« 笠取山~テント泊~ | トップページ | 新緑の三頭山(2015年) »

2015年5月31日 (日)

大峰山(八経ヶ岳・弥山)~世界遺産を歩く~

*登山日* 2015年5月6日(水)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 大峰山(八経ヶ岳・弥山)

GW前半戦の笠取山テント泊の後、5/6~5/7の2連休が、我が家のGW後半戦となりました。行き先は昨年の『大台ケ原』に続いて、“近畿地方への遠征登山!”と題し奈良県の『大峰山』に行ってきました。

例によって登山前日の5/5、主人の仕事帰りを待ち18:30に自宅を出発して、夜通し車を走らせるという弾丸登山です。名古屋の手前で渋滞にあったので、近くのSAで2時間半程仮眠をして、奈良県まで約550kの道のりを走り、登山口がある行者還(ぎょうじゃがえり)トンネルの駐車場に6時半に到着しました。駐車料金は1日1,000円、ちょっと高い気もしますが、係りの方が案内してくれて、トイレもあるので・・・まぁ良しという感じです。すでに駐車場は満車に近く、残り数台の所を無事に停めることができました。(よく見ると、一段下にも駐車場があり、まだ空いてるようでした)

Rimg0001Rimg0002

ここ大峰山は、世界遺産の『大峯奥駈道』(おおみねおくがけみち)を歩くことができるので楽しみにしてきました。自宅で書いてきた登山届けを出して、7:00いざ出発です。しばらくなだらかな道を進むと、こんな↓橋を渡ります。

     Rimg0008

その後、九十九折の急登になり、良い天気も手伝って、暑さで汗だくになりながら登って行きました。

     Rimg0010

登山口から標高差約400mを登りきると、稜線に出て“大峯奥駈道出合”に到着します。ここから世界遺産を歩く事になります。この世界遺産は2004年に登録された『紀伊山地の霊場と参詣道』の中の一つで、熊野と吉野を結ぶ修験の道です。

        Rimg00171

しばらく気持ちの良い尾根道になります。眺めの良い場所からは、目指す弥山小屋が見えました。

Rimg0029

コバイケイソウの葉が元気よく顔を出していました。

Rimg0031Rimg00321

9:18、聖宝ノ宿跡(理源大師像)↓に到着。 

     Rimg0068_3

聖宝ノ宿跡からは、急登になり木の階段も何度か出てきます。

        Rimg0035

階段を登りきり、10:25弥山小屋に到着。

Rimg0041Rimg0042

小屋の横にはきれいなトイレが有り、利用させてもらいました。その後小休止してから八経ヶ岳へ向かいます。途中、目指す八経ヶ岳↓が良く見えました。

Rimg0046

縞枯れ現象が見られ、昨年の大台ケ原と雰囲気が似ているように感じました。

Rimg0047

11:08八経ヶ岳山頂に到着。日本百名山であり、近畿最高峰である頂からの眺めは最高でした。

        山頂Rimg00501

Rimg0057

山頂はあまり広くないので、写真撮影のみで弥山小屋まで戻りました。弥山小屋からすぐの弥山には、『疲れたから行かなくてもいいかな~』と私が言うと、主人は『ここまで来てなぜ行かない?』と・・・確かにそうです、すごく近いし行っといて良かったです。

  弥山山頂Rimg0060

弥山小屋に戻り、脇のベンチで昼食にしました。

    Rimg0063

下山は黙々と歩き続けて、15時少し前に登山口に到着、沢山停まっていた車もまばらになっていました。そして朝チェックしていた、駐車場で売っている“山バッジ”を買おうとしたら、係員さんがいない・・・『え~バッジ欲しい~』と途方に暮れていると、近くの車に乗っていた係員さんが出てきてくれて(帰る所だったのかな?)売ってもらえました。あ~良かった、と胸をなでおろしました。実は、以前登山する前に“山バッジ”を買い、登頂出来なかった事があり、それ以来ジンクスのように、『山頂を踏んでから山バッジは買うことにする!』と決めていた私ですが、遠征の時の山は、見つけた時に購入した方がいいのかも・・・と思い直しました。

         Rimg00771

また、↑この行者還トンネルをくぐり、名古屋方面へ車を走らせます。弾丸登山らしく、日帰りで帰ろうかとも思いましたが、安全運転の為にも途中の名古屋に泊まることにして、数日前にビジネスホテルを予約しました。ここから名古屋までがけっこう遠かった。

疲れていたので、夕食のお店を探す気力も無く、ホテル近くの『世界の山ちゃん』に入りました。(東京にもあるけど入った事が無かった)名古屋めしならなんでも良いと思って期待していなかったのですが、手羽先も土手煮もすごく美味しくて、大満足の夕食になりました。

Rimg00841Rimg0085Rimg01191_2Rimg01201_2

お目当ての『ご当地スタバマグカップ』名古屋バージョンも購入できました、なかなか派手で良い感じです。

翌日5/7は、名古屋城に寄って観光してから、埼玉まで帰りました。今年のGW登山(前半の笠取山・後半の大峰山)はどちらも天気に恵まれ、良い山行になりました。

《山バッジ》

Rimg01161Rimg01171Rimg01181

《行程》

5/5 18:30自宅-23:00~1:30浜名湖SA(仮眠)-6:28行者還トンネル駐車場

5/6  7:00 登山開始

    8:20 奥駈道出合

    8:49 弁天の森

    9:18 理源大使像

   10:25 弥山小屋

   11:08 八経ヶ岳山頂

   11:49 弥山山頂

   11:52~12:10 弥山小屋前(休憩)

   12:59 理源大使像

   13:50 奥駈道出合

   14:54 登山終了    

15:10行者還トンネル駐車場-19:20名古屋(宿泊先)

《GPSデータ》

【移動距離】 10.494km 

【所要時間】 7時間53分(休憩含)

【累積標高差】 +1,646m -1,708m

201505061

【ルート】

201505061_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 笠取山~テント泊~ | トップページ | 新緑の三頭山(2015年) »

トレッキング(日帰り)」カテゴリの記事

山域別(近畿)   」カテゴリの記事