« 雪の石割山 | トップページ | CHUMS期間限定アウトレット »

2014年2月26日 (水)

雪の高尾山

*登山日* 2014年2月20日(木)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 高尾山

2週続けての大雪で、高尾山にもかなりの雪が積もったのは知っていました。16日の日曜日、良い天気なので行きたいなぁ~と思いましたが、自宅前の除雪に追われ、車も出せない状態なので、食料の買出しでスーパーへ空のザックを背負って歩いて行ったりと、とても登山どころではありませんでした。

数日経った2月20日(木)家の周りの雪はだいぶ溶けてきましたが、高尾山はまだ雪があるようなので、電車で高尾山へ行ってきました。京王線高尾山口駅に8:44に到着、駅周辺は除雪されていました。平日でも人が多いのが“高尾山”ですが、やはり登山者は少なめでした。

Img_4013R0010010

ケーブルカーは巻上機等の交換工事中で運休でした。稲荷山コースで登ります、登山口から雪があるので、ここから軽アイゼン(6本爪)を装着して歩き始めました。

 登山口R0010011

        R0010015

木漏れ日の射すなか登っていくと、登山口からすぐの祠にも雪が積もってます。この先の日当たりの良い急な所では、土が出ている場所が何箇所かありました。

R0010014R0010016

稲荷山山頂の東屋にはロープが掛けられていて、立入禁止でした。屋根の一部がたわんでいて、倒壊の危険があるそうです。

     R0010020

R0010025R0010027

東屋から先は、土が見える所は無く、山頂まで雪の中を歩きました。山頂に着くと、あまりの雪の多さに驚きました、除雪されていないので、でこぼこの中歩くのが大変でした。

 高尾山山頂R0010037

Img_4022R0010039

売店は閉まっていて、ビジターセンターもシャッターが下りてましたが、改築工事中で5号路に仮設ビジターセンターがあるそうです。いつも座っている山頂のベンチは雪の中で・・・屋根がある場所のベンチは座れたので、そこで休憩にしました。汗をかいていたので、じっとしていると寒くて寒くてたまらずに、早々に下り始めました。帰りは5号路経由で6号路へ下りました。

    5号路R0010042

6号路は沢沿いの登山道ですが、沢が雪で埋もれています。トレースは一人分で付いてますので、すれ違いでよけると、踏み抜いてしまい注意が必要でした。雪の多さは琵琶滝でさらに感じられます。普段は登山道からはフェンスで滝は見えないのですが、積雪でフェンスの上に体を出して歩くので、滝つぼまで見える状態でした。

 琵琶滝Img_4024

雪の無い時よりも、歩行時間がかかったようでしたが、無事に登山口まで戻りました。“高橋家”さんで山菜そばを食べてから、電車で帰宅しました。

R0010051R0010054

大雪で雪の高尾山を楽しめましたが、倒木も多かったですし、この先暖かくなると雪崩など心配です。いつも冬に楽しんでいる低山も、雪解けのドロドロが続くかもしれないので、下調べをしてから登山計画を立てて行きたいです。

《行程》

6:10自宅-8:44高尾山口駅-9:06稲荷山コース登山口-9:57東屋-10:55~11:09高尾山山頂-12:34登山口-12:49~13:08高橋家(そば食事)-13:15~14:05京王線特急(高尾山口~新宿)-15:30自宅

《GPSデータ》

【移動距離】 7.459km

【所要時間】 3時38分(休憩含)

201402201

【ルート】

201402201_2

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 雪の石割山 | トップページ | CHUMS期間限定アウトレット »

トレッキング(日帰り)」カテゴリの記事

山域別(奥多摩・高尾)」カテゴリの記事