« 国師ヶ岳・北奥千丈岳 | トップページ | 一切経山・吾妻小富士~魔女の瞳に会いに~ »

2014年9月21日 (日)

秋を感じた『焼岳』

*登山日* 2014年9月14日(日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 焼岳

3連休に良いお天気になったので、どこの山も混雑したようですが、日帰りで登れる北アルプスの焼岳も、とても賑わっていました。(世の中は3連休ですが、主人の休みは日曜日だけなので・・・日帰り登山です)今回は、何度か晴れに振られ続けて、やっと行けた“焼岳”です。

だいぶ涼しくなってきたので、高速のPAで車中泊をしてから、早朝に登山口の駐車場に向かいました。新中の湯ルートの駐車場は10台位しか停められず、満車になると路肩駐車になってしまうと、事前のリサーチで知っていました。5時過ぎに到着した時点でも路肩駐車の列ができていましたが、運よく1台分空いていたので、駐車場に停める事ができました。

少し仮眠してから、6:15に登山口からスタートしました。

Img_5402Img_5407

最初は樹林帯の平坦な道ですが、徐々に木の根の張り出した急登になっていきます。そして、ブログ等でよく見る↓朽ちた車は、思ったより早くにありました。

     Img_5465

樹林帯の中、高度を上げて行くと、徐々に青空が見えてきます。チラチラと山頂と噴煙が見え隠れしてきて、早く見たくてたまらず・・・歩くペースが上がってしまいます。

Img_5413

そして、あちらこちらに秋の気配が・・・

Img_5456_2Img_5417

私の遅遅ペースで、地図上のコースタイムより遅れること20分、下堀沢出合の手前にある、山頂が見渡せる場所にやっと出ました。この青空と焼岳の姿を目にして、すでに大・大・大満足です。ここは休憩にもってこいの広々とした平坦地なので、ザックを降ろして休憩し、空腹を満たしました。

Img_5419_2

またしばらく樹林帯を登ります。木の梯子もありますが、高度感も無く問題ありません。

Dscn07281Dscn07311

森林限界に近づき眺望が良くなると、背後に↓霞沢岳がどっしりとした山容を見せてくれました。

Dscn0730

木の向こうには、前穂と奥穂の釣り尾根が見えてます。

Dscn0725

ペンキマークに従い、ジグザグに岩の登山道を登って行くと、2300と書かれた大きな岩があります。そして噴煙をあげる北峰が奥に見えてきて、ゴール地点を見ながら『あと少し、あと少し』と言い聞かせて、重たい体を動かします。

2300m地点Img_5432_2

北峰と南峰のコルに到着すると、火口湖の正賀池が見えました。左側は鋭く天を指す南峰ですが、立入禁止です。北峰のある右手からは、噴煙があちこちから出ています。

Img_5436Img_5439

    南峰Dscn0734

辺りは硫黄の匂いが漂っています。右手の北峰山頂へは、北峰の基部を右に巻いて登ります。

      巻き道Img_5442

北峰の基部に到着すると、上高地方面からの合流地点になり、ここで上高地~穂高~槍の姿が一望できます。残念なことに奥穂高岳には雲がかかってしまいました。

Img_5443

さらに岩を一登りして、9:34山頂に到着。登山者が多く混雑していたので、順番を待ってから写真を撮りました。

  焼岳山頂(北峰)Img_5444_2

まあまあ広い山頂も、休憩する場所を探すほどの登山者の数でした。奥穂の雲が取れないかな~と思いながら、腰を下ろして休憩してましたが、最後まで駄目でした。(登りの途中で木の影から奥穂を見ておいて良かった)そうは言っても槍ヶ岳は見えていたし、以前テント泊した西穂山荘も見えてるし、やっぱり自分の登った山を見るのっていいなって改めて感じました。

     槍ヶ岳Dscn07371

30分以上休憩したので、我々にしてはゆっくりと山頂で過ごしました。10:08下山開始しましたが、山頂直下の岩の部分は、すれ違いが出来ないので、上りと下りの登山者が多かったこの日は大渋滞に・・・10分位待ってやっと通過できました。

朝より雲は増えましたが、まだまだ良い天気で、笹原の中を気持ちよく下りて行きました。紅葉が進むと笹の緑の中にナナカマドが赤く色づいて、綺麗だそうです。

Dscn0750Img_54601Img_54101

12:41駐車場まで戻ってきました。

 駐車場Dscn07511

登山口の少し下にある“中の湯温泉旅館”へ、お目当ては日帰り入浴と山バッジ購入です。とても良いお湯でさっぱりしました、もちろん山バッジも購入できました。

Img_5470Img_5467

登山後の空腹を満たす為に“道の駅・風穴の里”へ、『山賊焼き定食』美味しかったです。こちらにも山バッジが売っていて、違ったデザインの物をゲットできました。

Img_5471Img_5474

帰路は小仏の渋滞を避ける為に、関越周りを選択しましたが、まあこちらもやっぱり渋滞・・・それでも21時前には埼玉に帰ってこれました。

上高地に行く度に、いつか焼岳に登ってみたいと思っていたので、今回実現できて良かったです。焼岳小屋や名物ハシゴを通る“上高地ルート”も、いつか歩いてみたいです。

《山バッジ》

Dscn0757Dscn0756

《行程》

19:04自宅-19:42入間IC-22:02~22:26諏訪湖SA(夕食)-22:38~3:31みどり湖PA(仮眠)-3:47松本IC-5:02~5:35駐車場(仮眠)

6:15 新中の湯登山口(登山開始)

7:55~8:03 山頂展望平坦地(休憩)

9:34~10:08 焼岳山頂

11:26 山頂展望平坦地

12:41 登山口(登山終了)

12:59~13:44 中の湯温泉(入浴)-14:20~15:00道の駅・風穴の里(食事)-20:30自宅

《GPSデータ》

【移動距離】 7.067km

【所要時間】 6時間21分(休憩含)

【累積標高差】 1,044m

201409141

【ルート】

201409141_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 国師ヶ岳・北奥千丈岳 | トップページ | 一切経山・吾妻小富士~魔女の瞳に会いに~ »

トレッキング(日帰り)」カテゴリの記事

山域別(北アルプス・北アルプス周辺)」カテゴリの記事