« 長瀞アルプス~宝登山“ロウバイを見に”(2015年) | トップページ | 残雪の入笠山~踏み抜き地獄で撤退~ »

2015年2月15日 (日)

黒斑山~雪山ハイク・2015年2月~

*登山日* 2015年2月11日(水)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 黒斑山

今年初の雪山ハイクを楽しもうと、行き先を色々検討し、一昨年夏山で歩いていた“黒斑山”へと出かけてきました。心配だったのは、高峰高原までのチェリーパークラインの積雪と凍結具合です。スタッドレスのFF車ですが、雪道は不慣れなので、登れるか不安でした。調べると佐久平や小諸駅から、JRバスで行けると分かったので、近くの駐車場も確認して、バスに間に合うように自宅を出発しました。

佐久北ICで降りてコンビニで行動食を買っていると、太陽が出ているし、ラジオからは寒波が緩み3月上旬の気候になるような事を言ってたので、なんとか行けそうかな・・・と思い、バスはやめて車でチェリーパークラインへ行ってみました。バスが通る道なので、きちんと除雪されていました。もちろん高峰高原に近づくと、圧雪された雪道になりましたが、スリップする事なく無事に到着しました。(降雪後や凍結の具合では、状況は変わると思います)

高峰高原ビジターセンターの横にある無料の駐車場は、休みの日は満車になる事もあるようですが、8割程の駐車状態で停める事ができました。ビジターセンターは冬季閉鎖中で、高峰高原ホテルのトイレをお借りしました。(トイレの前に自然保護の募金箱有り)

Img_51661Img_51651

標高1,973mの車坂峠で、アイゼンを付けて、登山届けを提出して↑、9:17登山スタートです。

 表コースへDscn10151

行きは、“表コース”へ、アップダウンのあるコースなので、スノーシューでは特に下りが怖いかなと思って、主人は12本アイゼン、私は10本爪にしましたが正解でした。歩いている人も多く、トレースはばっちりですし、スノーシューの人たちは大変そうでした。ただ、すれ違いで登山道をよけると、ズボッと膝上まで落ちちゃいますが・・・

Img_5183Img_5186

朝の高速からは、もっと雲が多かったのですが、だんだんと青空が出てきて、歩いていて気持ち良かったです。開けた場所で振り返ると絶景です↓(左に高峰山、真ん中に篭ノ登山、右に水ノ塔山)

Img_51751

樹林帯を抜けると、風が強くかなり寒く、2人とも足先の冷えを感じながらの登りでした。

Img_5179

以前来ているので、『そろそろ避難小屋があるはずなんだけどなぁ』と言いながら歩いていると、やっとこんもりと雪が積もった避難小屋が現れました。記憶が曖昧なのか・・・歩くペースが遅いのか・・・どうも両方だったようです。

  避難小屋Img_5189_2

そして避難小屋を過ぎると、『トーミの頭』↓まで続く右側が切れ落ちた登山道になります。よっぽどの事が無い限り、滑り落ちてしまう事はないでしょうが、高度感のある場所は苦手なので、ゆっくり慎重に進みました。

         Img_51933_2

右側は、佐久・小諸方面の市街地が広がっています、ちょっと霞んでますが、まずまずの展望です。

Img_5195

トーミの頭から黒斑山までは、どこからでも↓この『浅間山』の姿が望めます。夏とは一味も二味も違う表情の浅間山、素晴らしいです。この“しましま”を見たかったので大満足です。    

Img_5200

トーミの頭から歩くこと、約20分で黒斑山に到着しました。

 11:39黒斑山Img_51991

雪に埋もれて掘り出されている黒斑山の標識↑、雪の量の多さを感じます。山頂の裏手にもう一つ、小さい標識が可愛らしくぶら下がっていました。そして近くに温度計も、マイナス10度を指していました。狭い山頂には休憩をしている人が10数名、我々もサーモスのお茶とコンビニ調達の惣菜パンで、小休止しました。

Img_5203Img_52021_2

ここから蛇骨岳へ向かう人もいましたが、我々は無理せず今回はパスして、11:53下山開始しました。トーミの頭まで戻る途中、トーミの頭には、人が数人いるのが↓良く分かります。端に座っている人たちを見ると、こっちが怖くなるようでした。

浅間山とトーミの頭Dscn1026_2

登りよりも下りの方が高度感は増すのもで、下山も慎重に。

Dscn1027

鞍部が表コースと中コースの分岐です。↓帰りは中コースに進みました。

  中コースへImg_5208

中コースは樹林帯の中を歩くので、風も無く快調で、行きに冷たかった足先も、帰りは大丈夫でした。

Img_52061Img_52051

尻セードで下山した人の話を聞いていたので、持参したソリを使ってみましたが、スピードが出すぎると木を傷つけそうで怖いので、1,2本でやめました。そして↓分岐を車坂峠へ。

Img_5211Img_5212

13:25に駐車場へ到着。高峰高原ホテルの“こまくさの湯”が展望抜群の良いお湯なのは以前利用してわかっているのですが、今回のお風呂は、行ったことの無い温泉へ、という事で小諸市にある『あぐりの湯・こもろ』に寄ってみました。想像していたよりも大きな建物で、料金もリーズナブル(500円)、高台にあるので展望も良く、浅間山や黒斑山から湯ノ丸山まで見渡せて、特に露天風呂は気持ち良かったです。

Img_5214Img_5215

祝日ですが連休では無いからか、高速道路は渋滞も無く帰宅できました。

《行程》

5:20自宅-7:20~7:35横川SA(朝食)-8:57高峰高原ビジターセンター駐車場

9:17  登山開始

10:59 避難小屋

11:20 トーミの頭

11:39~11:53 黒斑山山頂

12:13 トーミの頭

13:25 登山終了

13:35高峰高原ビジターセンター駐車場-14:17~15:35あぐりの湯・こもろ(入浴・食事)-18:30自宅

《GPSデータ》

【移動距離】 5.367km 

【所要時間】 4時間05分(休憩含)

【累積標高差】 +644m -643m

201502111

【ルート】

201502111_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 長瀞アルプス~宝登山“ロウバイを見に”(2015年) | トップページ | 残雪の入笠山~踏み抜き地獄で撤退~ »

スノーシュー・雪山」カテゴリの記事

山域別(上州・北関東)」カテゴリの記事