景色を眺めたりして、贅沢な山小屋の時間を過ごしました。

Img_03711

小屋の前からは、↑甲斐駒ケ岳、奥に八ヶ岳、↓遠くには北アルプス(槍穂高)と左端は乗鞍岳も見えており、素晴らしい景色でした。

Img_03651

17時~が夕食の時間ですが、少し早く始まりました。南アルプス天然水で炊いているからでしょうか、ごはんが美味しく、おかずもたっぷりでペロリと完食しました。

  夕食Img_0373

夕食後に外に出てみると、空がピンクに染まっていました。小屋からは夕日は見えませんが、雲の色がどんどん変わっていくので、見ていて飽きません。

Img_03961

仙丈ケ岳山頂方面には、月が見えて、雲が風に流されていき色々な形を見せてくれました。

Img_04011

翌日の山頂からの御来光を楽しみに、19:30の消灯時間を待たずに、寝てしまいました。

仙丈ケ岳・仙丈小屋泊~南アの女王に会いに~2日目へつづく。

《行程》

10/9(日) 

1:00自宅-3:38芦安駐車場-仮眠-5:15乗合タクシー乗車-6:20広河原-6:50バス乗車-7:15北沢峠-7:45登山開始-9:50大滝頭-11:00~11:15馬の背ヒュッテ(休憩)-12:22仙丈小屋-17:00夕食-18:40就寝

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村  

|

« 秋の北八ヶ岳(丸山・高見石・白駒池)2016年 | トップページ | 仙丈ケ岳・仙丈小屋泊~南アの女王に会いに~2日目 »

トレッキング(小屋泊)」カテゴリの記事

山域別(南アルプス・南アルプス周辺)」カテゴリの記事