« 筑波山(カタクリの花まつり) | トップページ | 子の権現 »

2012年4月20日 (金)

陣馬山~高尾山《奥高尾縦走》(堂所山・景信山・小仏城山)

2012年4月8日(日)、桜が満開になりすっかり春めいてきて、登山意欲が湧きまくっている我々夫婦は、先週の筑波山に続く春山登山に、陣馬山~高尾山の奥高尾縦走登山に行って来ました。このコースは、2009年に〝八王子八峰登山大会〟の一般コースに出て踏破しており、歩行距離18.5キロと、軟弱な私には歩き応えのあるコース。しかし、夏に向けてどんどんトレーニングを兼ねた山行をしたいとの主人の希望もあり、いざ陣馬山へ。

4:48自宅を出発、圏央道で高尾山へ向かいます。いつも高尾山に行くときは、あきる野ICで降りてましたが、今年の3月25日開通の高尾山IC、今回初めて利用しました。これがすごく便利でした、思ったよりも早く高尾山口の駐車場に到着しました。

5:48駐車場着。ゴール地点の高尾山口に車を置き、京王線で1駅戻り、高尾山駅北口から陣馬高原下行きのバスに乗ります。

6:09高尾駅着。

Dsc00101Dsc00100

  『樹の里 高尾山へ』 Dsc00099

高尾駅北口発、陣馬高原下行きのバスの始発7:00までには、かなり余裕があり、駅前のファミマへ。バス停に行くとすでに2名並んでました、その後ろに並びますが、寒くてブルブル・・・コンビニで買った暖かいお茶とコーヒーが体に染み渡りました。7時に近づくと登山者の長い列ができてました。バスに乗り込み(スイカ・パスモ使用)急行との事で、揺られること約20分陣馬高原下に到着しました。

   陣馬高原下バス停とトイレP4080023

7:33 登山スタート。

Dsc00102Dsc00105 Dsc00103Dsc00106

3年前の、八王子八峰登山大会を思い出しつつ、『ここに垂れ幕がしてあったよね~』などと話しながら、しばらくは舗装路を進みます。

7:56ハイキングコース入り口。

Dsc00108_2Dsc00107_3Dsc00109_2Dsc00111_2   

陣馬山山頂まで急登です。ぐんぐんと高度を上げていき(私はややシャリバテ気味・・・)

9:16陣馬山山頂着(標高855m)

山頂には茶屋が2軒あり、お腹ぺこぺこの私は、富士見茶屋でうどんを注文(主人は空腹ではないらしい)そして山バッジもここで購入しました。以前買ったデザインとかぶらないようにと、家にあるバッジを思い出そうとするも、うーんハッキリ思い出せず購入(結果は持っていない物が買えました)

Dsc00113Dsc00114 Dsc00117Dsc00120

山頂は広々していてベンチも多く、休憩するにはもってこいの場所です。ちょっと下った所にトイレも有ります。まだ10時前ですが、山頂には2~30人はいるでしょうか、とてもにぎやかです。青空で丹沢方面が良く見えますが、残念、富士山は霞んでいて見えませんでした。

9:34 陣馬山発。

10:14 明王峠着。

  Dsc00123 明王峠

八王子八峰登山の時は巻き道を行ってスルーしていた堂所山に向かいました。

10:51 堂所山山頂着(標高733m)

    堂所山山頂Dsc00127

Dsc00129Dsc00125

堂所山からの眺め↑小休止するのに気持ちの良い場所でした。

     Dsc00131

     まるで1本の小枝で支えているような倒木↑

ここら辺から小仏城山あたりまでは巻き道が多く、誘惑に負けてしまいそうになります。また、この陣馬山から高尾山までの縦走コースは、なだらかで走り易いのか、トレイルランニングの人の多さにびっくりしました。

Dsc00130道標

所々に道標があり、歩くペースを考えながら歩けます。距離が乗っている道標は助かります。

11:51 景信山山頂着(標高727m)

  景信山山頂Dsc00132 

景信山はさらに登山者で大賑わいです。座るベンチを探すのも苦労する感じでした。行動食で大休止、といっても先が長いので休んだのは14分程です。

12:34 小仏峠

Dsc00135Dsc00133

私はやっぱり巻き道の誘惑に負けて、主人だけ小仏城山の山頂へ。

12:58 小仏城山山頂着(標高670.3m)

Dsc00142Dsc00143

歩行距離も10キロを越えると、だんだん疲れがでてくる頃ですが、 頑張って歩きます。

13:15 一丁平着

13:48~13:57 もみじ台で休憩(バナナを食します、山バナナは最高)

14:05 高尾山山頂着(標高599m)

       一丁平Dsc00144

Dsc00147Dsc00148

    高尾山山頂Dsc00153

高尾山山頂は、想像していましたが相当の人の数・・・100人以上いるのではないかという感じです。さらに人だかりがあり、何かと思ったら〝日テレZIP!〟のZIPPEIがいました。ベンチの下で休憩中・・・触れなかったけど、かわいかったです。

      ZIPPEIDsc00152

人の多さに歩くのが大変でしたが、薬王院を通り抜け、ケーブルカー乗り場近くまで来たので、名物のお団子をいただきました。

Dsc00158Dsc00162Dsc00159Dsc00164

        Dsc00167

1号路で下山しようと言う主人に、『今日は充分歩いたから』と理由を付けて、リフト下山にしてもらいました。リフトはこの時期まだ寒く感じました。

14:52~15:03 リフト乗車

Dsc00169Dsc00170

15:11 駐車場着

帰りのお風呂を『高尾の湯 ふろっぴい』に行こうか迷いましたが、渋滞を避けるべく、圏央道、高尾山ICに直行しました。青梅の河辺駅近くの〝梅の湯〟を目的地にして青梅ICで降りました。ビルの中のお風呂でしたが、きれいで良かったです。

Dsc00174Dsc00173

《山バッジ》

Dsc00175

《GPSデータ》

201204082

【移動距離】 16.363km

【累積標高差】 (+)1232m (-)1013m

【ルート】

201204

ランキングに参加しています。

クリックお願いします。

    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村   

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 筑波山(カタクリの花まつり) | トップページ | 子の権現 »

トレッキング(日帰り)」カテゴリの記事

山域別(奥多摩・高尾)」カテゴリの記事