« 行田・古代蓮 | トップページ | 越前岳(愛鷹山) »

2013年7月15日 (月)

6月の入笠山~すずらん~

*登山日* 2013年6月30日(日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 入笠山(長野県・富士見町)

6月30日の前日に行く山を検討していましたが、どこも天気が微妙な感じです。入笠湿原のすずらんが有名な入笠山、冬はスノーシューで何度か登っていますが、いつかは6月に訪れたいと思っていました。山頂からの景色よりも、足元のすずらんを見れればと思い「入笠山」へ行先を決定しました。短い行程の予定なので、いつもよりも遅めの朝6時過ぎに自宅を出発し、談合坂SAで朝食を摂りましたが、あまりの混雑に驚きました。富士山が世界遺産になったからか、山開きの前日ですが、河口湖方面に向かう車が多いようでした。(帰りの渋滞が心配になります・・・)

9:05に沢入登山口の駐車場に着くと、どんより厚い雲で小雨も降ってます。しばらく車で様子を見ましたが、小降りになったので9:25登山を開始しました。

   駐車場Img_3543

幸い歩き始めてすぐに雨は止みました。とても歩きやすい登山道を登っていき、約1時間で鹿止めのゲートが見えてくると、入笠湿原に到着します。

Dsc_0793_3Dsc_0798_2Dsc_0796_2Dsc_0801_2Dsc_0805Dsc_0806Img_3519Img_3524

湿原に着くと↑少し青空も見えましたが、これがこの日のMAXでした。湿原はいろんな花が咲いていて、やはり来て良かったと思える景色でした。群生しているはずの“すずらん”が、なかなか見つけられなかったのですが、御所平入口にいた係のおじさんに聞いてみると、『もう茶色くなり始めているけど、草をかき分ければまだまだ咲いてるよ』と・・・・しゃがみこんで探してみると、可愛らしいすずらんが咲いていました。

 
   クリンソウDsc_0810_2

    すずらんDsc_0828


    ウマノアシガタDsc_0821_2

       アヤメDsc_0830_3

御所平から入笠山山頂までは、30分程で行けますが、やはり厚い雲に覆われている感じです。山頂は360度の大パノラマを楽しめる場所、何も見えないのでは悲しい・・・ということで、あっさり山頂はスルーしてマナスル山荘へ、“きな粉餅”をまたも注文、何度食べても美味しく感動します。

Dsc_0833_2Dsc_0836_2

入笠湿原に戻り、湿原を半周歩いてから、来た道を沢入登山口まで戻りました。

Dsc_0841_2Img_3538_2Dsc_0840

12:33沢入登山口駐車場

Img_3542_2Img_3541

短い登山でしたがたっぷり汗をかいたので、早速お風呂に向かいたい所・・・しかし朝の状態を考えて中央道の渋滞を避けようと、日帰り温泉は自宅の近くで入る事にして車を走らせました。恒例の小仏トンネル手前の渋滞は6キロ位ですみました、この後渋滞は20キロ以上になったようでした。会員になっている青梅の河辺温泉・梅の湯に寄り、主人はお気に入りの『生ビール・おつまみセット』↓で至福の時間を味わったようでした。

Dsc_0847Dsc_0848

帰りの談合坂SAで見かけた、スタバの『ステンレスネットワーカーマグ富士山』は富士山近隣エリア限定の商品だそうです。1個2,800円となかなかのお値段で悩みましたが、やっぱり山好きとしては欲しくなり購入しました。

        Dsc_0850

《山バッジ》

Dsc_0851_2Dsc_0853

《行程》

6:10自宅-9:05沢入登山口駐車場-9:25登山開始-10:24入笠湿原-10:44御所平お花畑-11:03~11:23マナスル山荘(休憩)-11:48入笠湿原-12:33沢入登山口駐車場-15:46~16:32河辺温泉梅の湯

《GPSデータ》

【ルート】

 201306301


ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 行田・古代蓮 | トップページ | 越前岳(愛鷹山) »

トレッキング(日帰り)」カテゴリの記事

山域別(南アルプス・南アルプス周辺)」カテゴリの記事