« 黒斑山 | トップページ | 立山・別山(雷鳥沢テント泊)1日目 »

2013年8月17日 (土)

浅間山(前掛山)

*登山日* 2013年7月28日(日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 浅間山(前掛山)

7/18の黒斑山に続いて、登りたいという気持ちが高まっているうちにと・・・7/28浅間山(前掛山)に登ってきました。登山口は、天狗温泉・浅間山荘(標高1,410m)、前掛山山頂(標高2,524m)まで、久しぶりの標高差1,000m超えです。早朝から歩けるようにと、気合を入れて小諸のビジネスホテルに前泊し、5:23には登山をスタートしました。

Dsc_0883Dsc_0884

登山口からすぐに橋を数回渡りますが、見下ろすと赤褐色の川が流れています。以前、主人が泊まった天狗温泉・浅間山荘のお湯と同じ色だそうで、鉄鉱泉・日本№1に選ばれたという日本一真っ赤な温泉です。(帰りに入るのが楽しみです)

       Dsc_0889

歩いて30分ちょっとで一ノ鳥居を過ぎ、右手のコースを行くと二ノ鳥居の手前に『不動滝』があります。
    不動滝Dsc_0900

     ハクサンフウロ↓           ニッコウキスゲ↓ 

Dsc_0906Dsc_0905Dsc_0910Dsc_0913

花を楽しみながら高度をあげていくと、左にトーミの頭、右に牙山(ぎっぱやま)が見えて来ます。さらに視界が開けてくると、地下にシェルターを備えたログハウスの立派な建物“火山館”に到着します。こちらはトイレもあり、外のベンチで休憩しました。

   火山館Dsc_0915

火山館から前掛山登山口までは、やや平坦な道です。特に湯ノ平口の分岐付近は草原で、先日黒斑山から見た、ジオラマのような景色の中を歩く事ができました。

Dsc_0924

Jバンド方面との分岐が、前掛山登山口で、ここからはすぐに視界が開けて目的地を見ながらザレた登山道の急登になります。振り返る度に、外輪山の眺めが素晴らしく何度も足を止めてしまいます。↓左からトーミの頭、黒斑山、蛇骨岳、仙人岳です。

Img_3578Img_3579

登りきると、立入禁止の告示板があり、ここから右に進むと前掛山山頂です。(現在の火山レベルは1で、自己責任において前掛山までは登山可能です)

立入禁止区域Dsc_0933

Dsc_0936Dsc_0939

歩き始めて約4時間20分、最後のほうは私がバテ気味・・・で時間かかりましたが、9:44前掛山山頂に到着しました。

  山頂にタッチDsc_0941

山頂は狭く登山者も沢山いたので、少し戻った所にあるシェルターの脇で休憩しました。天狗温泉を心待ちにしながら、早々に下山開始しましたが、日曜日とあって登山道は登ってくる人が多く、すれ違いに時間が掛かりました。そして、行きに気付かなかった高山植物を見ながら歩きました。

         ナデシコ↓            ミネウスユキソウ↓ 

Dsc_0950Dsc_0958
Dsc_0894Dsc_0960

        ヤマオダマキ↑            シモツケソウ↑
帰りも火山館でトイレ休憩をして(道中にトイレがあるのは助かります)、ここから先は疲労も溜まってきてペースがさらに落ちましたが、なんとか13:07登山口に到着しました。  

Img_3586_3Dsc_0962Dsc_0971 Dsc_0969Dsc_0982

駐車場は、朝よりもさらに一杯になってました。車にザックを置いて、浅間山荘さんの日帰り入浴を利用させてもらいました。真っ赤なお湯で温まり、疲れた体に染み渡りました。 こちらの山荘で山バッジと手ぬぐいを購入しました。

《山バッジ》

 Dsc_0985

《行程》

5:23浅間山荘前-6:01一ノ鳥居-6:32二ノ鳥居-7:32火山館-9:44前掛山山頂-13:07浅間山荘前

《GPSデータ》

【移動距離】 14.231km

【所要時間】 7時50分(休憩含)

201307281

【ルート】

201307281_2


ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 黒斑山 | トップページ | 立山・別山(雷鳥沢テント泊)1日目 »

トレッキング(日帰り)」カテゴリの記事

山域別(上州・北関東)」カテゴリの記事