« 伊吹山(2日目) | トップページ | GW・甲武信ヶ岳(1日目) »

2013年5月20日 (月)

関八州見晴台・高山不動尊

*登山日* 2013年4月29日(月・祝日)

*メンバー* 夫・妻 計2名

*登山場所* 関八州見晴台・高山不動 

GW前半の最終日、良い天気なので近場へトレッキングに行ってきました。行き先は、関八州見晴台と高山不動尊へ、黒山温泉から歩いたことがありますが、今回は西吾野駅から吾野駅までの駅から駅へと歩くコースです。車は東飯能駅近くの『タイムズ』に停めて、帰りの入浴にスムーズに行けるようにしました。

東飯能駅8:30発の電車に乗り込みました、車内はザックを持った人が沢山いました。

8:54西吾野駅Dsc_0579

駅前から車道を下り、西吾野橋で北川を渡ったら北川沿いの車道を上流に向かいます。高山不動尊への道標が立つ、間野集落登山口から歩行者用の鉄橋を渡って、民家の間を直進すると、左への登山道へと入っていけます。
 

Dsc_0588_2Dsc_0590Dsc_0605Dsc_0582 Dsc_0583Dsc_0587Dsc_0592Dsc_0602

春爛漫で花を楽しみながら、しばらく登山道を登っていくと、萩の平茶屋跡に出ます。ここはスルーして、もう一登りして林道に出た所に、景色の良い場所がありここで小休止しました。

Dsc_0608Dsc_0609
Dsc_0610_2Dsc_0618Dsc_0612

関八州見晴台の手前にある、小高い『丸山』を通り、更に登るとまた車道に出て、立派な石碑の『関八州見晴台入口』が現れます。

   丸山Dsc_0622

Dsc_0624Dsc_0629Dsc_0627Dsc_0630

11:04関八州見晴台に到着、とても眺めが良く、その名のとおりまさに見晴台です。大勢の人が、お弁当を食べたり休憩をしています。我々は高山不動尊まで降りてから、休憩にしました。
 

Dsc_0645Dsc_0646Dsc_0642_2Dsc_0643_2Img_3382_2Img_3380Dsc_0650Dsc_0654

高山不動尊から八徳集落登山口方面へ向かう予定でしたが、高山不動尊の境内の階段を下りてから民家をぬけて林道に出た為に、分岐の先へ進んでしまったようで、戻るのもどうかと思い、そのまま林道を降りました。長い長い舗装路の林道歩きは疲れました、約1時間歩いて、やっと石地蔵の立つ三叉路に出ました。予定のルートに戻り、吾野駅へ向かいます。

    石地蔵Dsc_0666

なおも舗装路を歩き、国道299号の手前で右に分岐するトンネル道を行き、高麗川を渡って吾野宿を通り駅まで行きます。高麗川には大きく羽ばたく鳥がいました。

Dsc_0667Dsc_0671

            Dsc_0669

Dsc_0670Dsc_0672Dsc_0674_2Dsc_0675

吾野駅に着くと、1時間に2本しかない電車に、丁度良く乗れてラッキーでした。東飯能駅で降りて、朝停めた車に戻り、最近の行きつけの入間“湯乃市”で、入浴してから帰宅しました。今回は、抜群の展望を楽しめましたが、林道や車道が交錯していて迷い易い所だと感じました。紅葉の時期にでも今回歩けなかったルートを、歩いてみたいです。

《行程》

8:30東飯能駅-8:54西吾野駅-9:25登山道入口-10:38鳥居茶屋-11:04関八州見晴台-11:35~11:51高山不動尊(昼食)-13:03石地蔵分岐-13:37西吾野駅-13:56東飯能駅

《GPSデータ》

【移動距離】 7.664km

【所要時間】 4時51分(休憩含)

201304291

【ルート】

201304291_2


ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 伊吹山(2日目) | トップページ | GW・甲武信ヶ岳(1日目) »

トレッキング(日帰り)」カテゴリの記事

山域別(奥武蔵)」カテゴリの記事