« 高尾山(女子登山) | トップページ | 八ヶ岳(編笠山・権現岳・青年小屋)・1日目 »

2012年10月25日 (木)

至仏山(女子登山)

*登山日* 2012年10月8日(日)

*メンバー* 妻・職場の山仲間(Nさん)・職場の山仲間(Kさん) 計3名

*登山場所* 至仏山

3連休の中日に、職場の山仲間3人で至仏山に行ってきました。1週間前から気にして見ていた天気予報では晴れの予報で『良し良し』と思ってましたが、登山当日が近づくとだんだん怪しくなってきました。今回は車を出してくれたNさんの運転で、関越自動車道を北上しますが、途中から雨が降ってきました。鳩待峠へはマイカー規制の為、尾瀬戸倉の駐車場に停めて、乗合バスかタクシーを利用します。料金は定額の片道900円で、人数が揃い次第順次出発するようになっていました。

 雨の駐車場Img_2889

鳩待峠はこんな天気でも凄い人です、団体さんもいて大変賑やかです。気温は下界とは違いかなり寒く感じました、雨は止みつつありますので好転を期待し、山の鼻へ出発しました。

6:53鳩待峠

Img_2890_2Img_2893_3

鳩待峠から山の鼻までは、団体さんが前にいた事もあり登山者が1列になり、時々停滞する感じで進みました。8時少し前に山の鼻に到着して、公衆トイレを利用します。そして山の鼻のテン場はテントでびっしりでした、先月の西穂の雨のテント撤収を思い出してしまう・・・こちらのテン場はフラットに見えて快適そうですが、雨だとドロドロになってしまうようで、やはりテント泊はお天気で左右されるな~と実感。

Img_2895_4Img_2894_2

  山の鼻テン場Img_2896_4

山の鼻から『尾瀬植物研究見本園』に入って、至仏山方面に進みます。空模様は残念な状態ですが、見ごろを迎えた草紅葉や、植物に付いた雨粒が綺麗でした。

Img_2898_3Img_2899_9Img_2900_7Img_2904_6

見本園を抜けて、いよいよ至仏山への登山道・急登の始まりです。雨は止んだのですが、明け方までの雨で、急な階段状の登山道は『滝か?川か?』と思う位に水がジャージャーに流れてました。滑りそうで、水溜りに浸かってしまいそうで、全身に力をいれての登りに悪戦苦闘でした。登山口であんなに寒かったのに、皆汗だくです。ある程度登りきると視界が開けて、振り返ると草紅葉の尾瀬ヶ原が見渡せて、諦めていた展望が広がり嬉しかったです。

Img_2915_2

山の鼻から至仏山までの標高差828mの、中間地点にやっと到着しました。まだ半分もあるのか~とへこみますが、頑張って登ります。

10:04中間地点Img_2907

滑りやすい蛇紋岩に鎖場と緊張する場所もありますが、斜度はきつくないので、ゆっくり登れば大丈夫です。何箇所かある鎖場が終わると、歩幅の合わなかったり、斜めになっていて歩きづらい木の階段が延々と続きます。

Img_2910_4Img_2916_2

一旦汗をかいて脱いだ上着ですが、山頂が近くなると風が冷たく感じるようになり、3人共また上着をはおりました。そして山の鼻から約3時間40分、やっと至仏山山頂に到着しました。

 12:01至仏山山頂Img_2920_3

決して広くない山頂で沢山の登山者が休んでいます、何とか場所を探し、お湯を沸かしてミニカップメンとおにぎりで昼食にしました。寒くて疲れきった体に、温かいものは最高に有り難く感じます。

       昼食Img_2921_4

昼食後、周りの登山者から歓声があがり見回すと、青空が顔を出し、眼下にはスタート・ゴール地点の鳩待峠が見えました。

Img_2923_3Img_2922

混みあう山頂を出発して小至仏山を目指しますが、ここも蛇紋岩の連続で滑りに気を付けて進みます。ぞくぞくと登ってくる登山者とのすれ違いが大変でしたし、皆ウエアは泥だらけでこの先も悪路なんだな~と感じながら歩きました。小至仏山までは登山道も見渡せて、稜線歩きを楽しめました。

 至仏山から小至仏山Img_2928_2

 小至仏山山頂Img_2929_3

小至仏山は山頂表示をタッチして、休憩無しでそのまま下山しました。ここからもまだ蛇紋岩は容赦なく続き、手を使い3点支持で降りていきます。気が付くと、登山靴と手袋は真っ黒になってました。

 オヤマ沢Img_2934_3

オヤマ沢田代の湿原を過ぎてから立派な道標があり、ここからは綺麗な木の階段を降りたり、登山道になったりの繰り返しです。鳩待峠まであと30分位の所で、小雨がやや本降りになってきたので、ザックカバーとレインウェアの上着を出しました。だんだんと鳩待峠の賑やかさを感じるようになると、長かった樹林帯の下りが終わりになります。

下山後は、帰り道の沼田IC方面へ車で約1時間、“道の駅白沢 望郷の湯”へ行きました。やはり3連休で、駐車場もお風呂もレストランも全て混んでいましたが、ピークから少しずれていたようで、さほど待たずに利用できました。湯上り後にこちらのレストランで3人共“ネギトロ丼セット”を注文し、大変美味しく残さずいただきました。

    ネギトロ丼Img_29351

望郷の湯を出る頃には19時をまわっており、主人に連絡して渋滞情報を聞いてみると、20~30キロ渋滞しているようだと・・・まあ、ある程度の渋滞は覚悟していたので、今日中に帰宅できれば良いかと思い、関越自動車道に乗り込みました。渋滞は徐々に解消していったようで、少しは渋滞になりましたが、22時過ぎには自宅に着きました。

昨年、同じ時期に主人と登った至仏山とは違い、蛇紋岩の滑り以外に、濡れた木道、濡れた登山道との戦いで厳しい登山でしたが、終わって見れば貴重な経験になったようで、楽しかったな~と思ってしまいます。

《行程》

2:30自宅-6:00尾瀬戸倉駐車場-6:38鳩待峠-6:53鳩待峠出発-8:00~8:10山の鼻(トイレ休憩)-12:01~12:35至仏山山頂-13:33小至仏山山頂-14:16オヤマ沢田代-15:38鳩待峠-17:15~19:00道の駅白沢“望郷の湯”-10:15自宅

《GPSデータ》

【移動距離】 11.216km

【所要時間】 8時間49分(休憩含)

201210071

【ルート】

3201210071

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村   

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 高尾山(女子登山) | トップページ | 八ヶ岳(編笠山・権現岳・青年小屋)・1日目 »

トレッキング(日帰り)」カテゴリの記事

山域別(上州・北関東)」カテゴリの記事